行政が収集しないもの

行政の粗大ゴミ収集ではすべての物を引取りはやっていません。
一般家庭の日常で使う生活必需品もその中に含まれています。

行政が収集しない家電品

家電リサイクル品

テレビ冷蔵庫洗濯機

エアコン

特定品目の家電品は”家電リサイクル品”として取り扱われ、行政での引き取りを行っていません。
家電リサイクル品
家電量販店で買い替え時には、家電リサイクル費用と運搬費を納めて引き取りをすることになります。
家電リサイクル費用はメーカーによって異なります。
一律でいくらということでもありません。

テレビ・冷蔵庫・エアコン・洗濯機は現在は行政では行っておりません

 品目 リサイクル料金  運搬費【目安】
 テレビ  2500円  2000円~5000円
 冷蔵庫  4600円  3000円~5000円
 エアコン  1500円  3000円~5000円
 洗濯機  2400円  2000円~5000円

家電品回収は弊社でも行っています。
詳しい料金についてはこちらです。
 家電引取り料金表

パソコン回収

平成15年10月から 「メーカーによる家庭系パソコンの回収 リサイクル」が始ま
りました。これにより平成15年11月から、パソコンは市では収集しなくなりました。
リサイクル費用はメーカーによって異なりますが、一般的にはデスクトップタイプ 
(本体・モニター)
7000円ほどの費用がかかります。
ラップトップタイプ(ノート型)4000円ほどの費用がかかります。

オートバイ・スクーター

平成16年10月からメーカーによるオートバイのリサイクルが始まりました。
これにより市では「50CC以下のオートバイ」の収集もしなくなりました。
バイクパーツやタイヤなども収集出来ません

弊社による原付バイク回収はこちら

危険物・処理困難物

1.重量がきわめて重いもの(100キロ以上)
2.長さがきわめて長いもの(2m以上)
3.処理作業に危害(爆発 火災など)を及ぼすもの
4.有害物質

金庫やピアノといった物が家財品の中にあり、処分に困るものになってくるかと思います。
金庫は処分費も高く、あまり安く処分は難しい状況です。
しかしリユース可能な場合(古いタイプは処分はNG)は安価に引取りも可能であったりします。

そしてピアノは古い機種でも無料で引取り出来る場合があるので、処分費の節約になる可能性もあります。
ピアノ処分無料でする方法

危険物として取り扱いされる物
有害物質や爆発の恐れのあるものとしては、ボンベなどがあります。
ボンベなどは、それをもらい受けたところに返すようにしましょう。

塗料・溶剤
ペンキやシンナーといった物です。
ペースト状のものは引取りが出来ないので、固形状になっていれば引き取りは出来ます。すぐには固まらないので、凝固剤を使ったり、塗料を他の布地などに染み込ませて可燃ごみとして処分するのも方法の一つです。
医療廃棄物
在宅医療で使った注射針なども捨てることは出来ません。感染症の発生の原因になるかもしれないからです。
医療廃棄物を引取り出来る収集業者に依頼をするようにしましょう

処理が困難なもの
廃油
車のエンジンオイルやミッションオイルは捨てれません。カーショップや凝固剤などを使うようにしましょう。
食用の天ぷら油なども同じく、液体状では捨てれません。

自動車関連のタイヤやパーツなど。
石・レンガ・瓦・便器・石膏ボードなど・石綿(アスベスト)・断熱など。
これら以外にも行政では普通ゴミ・粗大ゴミとして処理できない物はまだあります。
その都度確認が必要です。

事業系

事業に伴って排出されるものは行政では回収を行っておりません。
行政による普通ごみや粗大ごみは一般の住民のための行政サービスですので、会社から出るゴミの収集は業者依頼となります。


以上の内容のものが行政ではゴミ処分として行っていないものです。
ご参考ください

片付けで困った時には不用品回収にご相談ください。

わかりやすい明確な料金システム

ご相談のご連絡お待ちしてます