粗大ゴミ収集と不用品処分の違い

片付けをしていて要らないものが出た時には粗大ゴミの収集、もしくは不用品処分として処理された経験があるかと思います。

同じようなゴミ処分と思われがちですがどのような差があるのかをご紹介していきます。

粗大ゴミの処理

粗大ごみの処理というのは一般的には行政のごみ収集のことを指します。30センチを超える物を「粗大ごみ」と呼び、普通ゴミでは収集しないものになります。

粗大ゴミで収集が出来るものと出来ないもの

30センチを超える物はおおよその物は粗大ゴミでも収集は出来ます。

しかし粗大ゴミではすべての物を引き取り出来るわけではありません。例えば冷蔵庫や洗濯機・テレビ・エアコン・衣類乾燥機は家電リサイクル品といって現在では行政の収集がありません。またピアノやバイクや金庫といった重量のあるもの、または長さが約1.8mを超えるような長すぎるものも引き取りしません。

万能ではないということです。

手数料

粗大ゴミの一番のメリットと言えるのは手数料の安さです。1点200円位から引取りしてくれます。数点だけ処理するなら粗大ゴミ収集が安いです。

粗大ゴミの困る点

粗大ゴミで一番困るのが運び出しです。小型の家電などは持ち運びには困らないので、誰にでも処理できるかと思います。しかし、大型家具などはどうでしょうか?まずお部屋の外に出すだけでも苦労するとは思いませんか?

それを決められた粗大ゴミ置き場まで自分で運ばなければいけません。場合によっては台車を購入してでないと運び出しが難しいこともあります。

料金の面では安いのがメリットの粗大ゴミですが、運び出しについては決して優しいとは言えません。

不用品処分の場合

不用品の処分業者をゴミ収集のように思われている方もいますが、粗大ゴミ収集と大きく違う点は、「運び出しのサービスがある」ということです。

粗大ゴミ収集で苦労する大型の家具の運び出しを代わってお部屋から搬出してくれるということです。つまり便利屋さん的な回収ということです。

どんなものでも回収している

粗大ゴミでは収集しないような重量物の引き取りや、家電リサイクル品といったものも回収できます。もちろんお部屋からの運び出しもします。

生ごみや危険物などを除けばおおよその物を回収しています。

その違いはサービスと費用

粗大ゴミの収集と不用品処分を比べた場合に大きな違いがあるのは「費用」と「サービス内容」です。

サービスの内容というのも、ただ要らないものを引き取りに行くことがこのお仕事ではありません。例えば仕分け分別が出来ていないお部屋で、依頼人が出来ないことを代行します。

例えばゴミ屋敷のようなお家であっても代行するわけです。こういったことは民間の会社でなければできません。

費用の面では不用品処分と粗大ゴミ収集を比べた場合には大きな違いがあります。出張費や運び出しの作業費も含んでいますから、最低でも数千円~がかかります。

例えるならタクシーとバスといった違いでしょうか。バスは安く目的地に行けますが、決まった時間で所要時間もかかります。しかしタクシーなら電話で迎えに来てくれますし、行きたいところにどこでも連れてってくれます。しかしコストはそれなりにかかります。

まとめ

不用品処分は暮らしを快適にするためのお手伝いをする便利屋的な役割をします。出来ないことや困ったことを解決するわけです。

ほんの少しのごみ処理であれば粗大ごみを利用するのが良いですが、急ぎの片付けや、人手が欲しいゴミ処理などで不用品処分の力が発揮できます。その利用を上手く使い分けるとっても便利になると思います。