不用品回収業者の選び方と見分け方をお教えいたします

不用品回収を依頼をするときにどこからその業者を見つけてくるのでしょうか?昔であればポスティングのチラシが多かったですが、最近では「ネット検索」が主流になっていると思います。不用品回収業者をネット検索していてどれも同じではないことにお気づきになっていますか?ここではサイトの種類や違い。依頼までの流れや、それぞれのサイトのメリット・デメリットなどを分かりやすくご紹介していきます。

ネット検索で不用品回収業者選び

まずはネットで「不用品回収」と検索を行ったときには十数個の会社がヒットします。しかしそこに出てくるサイトというのはすべて、不用品回収業を行っているサイトばかりでないことをご存知ですか?

サイトの種類

検索で出てくるサイトには種類がいくつかあります。全て自社運営で不用品回収を行っているところばかりではありません。その種類をいくつか挙げていきます。

  1. 不用品ポータルサイト
  2. 一括査定サイト
  3. 自社運営サイト

ポータルサイト型

まずポータルサイトというのは、分かりやすく言うと「アマゾン」や「楽天」のようなサイトです。それらのサイトの中には数多くの販売会社が存在していて、そのサイトを通して販売をしている。これと同じような仕組みで、数多くの不用品回収業者が登録している不用品回収のポータルサイトというのがあります。

くらしのマーケット

https://curama.jp/

くらしのマーケット

こういったサイトでは料金を公開して分かりやすい表示になっています。メールフォームに入力をしていくと予約は完了するという簡単なやり方で申し込みできるというがメリットといえます。

しかしこの手のサイトは「窓口」であって予約を取りまとめてはいますが、実際に行うのはそこに登録している業者です。その業者もすべて別会社ですから、作業の品質や対応もそれぞれ違います。

自分が出したい荷物が実際に申し込みしたプランで積み込み出来るのか?もし積めなかった場合はどうなるのか?日にちを変更したい。など事前に聞いておきたいことがあってもスムースにやり取りが出来ないのがポータルサイト型のデメリットともいえます。

キャンセルに関しても、申し込みが済んでしまっている場合はキャンセルが出来ない場合や、キャンセル料が発生する場合もあります。(作業を行う会社はキャンセルでもポータルサイト運営会社に料金を支払わなければいけないからです)

料金表は一番安い価格を表示しますから、追加になる作業であったり、追加料金がかかる品目を積む場合など、最終的な金額はサイトに表示している価格とは異なることが多いものです。

一括比較型サイト

一括サイト型というのはいわゆる「比較サイト」の形式です。依頼人から相談をもらって、その情報を協力店に情報を送る。その中で一番安い業者が仕事を引き受けるようなやり方です。

「引越し料金比較」「ピアノ買取比較」といったサイトは全て一括比較サイトです。

粗大ゴミ料金比較コム

https://www.sodaigomi-hikaku.com/

粗大ゴミ料金比較コム

比較サイトの場合は各社の見積もりの中から一番安い料金で依頼が出来るというのがメリットだと思います。確かに価格の競争相手がいれば価格は安くなりやすいのも事実です。

それではこのような比較サイトに依頼をすれば安心なのか?というのもそういうことばかりではありません。価格を重視しすぎるばかり失敗することもあります。例えばですが、比較サイトの場合には、登録している業者がどんなところなのかがよく分からない場合が多い。

依頼をして来てもらったら感じの悪い人や不衛生な人であったりしたらどうですか?気持ちよくはありませんよね?

そして比較サイトの場合は一番安い見積もりで依頼をしているので、何か追加がある場合には「追加費用が高い」というケースはよくあります。これもポータルサイト型とよく似ています。

そういった事前の確認が取れないというのも比較サイトのデメリットといえます。電話などでの相談がなかったり、全てメールでの申し込みフォームのみというのが比較サイトの場合は多い傾向です。とりあえず申し込みさせるというパターンです。

自社でサイトを運営

以前は自社でホームページのサイト運営をしているところが多かったのですが、最近では「IT会社」が運営するポータルサイト型や一括比較型サイトに検索順位を圧されてしまってはいます。しかし今でももちろんあります。サイトの中身を確認すればどういったものが自社運営なのかは分かるかと思います。

横浜の不用品回収業者「よろずカンパニー」

https://yorozu-yokohama-company.com/

よろずカンパニー

サイトを自社運営している会社に不用品の引き取り依頼をするメリットとしては、事前に電話で「料金」や「プラン」についてなどの相談をスムーズにできるということです。もしくは現地での見積もりにも簡単に対応してくれますし、そこで気に入れば依頼に進めればよいわけです。

ネット検索→即依頼ではなく、分からないことや心配なことを相談してから依頼をするというのが一番安心できるやり方ではないでしょうか?

日にち変更なども窓口を経由してではなく「直接依頼」ですから、やり取りがスムーズです。こういったところが自社でサイトを運営しているところに依頼をするメリットといえます。

まとめ

電話で色々と聞いたりする必要もなく、料金も分かりやすくネットで依頼を済ませたいという人は「ポータルサイト型」や「一括比較型サイト」に依頼をするのも良いでしょう。しかし「きちんと運営元を知って依頼をしたい」「事前に話をしたい」「はっきりとした見積もりを出して欲しい」場合にはサイトを自社で運営しているところに相談をされることをお勧めいたします。

会社の見分け方としては、それぞれのホームページに記載の会社情報を見ると”広告会社”なのか”リサイクル事業”を行っているのかで区別が出来ます。

ただし会社情報も載っていないところはその時点でアウトです。依頼されないことをお勧めします。

わかりやすい明確な料金システム

フリーコール