家財処分費を節約する方法

 家を 一軒分の 家財処分を業者に依頼をした場合、 その費用は数万円から数十万円かかります。 その費用をなるべく抑えるためにどうしたらよいのかについて今回はご紹介していきます。

出来る範囲で 処分するものを減らす

面倒だからといって全て業者に依頼をするということは、 その全てがコスト としてかかります。 それであればできる範囲で処分品を減らすということが大切です。

面倒な生理は後回しにして、 例えばわかりやすい衣類であったり本のようなものを先に整理をします。 これをするだけでも お家によっては 2 T トラック1台分ぐらいの 凌駕 節約できます。

漫画本や古本の出張買取の依頼

漫画本や 文庫本 といった古本が多い場合は、 出張買取の古本やさんに依頼をするのも有効です。

処分廃棄ということではなく、 再利用をされるのでエコにもつながりますし、 本は結構重たいのですが、 運び出しを代わりにやってもらえるので 手軽に整理ができます。 ただし お金の話で言うと、 金額面では 高望みしない方が良いです。

フリマアプリで売る

最近はメルカリやヤフオクといったフリマアプリがあり、 誰でも手軽に 個人販売が可能になりました。 家財品の中で 売れそうなものを フリマアプリを使って販売をするというのも有効です。

しかしフリマアプリを使うには 最初にしなければいけないことがあります。

アプリのインストール

アプリのインストールは特に面倒なことはありません。 アカウント作成も  必要な事項を記入すれば 出来上がります。

アプリをインストールしたら

フリマアプリをインストールしたら次に商品の出品の準備です。 売りたいものの 写真を撮ります。

そして アプリを起動して写真を入力します。 画像の入力を 終えれば 次は商品説明です。 

  1. どんなものなのか
  2. 商品の状態
  3. 購入時期

商品についてできるだけ説明するとユーザーにとってはとても親切です。

高く売るためのポイント

商品を高く売るためには、 やはり 魅力ある 画像と 商品説明が大事です。

よくわからないものを闇雲に出品しても入札はされません。 不明瞭な商品説明や、あやふやな内容では 購入意欲が薄れます。 しっかりと説明できるものだけを出品するようにしましょう。

よくわからないものの売却

 例えばですが、 古道具や 骨董品など、 作者や どんな商品なのか説明できないような物を売りたい場合、 こういったものは専門業者に売却すると良いでしょう。 下手に自分で売ったたとしても徒労ります。

自分で売る物と 業者に売却するものを分けて考えた方が良いでしょう。

買取と不用品引き取りを同時に行う業者

家財処分をする場合に不用品の買取と引き取りを同時に行う業者もあります。 一番のメリットは一度に住むという手軽さです。

あっちに売ってこっちで引き取りというような二度手間も ありません。買取りの金額が安いのかというとそうでもありません。家財処分を依頼することで 買取金額がアップするケースもあります。

 時間がないときや、 離れたお家の家財処分を行う時などは なるべく一度に済ますようにした方が良いでしょう。

【関連ページ】

不用品の買い取り

全ての整理と売却が終わったら

家財品の中の整理と 売却が全て終わったら、 残りが不用品として処理ができます。 荷物を減らして売却した金額も ありますから、 業者に支払う金額と相殺すると かなり費用は節約できるかと思います。

いかがでしたでしょうか? 家財処分をされる予定がありましたら実践してみて下さい。

わかりやすい明確な料金システム

ご相談のご連絡お待ちしてます