放置バイク撤去処分

駐輪場や私有地に長年の置かれた放置バイクの撤去を行います。その手順方法や撤去の流れをご紹介いたします。

放置バイクとは

身勝手な理由で他人の私有地に置き去りにしてしまうバイクのことを主に言います。許可なくバイクを置き続けることで他の駐輪している人にも迷惑がかかります。そしていたずらによる盗難などが起きることも心配です。

そして放置バイクの中には盗難車の恐れもあるので警察(最寄りの交番)へ確認する必要があります。

乗らないことで不動となってしまったバイク

これもよくあるケースですが、バイクは毎日のように乗っていないと、バッテリの劣化により動かなくなるケースは稀ではありません。
動かなくなってしまうと、乗ることも面倒になってしまい、その存在すら忘れて放置状態になるケースです。
修理などをすれば再びエンジンはかかるとは思いますが、バイクショップまで押していけなかったりすることで放置されるケースがあります。

駐輪スペースに放置バイク

元々の住人が駐輪スペースに置いていたバイク。
たまにしか乗らずで、エンジンもかからなくなり、そして乗らなくなり住人が転居してしまった。
動かなくなったバイクだけが残されてしまった・・・

こういうケースはよくあります。こういった放置車両でも、きちんとした手順を踏んで対応していただければ、ご依頼人様にご負担を掛けずに無料で引取り出来ます。

誰も乗っていないバイクを置き続けるのは非常にもったいない話です。

私有地の管理されている方、地主の方の対処方

放置車両の場合はまず盗難車かどうかの見極めが必要です。
最寄の交番でのおまわりさんにナンバーなどから調べてもらいましょう。
盗難車で無いことが判ったら車両に撤去日を伝える張り紙をしてください。

期限が過ぎれば撤去に伺えます。

私有地の中にある車両に関して、これは私有地の管理者が対応しなければいけません。また、これを管理者が私有地外の違うところに移動して放置してしまうのも問題出ますので、管理下の元で対応されることをお勧めします。

車両が元々公道に置かれている場合

放置車両が行動に置かれている場合で、そのバイクを処理される方は少ないと思いますが、一応対応についてご説明いたします。
このようなバイクもまずは最寄りの交番などで、盗難の確認を行います。
公道に放置されているバイクは高い確率で、盗難による乗り捨ての可能性があります。
置いてある場所が行動なので、警察・もしくは行政によって撤去されることになります。

放置バイクの撤去の手順

  1. 警察へ盗難車の確認依頼
  2. バイクに警告文を貼る
  3. 期限に区切りをつけてバイクを観察
  4. 期限を過ぎたらバイクの撤去

放置バイクの回収

警察による盗難の確認を終えた原付バイク、車両放置警告の張り紙をして期限日を過ぎた原付バイク、これらを無料で回収行うことも可能です。
車種((例) ヤマハ・ジョグ)と状態と回収の地域をお電話でお伝えください。
原付バイク処分が無料で出来ます

引き取りについて

原付スクーターの回収作業はお電話一本でかんたんに回収できます。
ナンバーの付いたままのスクーターやバイクの廃車手続き代行いたします。ご相談ください

ご依頼から引き取りまでの流れ

ご相談のお電話をいただき、そのままご予約となった場合に配車の手続きとなります。
横浜エリア・川崎エリア・東京エリアの場合には最短で当日に回収にお伺いいたします。
ご都合の良いお時間に合わせてお引き取りします。

放置原付バイクの処分のご依頼はこんな方から多くいただきます。

アパート管理者、不動産管理会社様。マンション管理の自治会の方、私有地をご自身が管理されている方などからのご依頼をいただいております。
所有者不明の場合でもお引き取りいたします。

ご相談のご連絡お待ちしてます