本文へスキップ

空き家の片付けと処分費用|コーモド

空き家の問題解決

top>片付け豆知識>空き家問題解決

空き家問題でお困りですか?

横浜・川崎を中心に東京や神奈川で空き家の家財道具引取りを行います。

空き家問題

増える空き家

空き家の抱える課題

現在ご家族やご親族の家を空き家の状態で放置されている方が近年増えています。この空き家じょうたいというのは放置しておいても良いものでしょうか?
しかしこれを片付けするといっても一軒分の家財道具の処分となるとご家族だけでするには時間も大変かかります。
大量の家財品があることで処分が進まないのも課題の一つです。

空き家の近隣

空き家で資産価値下落

空き家の家があることで近隣の住宅の方は火災が起きたら?不審者が寝泊りしないか?管理不足と老朽化で倒壊?と心配事も増えてきます。そしてこういった家が増えることでその地域の地価の下落にも繋がっていきます。
早急にこの問題について取り組む必要はあります。

都心の空き家の場合には道路に面していないような物件。売りに出しても買い手が見つからず放置状態になっている場合もあります。こういう物件の場合には建て直しは難しいのでリフォームをして賃貸で貸し出す方も増えつつあります。そのためにはまず中の残地物の撤去から始める必要があります。

増え続ける東京・神奈川の空き家

昔の家族構成と異なり家族の単位が段々と小さくなりつつあります。昔は5人兄弟6人兄弟なんてのは結構いましたが、今は2人〜1人兄弟というのが多いのではないでしょうか。
このように人口は減りつつあります。そして多くの人口の時に建てられた家が、後継ぎがいなくなってしまうのが空き家問題の根本とも言えます。
関東圏でも東京や神奈川といった地域も空き家となり残されているところが多いです

家を処分できない理由

空き家問題に対して何とか問題を解決しようと行政も動き出しました。税率を変えるなどの対策です。
空き家のまま放置しておくと今までよりも多くの税金を支払わなければいけなくなります。
しかしなぜ空き家問題が解消されないのでしょうか?
そこには空き家を処分できないという理由がありそうです。
現在の建築基準法では間口(道路に接続する道路)が2m無ければいけません。しかし東京の下町のようなところですと、間口が2m無いところがあります。リフォームは可能ですが、再建築が出来ないような空き家も多くあります。
リフォームは可能といっても元々が空き家なわけですから、リフォームしてもアパートなど賃貸物件で貸すことが目的となるでしょう。
そうなるとそのリフォーム資金の工面がネックになります。
仮に再建築が可能な物件であっても、建物の解体費用が捻出できない場合には困ります。
解体費用はおおよそ坪単価が2万5千円〜3万5千円と言われています。3階建てで狭小住宅の場合には近隣への養生や高所作業になりますから、さらにコストアップも考えられます。
買主が見つかって売却となっても更地で売るのと、解体前提で建物付で売るのでは価格が異なります。
当然更地のほうが高いわけで、さらに家屋にまだ残地物が残っているようであれば、その不用品の撤去費用も加味されてマイナス査定となります。しかしこれも物件が売れればの話です。
後は後継ぎがいない空き家。これも増え続ける問題の一つです。血縁親戚が(兄弟も高齢で既に他界などで)全くおらず、その住宅などの遺産を受け継ぐ者がいないという事例です。子供がいない場合に、こういった事案は今後も起きうることです。
こういった理由から売れ残った空き家が東京や神奈川には多くありそうです。

処分が出来ない理由その2

相続で受け取った住宅の場合で、相続人が他にもいなければ話はスムーズなのですが、複数の相続人がいる場合は話し合いも進まないことが多いです。いわゆる”相続争い”ということです。
そういった場合には、(厳密にいえば)中の家財品も遺産相続協議書が出来てからでないと勝手に持ち出すことは出来ません。
これもトラブルの元になります。
こういったトラブルがある中で相続を進めようとするのに仲裁役として”弁護士に”依頼することになります。

ただ不動産の名義変更するだけであれば”司法書士”依頼すれば良いです。名義が変更できれは自由に売却も可能になります。
※ちなみに相続税についての相談は税理士です。

このようにまだ自分の持ち物になっていないということで、空き家の片付けが出来ないというケースもあるようです。

放置すると資産価値の低下

空き家の状態で家を放置し続けるとどんなことが起こるか知っていますか?
中古住宅として売買出来るような物件であっても、放置の期間が続くとまず水道管からやられてしまいます。
塩ビ管の個所は錆は心配ありませんが鉄管の場合は、水道管の中に錆が発生してしまいます。
一度錆が発生してしまうと、ずっと錆がついたままになります。
売買の時にそれが発覚すれば売主側によって修繕しなくてはいけません。
水道の管を交換というのは非常に高い工事になります。

その他でも、人が住まない家というのは特に傷みの進行が早くなってしまいます。
風の循環も無いわけですから換気もすることがありません。
定期的にメンテナンスをしていなければ思わぬところが傷み、いざ売ろうとした時には修繕費に費用がかさんでしまうものなのです。

