遺品整理の相場はいくらくらいなのか

遺品買取

遺品整理というのは日ごろから利用をするわけではないので実際のところ相場というのが不明確なところでもあります。その相場の価格というのを知りたいと思われるひとも多いことでしょう。その相場などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

遺品整理の価格

遺品整理の作業というのはお家のサイズは間取りによっても異なりますし、遺品の量によっても違ってきます。

一言でいくらとは言えないことの方が多いわけです。整理の作業の中でもある程度整理が出来ているお家と、散乱している状態のお家では作業量も異なることからスタッフの人数が変われば費用も変わってきます。

おおよその目安

最近の各会社の料金表を調査しますと、ワンルームの部屋で約35000円~、1LDKで8万円~、3LDKで12~20万円、一軒家で30~80万円位です。

最安値の表示は作業時間も短く済むようなケースの場合が多いです。全ての案件で最安値価格でいけるわけではありません。

価格が決まる要素とは

遺品整理の価格が決まる元になるものがあるのでいくつか挙げてみます。

  • 処分する荷物の量
  • 人件費
  • 作業日数
  • 立地条件
  • 特殊清掃の費用

主にこのようなことを元にして見積もりが算出されます。

基本的なスタッフの人件費

遺品整理の依頼の場合は生活されていたままの状態から作業することも多く、まずは仕分け分別をしなくてはいけませんから、家具を出すにしてもタンスの中に入ったままの衣類などを整理しなくてはいけません。 本棚に詰まった本も出さなければいけません。こういった流れで作業を進めるのですが、これが間取りの広い住宅になると、その作業量はおのずと増えます。 作業量が増えると人員を増やさなければいけません。このように人件費にコストがかかります。

作業にかかる日数

ワンルームのような間取りの小さなお部屋であれば1日で済みますが、4LDKなどの大きなお家になると1日では済まない場合があります。2日~3日ほどかかる場合もあり、日数分のコストがかかります。

お家のロケーションによっても相場は変わる

マンションと一戸建ての遺品整理を比べた場合にどちらがコストがかかるかといえば、中層階くらいのマンションであれば一戸建てと比べた時に、同じ間取りであれば同じくらいの費用になるかと思います。しかしタワーマンションのようなところで、高層階からとなれば費用は増します。それというのもエレベーターの昇り降りだけでも時間がかかります。作業の進行に手間がかかるということです。あとは通路の養生などを用意する場合もかなりの長さが必要で、その材料費にもコストはかかります。

またトラックが建物の近くまで寄せることが出来ないような立地の場所では、離れたところで作業を行う必要があります。そうなると少ない人数では作業は行えません。その人件費分がコストアップです。

特殊清掃を含む作業

遺品整理は一般的な家財処分とは異なる場合があり、その中に「孤独死」や「事故死」などがあります。数日~数カ月間放置された状態のお部屋の場合は腐敗臭が染みついてしまっている場合もあり、臭いを取るには特殊な装置を使う業者もあります。このような機器を使う場合には見積もりに含まれますので、通常価格よりも上乗せとなります。

消臭・特殊清掃とは

高齢化社会が進み近年増加している高齢者の1人暮らしによる孤独死。ある一定期間時間が経つと腐敗、腐乱し、原状回復させるのが困難な場合があります。自殺や孤独死などの発見が遅れ、1週間以上放置される事も多いため、体液や腐敗による悪臭や害虫が発生することがあります

引用元:大阪・奈良の遺品整理「なごり屋」

こんな遺品整理は費用が高くなりやすい

遺品整理で費用が高くなりやすいケースの一つとしては仕分けが複雑であることもあります。その一つとしては「ゴミ屋敷」のような場合もそうです。床が見えないほど荷物が敷き詰められていて、それが高く積み上げられているような状態。このような状態ですとかなり作業は困難です。そして荷物も平均的な量よりもさらに増えるため、それに伴って処分費が増えてしまいます。

これはお年寄りのお住いのお家でよくあることですが、元気な時には仕分け片付けも出来ていたことが、体調を崩してからというものお部屋の中が散乱するケースがあります。お家の中は乱れて、ゴミ出しも出来ずに新聞やチラシなどが床一面に敷き詰められていたケースも過去にありました。

遺品整理業者によっても料金は様々

遺品整理を専門をした業者というのは、日本全国で今では数千社以上があると言われています。さらに今後も増える予想です。これだけの数があれば遺品整理業者によっても価格相場が異なるのも当然です。その価格はどこにあるのか?についてもご紹介してみます。

ネット検索をすれば山ほど見つかる遺品整理業者。競争も激しくその集客にはコストがかかってます。

  • リスティング広告
  • 送客会社を利用
  • 提携業者

色々なPR手段を用いて集客する場合には多大な広告費がかかるため、そういったコストも見積もりに含まれます。(特に遺品整理のキーワードはコストが高い)

規模を大きく運営している会社は、人材や車両を多く確保しているので、毎月のコストも大きくなります。そうなると一件あたりで請け負える単価というのもあまり安くは出来ないものです。

遺品整理の中には中古品として再利用できるものも含まれる場合がありますが、「中古の相場の目利き」や「リサイクルのノウハウ」を知らない業者の場合はどうしてもコストが上がってしまいますね。

大きな会社は見栄えの良いホームページや広告費をかけて宣伝しているので良く見えるものです。しかし小さくてローカルなエリアで活動をしている会社が絶対的に低品質というわけでもありません。

コストをかけて宣伝している業者や大規模に運営している会社と、あまり宣伝をしてはいないが地域密着でリサイクルを中心に小規模で行っている会社では価格差が出るのも当然なんです。

比較サイトの遺品整理業者とは?

会社

遺品整理の比較サイトというのがありますが、これはそのサイトの中に登録した業者だけで比較するというものです。全国数千社の中から選ばれたわけではありません。

ランキング形式のサイトものもそうですが、そのサイトに登録している業者の中だけでランキング形式にしているだけです。

マーケティングを行う会社が制作をしていて、これも広告の一環だと思った方が良いです。

費用が安くできるコツは何か

遺品整理をする場合ですが、まずは業者にすべてを任せるのではなく、事前に最低必要な仕分けはしましょう。家の権利書・証券や預金通帳などの仕分けは業者に任せるんぼでなく親族で行うべきです。

さらに家財道具の中で一番高価になりそうなものは「貴金属」です。金やプラチナの場合は数グラムでも数千円での取引となります。まずはそういったものを見つけるということ。貴金属が見つかった場合には専門店に持ち込まれるのがおすすめです。きちんとX線で鑑定できるショップは信頼度も高く、買取価格も最高ランクのところが多いです。

処分になる家財道具を減らすというのも処分費節約の方法の一つです。リサイクル買取業者に一軒分の買取査定をしてもらい、無料回収も含めて持って行ってもらいます。荷物を減らして最終的に処分の状態となって遺品整理業者に見積もり依頼をするのが1番安くなる方法です。

【関連記事】

遺品整理の作業依頼を承ります

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせ

ご依頼及び費用のご質問などお気軽にお問い合わせください

片付け代行で暮らしのお手伝い