激安不用品回収業者に依頼しても大丈夫なの?

激安価格

最近は「不用品回収」とネット検索をすると数多くの業者が出てきます。そこでは”激安”など価格競争も激しく、広告もエスカレートしています。しかし本当に激安価格で引取りをしてくれるのか?など、不用品回収の価格相場など各社の調べてみました。




激安の不用品回収

不用品の引き取りというのは、物を出す側からすれば何も得るわけではありませんから、「安ければどこでもいい」となりがちです。そして業者はといえば顧客獲得のために安売り広告をして客寄せをするわけですが、実際に引き取りに来たときには価格が違うということでトラブルが起きる事例も実際に起こっています。そういったトラブルにならないためにも不用品の回収事情についてご紹介していきます。

激安価格の相場

最近の不用品の回収の広告を見ますと「軽トラック1台7000円」といった価格が謳われていることがあります。軽トラックに積み放題で7000円というのは妥当な価格なのか?と思ってしまいますね。詳しく調べてみるとその通りに引き取り出きるにはいくつかの条件があり、それをクリアしていれば広告の価格通りになります。しかし実際にお部屋の片付けで出るものの多くには追加費用がかかることが多いような印象です。つまり「エントリー価格」くらいに思っていたほうが良さそうです。

最低価格を表示していることが多い

軽トラック1台で7000円~でワンルームのお部屋の荷物を全部片付けれるのかといえば、それは無理です。恐らく軽トラック自体に全ての荷物は積むことは出来ないと思います。

この○○円~という表示はつまり最低価格の基本料金であって、実際には「家電リサイクル品の引取り」「階段での運び出し」「追加費用がかかる品目」のようなものが含まれれば費用は加算されます。そうなると結果として、1台あたりの費用は18000円~28000円くらいが実際の相場となっているようです。

比較サイト・一括サイトを利用する場合

一括サイト

比較サイトや一括サイトというのも最近は増えています。比較サイトの場合には「ランキング形式」になっていて、各社の情報を掲載しています。しかしこのランキングというのも実際はそのサイトを制作したPR会社によるランキングであって、一般のユーザーの声を集めたものではないということではありません。

また一括サイトの場合は、メールなどで相談をすると、サイトに登録した回収会社のところへ申し込みをした依頼人の情報が渡り、それぞれの会社から返信が来る仕組みです。ほとんどがメールでのやり取りが多いので、メールでの相談が苦手な人には不向きです。そして仲介役の一括サイトの運営会社は引き取りやトラブルに関してはノータッチなことが多いので、業者とのやり取りがスムーズに行かない場合もあり、少し手間に感じることもあるでしょう。

分かりやすい例えで言えば、アマゾンで購入をして、実際に販売した会社と連絡を取り合うことがしにくいといった感じです。やはり直接依頼の会社と仲介サイト経由ではやり取りにもタイムラグが起きるということです。

くらしのマーケット

当日の追加依頼

申し込み時点ですでに出ている見積もり金額が出ていて、そして引取りの当日に追加の引き取りしてもらいたい場合はどうなるでしょうか?とある会社の引取りの場合には、別途費用がかかるようです。つまり追加費用がかかるということです。たとえそのトラックに積めたとしても、申し込み時のときから量が増えれば費用が変わるということです。

追加費用がかかる事例を調べてみました

一括サイトなどに登録している業者の「積み放題プラン」とは別にどんな時に追加費用がかかるのかの事例をいくつか調べましたのでご紹介していきます。

  • リユースが出来ないようなものを含んでいる場合。(つまり売れそうなものを含んでいるかどうかということです)
  • 軽トラックの場合は350キロまで。重量物がある場合は別途費用がかかる。もしくはトラックの車種の変更。(料金は軽トラックとは異なります。)
  • 故障品などを含んでいる場合。(リユースで売却前提なので、壊れている場合は追加費用がかかる)
  • 同じ品目だけを出す。(すべて冷蔵庫だけといった特定の品目だけを依頼をする場合)
  • 仕分け分別が出来ていない場合。(住んでいるままの状態の仕分けがなされていない場合に、仕分け作業を頼んだ場合は追加費用がかかります。)
  • 家電リサイクル品を含んだ場合のリサイクル料金
  • 処理困難物が含んでいる場合。
多くの不用品回収業者が引き取りしないもの

■解体された家具、木材
■石膏ボード、石材、タイル、建築廃材 土 ブロック レンガ
■紙屑、ビニールごみ、液体、危険物、消火器、金庫、畳
■生ごみ…冷蔵庫の中身、食べ残し、小麦粉など粉もの、缶詰等
■液体…シャンプー、洗剤、調味料等(すすぎ済空容器は可)
■危険物…ライター、スプレー缶、炭、ロウソク、マッチ等
■血液が付いた物(マットレス、布団など含む)
■排泄物、腐敗、悪臭のする物
■動物の死骸
■注射器、メス等の医療機器、器具
■特殊重量物
■積載量を超える場合、追加料金が発生または回収できません。
■一般家庭ごみは固くお断りしております。(食品のから袋 紙ごみ 使用済みちり紙など)

https://curama.jp/disposal/truck/SER478942629/

こういったものはどこも引き取りしていないことが多いです。

中間処理施設のゴミ処理費用

価格が激安すぎる業者というのは、引き取りした物の行方も気になります。全てがリユースしているのであれば良いですが、ごみ処理となると中間処理施設での処理費用が安くはないからです。2019年の最近の相場で言えば、重量処分の場合は1キロあたり60円くらいです。立米処分の場合は12000円程度です(軽トラック1台2.5立米積なら30000円の計算となります)

決して処理費用は安くはありません。ですから業者による不法投棄も心配になるのも当然です。あまり安さ重視で依頼をしてしまうと、自分の出した不用品が不法投棄されているといった事例がネット上でも出ていますからご注意ください。

依頼で失敗しない頼み方

依頼をする前には事前の見積もりを必ず取ることが大切です。作業が終わった後で追加の費用がかからない最終価格の見積もりです。それをしないことで、業者は追加費用を請求してくる場合があります。(ただし作業日の当日に追加で出したいものが増える場合の追加費用除く)

場合によってはメールや電話相談だけではなく、現地での見積もりを行ってもらうことも大切です。実際に業者も自分の目で確認をして、それで費用が変わるとなれば業者のミスです。

出したいものを明確にリストアップする

回収してもらいたいものを予めリストアップしておくと良いでしょう。口頭だけですと「言った、言わない」があります。頼みたいものの控えを持っていればそのようなトラブルも避けることが出来ます。

作業の前に費用の確認をしてから積み込みをしてもらう

事前に見積もりも行い、リストアップも済ませ、それから作業日当日には作業に入る前に費用の確認を軽くしておくことでもトラブルは回避できます。費用に間違いがないのか確認するとよいです。

まとめ

激安を売りにした不用品回収は業者の数が増えたことで競争も激しくなっています。価格を下げて広告を出すのは容易いのですが、その裏があることにも注意が必要です。あくまで「客寄せ」の一部の激安価格サービスプランであって、その通りにいかない場合も多いということです。

また一部の業者の不法投棄も心配なところもありますから、業者選びも慎重に行う必要があります。2019年の不用品引取りで、追加でかかる費用なども含めた実際の相場価格は軽トラックでおおよそ18000円~28000円といったところでしょう。2トン車の場合で40000円~位です。

不用品処理のご参考にお役立てください。

わかりやすい明確な料金システム

フリーコール