中区の不用品回収

ライフカンパニーとして暮らしの中での困りごとを解決いたします。 
片づけに関する不用品や粗大ごみ回収などお客様のご希望に合わせて回収いたします。

中区は人口約14.7万人ほどが住む街です。横浜市の中でも観光スポットなどが数多くあります。そして行政機関なども多く多くの人が足を運ぶ地域なのですが、意外と人口は他の行政区と比べると少な目なんです。
とはいえ不用品の引き取りは一般の住宅以外からではオフィスや店舗といったところからもご相談があるのです。

中区の不用品対応エリア

横浜市中区の引き取りは全地域で対応可能です。

さらにご依頼が入れば即日対応可能地域でございます。近隣で作業のトラックが急行いたします。※予約状況にもよります。

不用品引取り依頼のメリット

  • 引っ越し時の不用品回収
  • 大きな物や重たい粗大ごみの引き取り
  • 遺品整理などで大量の家財道具処分
  • 処理の方法が分からない廃品回収

業者に依頼するメリットはやはり時短。それと分からない仕分けを代行してもらえるということでしょう。
特にワンルームのお部屋で引っ越しの仕分けをしたくても、物が多すぎて整理が出来ないことが多いです。
ゴミ屋敷のようになってしまった部屋を早く何とかしたい。
こんな場合に短い時間で片付けが可能。搬出もスタッフが行うので体力に自信のない人も心配無用です。

 

リサイクル業者だから買取も出来る

弊社では片付け代行も行っていますが、リサイクル買い取りもしています。
私たちは買取出来るものを見つけて、引き取りの費用から差し引くことでロープライスになるようにしています。

引取りできるもの

生活の中で使っている家電製品や家具や雑貨など、不要になった家財品をお引き取りしています。

こんなものを引き取り出来ます

食物関連・生ごみ・注射針など医療破棄物はお引き取り出来ません

こんなことでお困りの時にはご相談ください

引取りをする場所や片付けの内容によっても作業内容は異なります。
あらゆるシーンで、ケースに応じて回収を行います

引っ越し時出る不用品や遺品整理や家財処分にも対応

引越しの時や遺品整理・家財処分の時には大量に要らないものが出てきたりします。
仕分けや運び出しは不要。スタッフが全て行います。
荷物の量に応じてスタッフや車両の増減可能です。

オフィスの整理片付け

中区は多くのオフィスもある街です。移転や閉鎖、または会社内の倉庫の整理といったニーズも多くあります。
オフィスからのパソコンやオフィス家具などの引き取りにも対応しています。

引取り料金

わかりやすい明確な料金システム

中区で1回収にかかる費用は5000円からとなります。

不用品積み放題あります。
定額の最安プランは9800円~

選べる5種類の定額プラン

まずはお見積りからスタート

頼みたいと思っても費用がいくらくらいかかるのか分からないと頼みづらいですよね?
お電話での概算見積もりが可能。中区へは無料で訪問見積もりを行っていますからご安心ください。
比較をしてのご依頼でも構いません。そのお見積り費用に自信があります!

中区での作業事例

伊勢佐木町での回収と買取の事例

不要になった家電品の買取と家具の処分のご依頼をいただきました。
まだ年式の新しい冷蔵庫や洗濯機(製造から5年以内の物)があり、それらの買取と使わない家具は処分といった内容です。家具の引き取りには処分費がかかりますが、家電品の買取があるので差し引き可能でした。
出張でお伺いするので、持ち運びの手間もかからず現地で査定と搬出を同時にいたしました。
冷蔵庫と洗濯機ですが、非常に綺麗にお使いになられていたというのもありますが、買取の査定前にお客様でクリーニングしていただいたようでしたので、プラスの評価とさせていただきました。

山手での回収事例

住宅の売買に伴った家財処分のご依頼。一軒家のお家を売却してマンションに引っ越すということで家財処分されるそうです。子供さんたちが巣立ち、大きな家で住むよりもこじんまりしたマンションへ住替える高齢者も段々と増えつつあります。
今回もそういった事例でした。間取りが小さくなるということは今までの家具を運びいれることは出来ませんので、それなりに処分も必要になります。
しかし高齢の方であればその片付け自体が大変な作業なわけです。
必要な物だけを転居先に持っていっていただき、残りを弊社で片付け代行する流れとなりました。
間取りは3LDKですが荷物は少しは減って、約20立米といったところです。アルミバントラックで2台分くらいの量です。
量もさることながら、階段での下ろしの作業ですので複数人の作業員が必要なロケーションです。トラックの台数は2台ほどですが、作業にかかる時間は6時間ほどで終了しました。

中区でオフィス片付けのご相談

中区には多くのオフィスがあります。移転に伴って古くなったオフィス家具を処分されるという事例も多くあります。
オフィス家具というのは結構かさが出る物が多く、例えばデスクとか椅子であったりがそうです。椅子だけでも10~20脚も積めばトラックにそこそこの量になってしまうんです。ですので、小さな車両では対応が難しいというのが特徴です。仮に小さなトラックであれば、何台も用意をするか何往復もしなければいけません。
オフィス家具の大半はコンパクトにならないようなものが多いわけです。
こういったオフィス片付けが出来るように、箱型の屋根付きトラックご用意いたします。
多くの量を積めますから、オフィスや店舗の店舗の什器等の積込みにも対応可能です。

お客様の声

O 様

まとまった量の片付けで、ちょっと自分では難しいと思い依頼をした。定額のプランなど料金も分かり易くて決めた。作業もきちんとしてて対応も良かった。
また機会があれば頼みたいです。

N 様

親の家の整理で頼みました。見積もりは電話でもしてもらえるけど、無料で来てくれるということで現地でお願いしました。スタッフの方も感じが良くてここに選んで正解でした。

お客さまの気持ちに応えてこれからも頑張ります。

口コミからのお客様

一度ご利用をいただいたお客様からのご紹介でご依頼をいただくお客様がこのところ増えております。
これは本当に嬉しいことです。弊社のサービスに満足していただき、それを別の方に伝えていただけるのですから。これからも多くのお客様に愛されるようなサービスを続けれるようにまい進いたします。

中区内で収集に伺う地域

全域で引取りが可能です

中区の粗大ごみ収集

中区の粗大ごみ収集は横浜市内共通のルールとなります。
おおよそ30センチを超える物を粗大ごみと呼び、普通ゴミでは収集しません。収集には事前の申し込みが必要です。申し込み時に手数料の金額が分かりますから、コンビニや郵便局で手数料分のシールを貼って、指定された日にちの朝にゴミ置き場に置きます。
粗大ごみ収集の一番のメリットとしては手数料が安いということです。
1点500円から収集してくれます。
しかし当然デメリットもあります。運び出しは各自で行う必要があり、日にち指定は出来ません。
ご自分の引っ越し日に合わせて欲しいというのは難しいです。
さらに予約が込み合う時期には受付終了する時もあります。
出せる個数も決まっていたりするので、処分することが決まったらスケジュール管理が必要です。
そして冷蔵庫や洗濯機やテレビといったものも粗大ごみでは収集を行っていません。
こういったメリット・デメリットもあるので、粗大ごみ収集と不用品回収を上手く使い分けるのも一つの方法といえます。
横浜市の粗大ゴミ出し方

ご相談のご連絡お待ちしてます