家電リサイクル品の不用品回収

家電リサイクル品

家電リサイクル品とは一般家庭や事務所から排出された家電製品のエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機から、有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。

スポンサーリンク

平成13年4月1日施行これらの品目は粗大ゴミと違い、行政の粗大ゴミ回収では出すことができない。郵便局にてリサイクル料金を納付後に消費者個人が直接に特定取引場所への持込んで排出も可能。

家電リサイクル料金

家電リサイクル品を処理するためには「家電リサイクル料金」というのが必要になります。品目と家電メーカーによっても費用が異なります。テレビや冷蔵庫などはサイズもそれぞれあり、家電リサイクル料金も大きさによって異なります。

テレビ

テレビ

テレビの処分

テレビの家電リサイクル料金
¥1,785~¥3,615メーカーや大きさにより料金が異なる。 運搬費は別途。さらに料金は運搬業者によって異なります。

洗濯機

洗濯機

洗濯機の処分

洗濯機の家電リサイクル料金 ¥2,400~¥3,280  メーカーや大きさにより料金が異なる 運搬費は別途。さらに料金は運搬業者によって異なります。

冷蔵庫

冷蔵庫

冷蔵庫の処分

冷蔵庫の家電リサイクル料金
¥4,600~¥5,590メーカーや大きさにより料金が異なる 。
さらに運搬費は別途。料金は運搬業者によって異なります。

エアコン

エアコン

エアコンの処分

エアコンの家電リサイクル料金
¥3,500~¥4,490メーカーや大きさにより料金が異なる 。
さらに運搬費は別途。料金は運搬業者によって異なります。

衣類乾燥機

衣類乾燥機

衣類乾燥機

衣類乾燥機の家電リサイクル料金
¥2,520~¥3,440メーカーや大きさにより料金が異なる。
さらに 運搬費は別途。料金は運搬業者によって異なります。

処理の方法

  • 家電量販店での収集
  • 指定場所へ持ち込みによる廃棄
  • 回収業者への依頼

新しい家電製品を購入するのであれば家電量販店で古い家電リサイクル品を収集してくれます。家電リサイクル費用と「運搬費」が別途かかります。ただ、ネットで購入する場合には収集の申し込みが無い場合もあります。

指定場所への持ち込み

家電リサイクル品を持ち込み出来る場所は全国の各地にあります。ただ、この場所はいたるところにあるわけではありませんから、移動に手間がかかる場合もあります。まず郵便局で家電リサイクル費用を納付して、その納付書と品物を持って指定場所に行きます。家電リサイクル券と品物に貼って受け渡しをします。

地域別で家電リサイクル品が持ち込み出来る指定場所を検索することが出来ます。

指定引取場所検索

一般財団法人 家電リサイクル協会

郵便局で家電リサイクル料金を納付

家電リサイクル券を受け取る

STEP
1

近くの指定場所へ持ち込み

家電リサイクル券と処理したい家電リサイクル品を持ち込み

STEP
2

指定場所で受け渡し

係の人に家電リサイクル券を渡して運び下ろしをする

STEP
3

このような流れで持ち込みが出来ます。

中古品として不用品回収業者に依頼する場合

回収業者

家電量販店への依頼や持ち込みが出来ない場合には回収業者に依頼するというのも方法の一つです。中古家電として引き取りするのであれば費用もお得になります。

5年以内の動作するものであれば無料引き取りや買取出来る場合もあります。

廃棄ではなく再利用することは環境にも優しくなります。

依頼までの流れ

  1. 見積もり。無料引き取り・買取出来るものかの査定をします。
  2. 回収依頼。査定後に引き取りのご予約。
  3. 引き渡し。無料引き取り、もしくは買取

このような流れで引き取りいたします。

お見積もり・回収相談

必要事項を項目とメッセージ本文に記入してご相談ください。

  • 品目(例:テレビ)
  • 製造年(2016年製)
  • 動作する、動作しない

 

家電リサイクル品の回収ご相談

ご依頼及び費用のご質問などお気軽にお問い合わせください

片付け代行で暮らしのお手伝い

粗大ごみ処理で困ったら不用品リサイクル業者

コーモド
不用品の処分を早く・安く・手軽に。
家財道具のリサイクル買取や運び出し引き取りまで、片付けにとっても便利。