片付けで出てきた「古いお金」の対処方法

お金

家の整理をしていて「古いお金」が出てきた時にはどうすれば良いのでしょうか?古いお金の場合は買い物に使うことも出来ません。しかしどこに持っていって「換金」をするのでしょうか。その辺りからご紹介していきます。

古銭の種類

古いお金といっても、古銭にもいろいろと種類がいくつかあります。

現行貨幣

現在では発行はされていないが有効である銀行券と貨幣。例えば100円札や壱円札というものもそうです。また穴の空いていない50円玉や5円玉もそうです。それ以外にはニッケル貨幣というものもあります。こういった類の物は「古銭」としての価値は低いためプレミアは付かないと思ってください。銀行で現在のお金に交換することが出来ます。

近代貨幣

その昔に香港から造幣局の機器を買い取ることで、大阪に造幣局を作ることになりました。それによって西洋的な円形な貨幣と変わることとなりました。時期としては明治2年。明治のお金を近代貨幣と呼びます。この時期のお金は希少性もあり、プレミアとなるお金もあります。銀行での換金は等価交換となるので、古銭ショップで買取してもらうことでプラスになる可能性も大きいです。裸のままで出てきたり、もしくはコレクションとして集めていた物が出て来る場合、パックに入っていることがあります。その場合は保存状態も良くなるので、買取の価格もプラスに動きます。

大判・小判

江戸時代に多く流通していたお金なのです。現存する数は非常に少なく、見つかってもレプリカがほとんどです。仮に本物の場合は非常に価値の高いものであり、「天正菱大判金」といったものが見つかれば驚きの価値となるでしょう。

金として買取をするのか、それとも古銭として扱うのかという点では、古銭としての価値が高いため、「金」として地金で売却するのはマイナスになる可能性もあります。重さを計って、その時の相場と照らし合わせて検討するのが良いでしょう。

古金銀

明治維新前に流通していた貨幣です。読み方は「こきんぎん」です。金や銀などで作られたお金です。「一分銀」や「一分金」や「一朱銀」「万延二朱金」と買いてあります。銀は1グラム数十円程度の価値なので、これも地金と比べると高い評価となるので、古銭として売却されることをお勧めいたします。

その他の古銭

丁銀・豆板銀や地方貨の筑前分金・秋田銀判・盛岡銀判・会津銀判・仙台小槌銀・出羽切銀・甲州金といったものもあります。

古銭の売却の方法

古銭を売却もしくは換金するには、換金の場合は銀行へ行きます。ご自分が換金したいお金の合計を記載して窓口に提出します。しかし古いお金ですし、本物かどうかも分かりませんから、調べてのこととなるので、当然時間がかかるでしょう。余裕を持って来店することをお勧めいたします。

古銭として買取に出す場合

古銭として売却する場合は、古銭だけを扱っている「専門店」の方が買取価格が高くなる場合もあります。強い販売ルートや顧客を多く持っていたりするからです。

まとめ

古いお金が出てきた時は、まずいつの時代のものなのかを調べましょう。※古銭ショップでは穴銭・アルミ銭・スズ銭・現行貨幣といったものは買取しないところが多いので注意してください。

近代貨幣や。大判・小判や古金銀などといった貨幣が出てきた場合のみ古銭ショップに相談してみましょう。

わかりやすい明確な料金システム

ご相談のご連絡お待ちしてます