空き家を資産に変える

再建築が難しいような住宅であれば、リフォームして活用をするというのも方法の一つです。
店舗としてや賃貸住宅として難しい場合にも、最近ではシェアハウスというものもあります。
外国人観光客が短期滞在するような物件です。ホテルのようなサービスはなく、寝泊りは出来るが格安な料金ということで、最近は人気も増えつつあります。
管理も専門としている会社がありますので、予約手配や清掃などをする必要はありません。
その物件を提供できれば条件は整います。
家が建てれないのであれば駐車場にするのも方法の一つです。間口が狭いならバイク専用で、高級バイクを入れるような、盗難防止のコンテナボックスを設置するのも良いでしょう。
コンテナ運営会社によるメンテナンスでこちらも手間はかかりません。


建物の管理を義務付ける法律

平成26年11月、「空家等対策の推進に関する特別措置法(通称:空き家対策特別措置法)」が成立しました。平成27年5月の施行を前に、国土交通省や総務省から空き家の適正管理や活用に関する指針が示される予定です。この法律では、所有者に空き家の適正管理を義務付けるもので、放置空き家の所有者に対して改善の命令や勧告を行います。それでも改善されない場合は50万円以下の罰金となる他、倒壊の危険がある場合は行政代執行も行う事ができます。


法律が変わる可能性

空き家の法律が変わる

近年空き家問題は度々取り上げられるようになってきました。古い建物で資産価値が無い状態であれば固定資産税も安く済むため持ち主は解体撤去を行わずにしていることが原因です。しかしこの固定資産税の法律が空き家問題をきっかけに変わる可能性が出てきています。そういった時期が訪れてから対応するのでは課税される税金を払うだけもったいない話であります。
なるべく早く対応が出来る準備をしておくことが必要となります。

 

準備が整った後の空き家片付け代行いたします

空き家片付けは全てスタッフが行います

残置物を全て撤去

生活されていたままの状態で残されてしまった家財道具も仕分けから搬出まで全て行います。

キッチンに残ったままの食器。
タンスに入ったままの衣類。
下駄箱に入ったままの靴。
本棚に入ったままの本。
全てをスタッフによる代行片付け整理いたします。


充実のトラックで大量な片付けにも対応

大量の荷物にも対応

複数台ご用意いたします

一軒家などの空き家処分の場合には大量な荷物になるため、小さなトラックで片付けというのでは対応仕切れません。
弊社では今までの経験によりそのお住まいの中の荷物の量に応じて必要なトラックと人員を手配して最短で作業が終わるような工程を導きだします。

ご依頼されるお客様

空き家片付けの問題に関してご依頼されるお客様は所有者様を始め、後見人の方や弁護士といった士業の方からもご相談を受けます。
どのようにその空き家問題を解決すべきかご一緒にご協力させていただきます。

家一軒分の家財道具の量と処分の費用

一軒の空き家の片付けということで、平屋か2階建て以上によってもその費用は変わってきます。
作業員の増員でコストが増えたり、作業日数にも違いがあるからです。平屋の2Kくらいの間取りでしたらおおよそ12万円〜15万円ほどでも片付けが出来ます。
しかし2階建ての100平米を超すお家の場合なら20万円以上の予算が必要です。
家財道具の量と処分の費用

処分の見積もり無料

見積もり
空き家に残された家財道具の見積もりには無料で伺います。お電話で概算でもお伝えも出来ますが、家財道具の量がお住いによって異なるため、正しくは現地でのお見積りをお勧めしております。
費用は無料で行いますので、お気軽にご相談ください。


         

買取で処分費をお安く

弊社では古物買取の出来る”古物商”と提携を行っています。空き家の中に眠った骨董品などの買取で片付けの費用を抑えることが出来るかもしれません。
骨董品以外にもオーディオやおもちゃなど幅広く対応いたしますので、是非ご相談ください。

      

不用品買取もいたします

家財道具買取

不用品買取でさらにお安く

家財道具の買取いたします。
  • ●電化製品
  • ●ブランド家具
  • ●パソコン
  • ●カメラ
  • ●美術品・骨董品
  • ●おもちゃ・フィギュア
その他も買取品多数

買取りには基準がありますが、まずはご相談ください。
不用品の買取を行うことで片付け費用がグッとお安くなります。
出張買取ですので、まとめて片付けと買取が同時に行えますから手間いらずで済みます。

買取品もスタッフによる搬出

買取り出来る物もスタッフが搬出いたします。冷蔵庫や洗濯機の取り外しの手間がかかりません。

買取りだけでも構いません

不用品の回収がなくて、買取だけをご希望される場合でも対応いたします。
買取りご希望されるもののアイテム(型式番号等)・購入時期をお伝えください。


空き家の片付け代行とその地域

東京都23区/世田谷区・目黒区・品川区・大田区・狛江市・港区 など
狛江市・多摩市・立川市・稲城市・調布市など
川崎市/川崎区・幸区・中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区
横浜市/港北区・都筑区・青葉区・神奈川区・鶴見区・西区・中区・緑区
鎌倉市・藤沢市・綾瀬市など
記載の無い地域もご相談ください。

空き家片付けフリーコール0120621671