家の片付け業者に依頼してスッキリ簡単に整理!

粗大ごみ

家の片付けというのはいざ始めてみるものの、その量が多かったり作業の困難さにより中々作業ははかどらず、思ったように進まないことが多いです。自力で困難であれば「片付け業者」に依頼をするのも方法の一つです。その場合にどんな業者に依頼をして、どのくらいの費用がかかるものなのかをご紹介していきます。

片付け業者による整理

主なメリットとしては、ご自分では運ぶのが困難なものの搬出代行やまとまった量の粗大ゴミや廃品など、行政では処理が難しい場合に依頼をするとすごく役立ちます。粗大ゴミで処理をする場合には、運び出しは各自でしなくてはいけません。どんなに重たい物や大きなものでも手助けはありません。高層マンションで高層階から下におろすだけでも大変な作業ですが、業者依頼ならそういった煩わしさもありません。

そして一度に出す量にも制限はありませんから、お部屋単位やお家単位で整理をする時にはとても有効です。お家の中の物は様々なものに囲まれています。通常のごみ処分する時も「仕分け分別は必須」ですが、この作業がとても大変なのです。こういったことも代行することで多くの方に喜ばれています。

作業の内容

大きな家具や家電製品の運び出し。婚礼家具や冷蔵庫など、大型のものは大半が業者設置の場合が多いでしょう。粗大ゴミで処理をしたいと思っても運び出せないケースも多いのですが、このような大型で重量のあるものも搬出いたします。

本棚に詰まった本や、タンスの中に入ったままの衣類など、仕分け分別が出来ていないままの状態からでも片付け業者は作業代行いたします。どんな状態からでも分別から運び出し作業まで全て行います。

家財道具の中には解体が必要な場合もあります。特に「組み立て家具」の場合は、そのままではお部屋から出ないことがあります。ベッドなどもそうです。このようなものも分解作業から運び出し出来ます。

家の中だけでなく、外回りに設置している倉庫も同じです。解体作業をして収集可能です。

費用の相場

片付けの費用は作業内容によって費用が異なることが一般的です。

  • 処理する量
  • 作業員の人数

全く何もしていない状態から作業を始める場合に、分別が細かなものが多かったり、建物のロケーション(一戸建てや傾斜地に建っている場所。階団地など階段での搬出)によって人手が多く必要なことがあります。このような場合は通常の価格よりも人件費分が増加となります。

費用の算出は基本的には引き取りをする荷物の量で決められることが多いのですが、例えば同じ間取りの3LDKでも住まわれている人によっても片付ける量が異なります。作業時間が増える分だけ費用も増加します。

【中身が無くて家財道具だけを引き取り】

節約して片付けを依頼したいのなら、せめて家財道具の中身だけは自分で処理するのがベターです。自分で運び出し等が出来ないものだけを業者依頼して、自分で処理できるものはセルフで片付け。こうすることで費用もグッと節約できます。処理したいものに優先順位を付けて、業者に何を依頼したいかを予め決めておくのも良いでしょう。

間取りからのおおよそな費用

一般的な量で、間取りから推測するおおよその片付け費用目安です。

間取りトラック・作業時間費用目安
ワンルーム作業時間1時間程度3.5万円~
1DK~1LDK2時間程度5万円~10万円
3LDKトラック約3台、6時間程度18万円~

一戸建て

トラック約4台~

25万円~50万円

引き取りの量や立地や作業内容によって変動します。

トラック単位で引き取りの場合

お部屋単位での片付けでなくトラック単位でで依頼をすることもできます。「定額プラン」というものを利用すれば作業費と引き取りの費用が含まれたプランが一般的です。量に応じたトラックプラン。

軽トラックの場合:約15000円くらいから。
2トントラック 荷台の床から90センチくらい積み上げ程度で40000円くらい。
2トントラック満載の場合、7立米~ 50000円くらい~

ただしテレビや冷蔵庫・洗濯機・エアコンのような家電リサイクル品を含む場合や階段下ろしがある場合など、基本料金とは別にかかる費用が発生する場合がある。会社によってその金額が異なるので、「最終価格」で見積もりを取らなければいけない。広告に出ている基本料金はすごく安くても、最終価格で高くなるケースもあるので注意しなければいけない。

片付け業者の種類

  • 不用品回収業者
  • リサイクル(ショップ)業者
  • 便利屋

不用品回収業者は片付けを専門とした業者。仕分けが出来ていない状態のお家でも、分別不要で作業を請け負ってくれます。

(店舗)リサイクルショップの場合は買取が中心なので、買取や値段がつかないものを無料引き取りできるもののみを回収する場合もあります。その時には片付けして欲しいものが残る場合があります。その判断はショップによります。

便利屋さんは代行業の中で片付けもしています。少人数で営業を行っている場合や、家財道具を積み込み出来るトラックを保有していない場合もあるので、見積もりの段階で確認は必要です。

回収と買取をしている業者がおすすめ

回収業者の中には片付けで出た不用品の中から再販が可能な物を買取をしてくれるところもあります。一番のメリットは片付けも出来て買取で費用を抑えられるということ。全てをゴミ処理にしないということでエコにもつながるわけです。

こんなことでお困りの時にはご相談ください

 

 

急な片付け日時指定,家電品の処理方法がわからない,仕分けや分別が出来ない,大きな物の運び出しができない

こんなものを引取り出来ます。

選べる5種類の積み放題定額プラン 積み放題SSプラン 9,800円 0.6立米まで積み放題手軽に頼めるエントリープラン 軽トラSプラン 18,000円 家電も家具も含んだちょっとした片付けに適したプラン 軽トラMプラン 28,000円 まとまった量のワンルールの片付けに適したプラン 2トンLプラン 45,000円 大きな家具や家電大量の片付けに適したプラン 2トンLLプラン 63,000円 家具道具の片付け大量の遺品整理にも適したプラン プランについて

家財道具買取

お問合せはこちらから