川崎市で運べない粗大ごみはどう処分したら良いのか?

片付けをしていて困るのが、大きな「粗大ごみ」の処分だったりします。自分で運ぶには苦労するような粗大ごみはどのように処理をしたらよいのか?川崎市による補助についてなどをご紹介していきます。
椅子を持つ男性

川崎市の粗大ごみ

川崎市の粗大ごみのルールとしては、まず30センチ以上のものを「粗大ごみ」と呼び、申し込みをして収集してもらうこととなります。収集日は月に1回程度で、収集日の朝8時までに指定のごみ置き場に起きます。

注意しなければいけないのが、粗大ごみセンターに申し込みをした時に収集の手数料が分かりますから、郵便局もしくはコンビニなどで手数料分の「粗大ごみシール」を購入し、氏名などを記入します。収集に来る職員に見えるように貼って出すようにしましょう。

横浜市や東京都のシールではだめです。川崎市の粗大ごみシールを貼っていなければ収集してもらえません。

粗大ごみではないもの

30センチを超える家財道具すべてが粗大ごみとして処理できるものばかりではありません。

テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン・パソコンのようなものは粗大ごみの収集はありません。「家電リサイクル品」の扱いとなります。

家電リサイクル品

川崎市の「家電リサイクル協定店」による処理の方法

粗大ごみの運び出し

粗大ごみの運び出しは基本的には自分でしなければいけません。たとえ大きなベッドやタンスであってもです。

大型家具などはほとんどが、引っ越しの時や購入時に業者が運び入れたものが大半で、住まわれている人が自分たちでお部屋の中に入れていることはまず無いでしょう。

特に運び出しで困難なのが「婚礼家具」のような大型のタンスです。紫檀のような素材が使われているような高級品になると木の重みだけでもずっしりときます。恐らく不慣れな人であれば持ち上げることも困難かもしれません

ベッドマットも「一流メーカー」が作るものほど重いです。そしてダブルサイズやクイーンサイズとなると重量が更に増します。そして幅が広くなるためエレベーターに入らない場合は階段で下ろさなければいけないケースもあります。

一軒家の二階からの場合は通路幅が80センチ程度が多いので、家具の下ろしは簡単ではありません。

しかしそのような状況であっても各自で運び下ろして出すというのが行政の粗大ごみなんです。しかし一部例外がありますのでご紹介いたしますのでご紹介しておきます。

ふれあい収集

川崎市では高齢者を対象とした市民サービスとして「ふれあい収集」というものを行っています。対象となる方に代わって運び出しをお手伝いするサービスです

「ふれあい収集」とは

 現在,高齢化社会への移行と都市の住宅事情の変化や核家族化の進行に伴い、高齢者や障がい者で、ごみを集積所まで持ち出すことが困難な方々が増えてきています。

 川崎市では、ごみの収集は原則として「屋外の一定の場所(集積所)に持ち出された物」の収集を行っていますが、自らが一定の場所までごみを持ち出すことが出来ない方々を対象に、ごみを排出者宅前又は所定の場所まで直接収集しに行くサービスを実施しています。

 なお、片付けや引越し等により、一度に多量に排出される物や引越し等に伴う部屋の片付け作業については、対応できませんので、御了承ください。

対象者

 以下のいずれかに該当し、身近な人の協力が困難で、自ら一定の場所までごみを持ち出すことができない場合とします。

1 高齢者

(1)65歳以上の一人暮らしの方

(2)65歳以上の高齢者で、同居する家族がいる場合についても、同居者が、ごみを一定の場所まで持ち出すことができない方

2 障がい者

(1)一人暮らしの方

(2)障がい者に同居する家族がいる場合についても、同居者が、ごみを一定の場所まで持ち出すことができない方

参照 http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/24-1-23-1-4-0-0-0-0-0.html

ふれあい収集は高齢者を対象としているため、それ以外の方は利用をすることは出来ません。それでは大きな粗大ごみなどはどのように処理をすれば良いのでしょうか?いくつか方法を挙げてみます。

粗大ごみの運び出し方法

  1. 家族や友人や知人に頼んで運び出しをする
  2. 便利屋さんを利用する
  3. 不用品回収

分かりやすいところでいうことこんな感じです。1番の家族や友人や知人がすぐ近くに住んでいて、気軽に来てもらえるのであれば頼むに越したことが無いです。

2番と3番の便利屋さんと不用品回収はほぼ似たようなところがあります。少し違うところで言うと、便利屋さんはあまり大量の荷物を引き受けすることは得意としていない傾向にあります。車両も小さかったり、ワゴン車であったりしますから。

不用品回収業者に依頼をするメリット

ガッツポーズ男性

不用品回収業者は引き取り専門なので、箱型のトラックを使用していたりしますから、まとまった量の粗大ごみの引き取りに向いています。

民間のサービスなので、主にユーザーの方々が困られている運び出しを含めたサービスとなるのが特徴です。運び出し以外には、整理や仕分けなども行いますから「引き取り」だけを主とする粗大ごみ収集とはサービス自体が異なります。

解体を必要とする粗大ごみも引き取り

粗大ごみの中にはベッドやタンスなど組み立てになっているものがあります。それらを運び出すときに、今度は解体をして運び出さなければいけません。不用品業者であればそういった解体のサービスも行ってくれます。こういった柔軟なサービスも行政とは大きく異なる点です。

仕分け分別が分からないときは不用品回収

仕分け分別が難しくて出来ない。誰か手伝って欲しいという場合には不用品回収がお役に立ちます。お部屋の中での整理からお手伝いしますから手軽に片付けが出来ます。

弊社への回収のご相談はお気軽にお問合せ下さい

フリーコール  0120-621-671

タップしてコール

お問い合わせ

まとめ

川崎の粗大ごみ収集を依頼する場合は基本的には自分で運び出しもしなければいけません。しかし高齢者など一部の方には「ふれあい収集」という補助のサービスもありますが全ての人が対象ではありません。

それ以外の人では家族や友人・知人を頼るのもありますが、もしそれが無理なようであれば便利やさんや不用品回収業者に依頼をするのが得策でしょう。

大きなものや重たい物や大量な荷物もスタッフの人が運んでくれます。手間を掛けずに片付けが出来ます。

川崎市の不用品回収

わかりやすい明確な料金システム

選べる5種類の定額プラン

フリーコール