遺品整理の仕事

荷物を抱える男性

遺品整理の仕事とは故人様が遺された遺品の整理処理を行うことです。どういった作業をしているのかをご紹介していきます。

遺品の仕分け分別

遺品整理の基本作業として、遺品の分別を行います。ご家族様が必要なものとそうでないものの仕分け、遺品処理になるものの仕分けを行います。

遺品の中には証券類やまだ見つかっていない通帳であったり、印鑑といった貴重品がどこかに紛れていることもあります。そういった貴重品も探しながらの仕分け作業となります。

また遺言書といったものが見つかる場合もあります。遺言書を作成していた場合は公定役場で保管されることが多いのですが、自筆の遺言書が書かれた場合には自宅から見つかることもあります。その開封はすぐには行えません。簡易裁判所にて行うことになります。

遺品整理とはこういった重要な物の仕分けと遺品処理になるものの仕分けが重なりあった作業となります。

遺品の仕分けの段階ではリサイクル(再資源化)できるものとリユース(再販)できるものを徹底的に行うことで遺品処理になるものが少なくなります(リデュース)。

そして遺品処理になるは一般廃棄物業者と連携して適切に中間処理施設で処理されていきます。

遺品の買い取り

家財道具や古道具など、弊社では遺品買取りも行っています。

美術品などさらに難しい鑑定が必要な査定の場合は、美術品専門の鑑定士を派遣いたします。

古い物でも処分ではなく限りなくリユース・リサイクル出来るように努めています。一軒分の買取ともなれば数万円~数十万円の買取につながるので、ご依頼人のご負担を軽減できるお役にも立っています。

お部屋のクリーニングの手配

遺品整理が終わった後のハウスクリーニングも承ります。住宅売買があったり、退去前の清掃が必要な時に、プロによるクリーニングによってお部屋がまた綺麗になります。

ワンルームから一軒家までクリーニングを行います。

仏壇・位牌の供養の手配

 

檀家寺が無い時に仏壇の供養をしたくてても出来なくて困られる方も多くおみえです。そういった方のために、遺品の供養をしてもらえるお寺やお坊さんをお探しして手配いたします。

その他の作業

遺品整理の後に住宅を売買されるケースも多くありますが、一戸建ての場合は建物の中だけでなく外回りも片付けが必要になることが多いです。動産物は全て撤去になることが多く、ガレージの中であったり、倉庫の中身の撤去。そして倉庫の解体が必要なこともあります。

その他ではエアコンの撤去もしなければいけないこともあります。これらすべての作業を承ります。

わかりやすい明確な料金システム

ご相談のご連絡お待ちしてます