川崎市軽自動車税廃車申告書兼標識返納書

コーモドではスクーター・バイクの廃車手続き代行を行っております。
転居してしまいナンバーを取得した地域と現在の住まいが離れていて廃車手続きが出来ない。
廃車手続きしたいが役所が開いている時間帯に行けないといった理由など、ナンバーが付いたままのスクーター・バイクの廃車代行いたします。

バイクの廃車

バイクは原付バイク・小型バイク・大型バイクすべてにナンバーが交付されて取り付けてあります。不要となったバイクはそのままナンバーを付けていると税金がかかります。それを止めるには廃車手続きをしなければいけません。つまりナンバーの返納です。

この手続きに関しては原付バイク50cc~小型バイク125ccまではナンバー登録をした地域の市町村役場で廃車手続きが可能。126cc以上のバイクに関しては管轄の陸運局で行うことになります。

ご自身で廃車手続きする場合

原付バイク(50cc~125cc)は市役所や区役所といったところで配車手続きができます。記入書類は各市町村からもダウンロードできますし、現地で書類を入手し書いて提出でも構いません。
中型バイク・大型バイクはナンバーの地域の陸運局で廃車手続きとなります。必要書類(車体番号などが記載された登録書)を併せて提出します。
必要書類には認印(しゃちはた以外)が必要ですからお忘れなく

お住まいがナンバーの地域と離れたところに引っ越しした場合

実は郵送で廃車手続きも可能です。ナンバーを取り外し、記入を済ませた書類を同封して役所の税金を扱う部署へ送付。(宛先は事前に確認されることをお勧めします。)ただしこれは50cc~125ccまでのバイクに限った方法ですのでご注意ください。

廃車の前に税金を納付

廃車の手続きをする前に未納の税金がありましたら納付は済ませましょう。

 車種 排気量 重量税 軽自動車税
 原付 50cc以下 無し 2000円
 50cc~90cc2000円
 91cc~124cc2400円
 軽二輪 125cc249cc あり、4900円 3600円
 二輪の小型自動車 250cc以上 あり、1900円~2500円 6000円

税金の区切り

バイクの税金は月で区切りがあります。
3月31日までに廃車手続きが完了していれば、その年の税金の通知は来ません。しかし廃車手続きが4月1日であれば、残念ながら税金の支払いが発生します。

廃車代行手続き

ご自身でも廃車手続きは可能ですが、お時間の都合ややり方に自信がない場合に「廃車手続き代行」を行います。こちらで書類をご用意いたしますので、そこへ必要箇所へご記入していただくことになります。

その後はナンバーと書類を当社が代行で役所へ提出。廃車の手続きが終わりましたら役所からお客様の元へ廃車書が届く流れとなります。

廃車に必要な書類

バイクの廃車に必要な書類は原付~125ccまではナンバーの交付書というのがございましたらご用意ください。仮に無くても書類の作成は可能です

126cc以上のバイクに関しては管轄が陸運局になるため書類が必要になります。※もしその書類が無い場合には代行出来ない場合がございます。

廃車代行費用

ナンバー廃車手続き

原付バイク

~125ccまでのバイク 代行費用:5000円

オートバイ

250cc~のバイク  代行費用 :8000円~
中型以上のバイクの場合は廃車手続きにバイクの書類が必要です。
紛失の場合は代行不可。

バイクも同時に引き取りの場合

ご依頼時にバイクの引取りと併せてなら廃車手続き費用は無料で行わさせていただきます。

※無料回収が出来る車種のバイクが条件となります。

ご相談のご連絡お待ちしてます