台車の選び方・使い方

台車

家財道具を搬出する時に手で運ぶには大変ですね。特に大型のマンションではごみお置き場まで手で運ぶというのは重労働です。そんな時にあって便利な台車選びについてご説明します。

スポンサーリンク

台車の種類

台車には手押し台車や平台車などがありますが、用途に応じて使いやすさが違ってきます。小物を運ぶ時や家具や家電を載せる場合には押し方が違うので、台車もそれに応じて変えると楽さが異なります。

手押し台車とその特性

手押し台車

手押し台車というのはその名前の通り手押しが付いた台車です。
この手押し台車は小さい物や運ぶもの自体が持ち辛い物を乗せて運ぶ時に有効です。段差があるときにもその手押し部分を持ち上げて乗り上げることも出来ます。キャスターの大きな物を選ぶと転がりも良く快適に運ぶことが出来ます。デメリットとしてはその荷台よりも大きな物を運ぶときは傾きやすく不安定になります 。

平台車とその特性

平台車

平台車というのは手押しの無い荷台とキャスターだけの台車のことを言います。販売されているものの多くが木製で出来ています。
特に家具や家電など大型の物を運ぶ時に非常に有効です。乗せた時にはその物を押しながら運んでいくので手押し部分が必要ありません。荷台に対してバランス良く置くことにより安定して押すことが出来ます。デメリットとしては小さな物や軽いものは運びづらいです。

家具・家電の運びに使う時

大型の家具や家電を運ぶ時に乗せる台車には持ち手があるとそれが邪魔になって押しづらくなります。私たちは不用品の引取りで家財道具を運び出すわけですが、その時にいつも使っているのが平台車です。引っ越し業者さんたちも同じようなのを使っています。

マンションのように通路が長いところではとても重宝します。手押しの場合は前側の2輪だけが向きを変えるため回転するのですが、平台車は4輪が回転するので自在に向きが変わるのが特徴です。

意外と価格帯は高価

台車はホームセンターで販売もしています。手押しや平台車もありますが、プロユースの物になるとかなりなお値段するものもあります。価格は1台1万円以上するものもあります。その差は積める重量です。100キロ以上の荷物を積めたりして、負荷に耐え得るモデルが高かったりします。

一般のご家庭ではそんな重い物は乗せることが無いので、汎用のモデルで十分だと思います。

日常使いにも便利

マンションの場合は買い物に来るまで出かけてお部屋に着くまでも歩く距離がある場合があります。重い思い荷物を手で持って運ぶのも苦労しますので、そんな時には折り畳みがコンパクトな手押し台車があると良いですね。お部屋の片づけで出たゴミ下ろしの時にも台車で下ろすのと、手で運ぶのでは大違い。大型マンションほどあると便利だと思います。

わかりやすい明確な料金システム 2種類のシンプル料金 個別の取引合計金額 トラック積み放題プラン 料金体系・システムについて

お電話でのお問い合わせはこちら FREECALL 0120-621-671 受付時間9:00〜20:00 お気軽にご連絡ください! ご相談だけでもどうぞ! スマートフォンでタップ!!

 

 

Follow me!

粗大ごみ処理で困ったら不用品リサイクル業者

コーモド
不用品の処分を早く・安く・手軽に。
家財道具のリサイクル買取や運び出し引き取りまで、片付けにとっても便利。