空き家の活用方法と助成金などについて|横浜市

空き家の問題というのは横浜市でも問題になり始めており、すでに人口の多い街ですから今後の増加に懸念もされています。

法律の改正などでその時になってからでは手遅れになる場合もあります。事前に情報をキャッチしてより良い解決策を見つけるためにも横浜市で行っている空き家対策についてご紹介していきます。

空き家住宅の診断

空き家となっている住宅を再利用するにもまずはその建物が今後も利用できるものなのかを調べる必要があります。地震の多い国ですから、耐震基準と照らし合わせて検査をする必要があります。耐震基準をクリア出来ていなければ建物としての利用価値がなくなってしまいます。補強などによりリノベーションを行う必要性など、資格を持った方からの指導が必要になることでしょう。

横浜市では”木造住宅耐震診断士派遣事業”ということを行っています。人が住んでいる住宅であれば無料。空き家や賃貸の物件に関しては1万円で行ってくれます。

防災の意味でも古い建物であれば一度は診断をした方が良いかもしれません。

空き家の活用までの道筋

空き家といっても全ての住宅がそのままで使えるわけでもありません。それは立地的な問題で、利便性の悪い場所であったり、住宅をリノベーションによって改修してから利用すべきなど、検証を行ってから判断をしなければいけないということです。

横浜市ではチャート形式でどこに相談をすべきなのかという表があります。まずはこれをご参考ください。

空き家相談フロー

引用 横浜市建築局

神奈川県不動産鑑定協会:045‐661‐01280

横浜プランナーズネットワーク:045‐681‐2922

公益財団法人 横浜市シルバー人材センター:045‐847-1800

活用方法

空き家の活用方法として成功している事例としていくつか挙げてみます。

  • 個人住宅のリノベーション
  • 賃貸物件のリノベーション、学生シェアハウスなどに活用
  • 地域コミュニティとしてサロンとして活用、カフェやカルチャー教室として利用することで地域のつながりを強化
  • デイサービスのような地域に根付くような事業者の誘致、今後は高齢化も課題なので、デイサービスも地域にとってはありがたい存在になります。

空き家に関する横浜市からの補助金

横浜市では「空き家」というだけでの補助金は現在のところはありません。しかし、コンテスト形式であったり、古い木造住宅に対する改修のための補助金制度はあります。それらを上手く使い分けていけば費用の足しにすることは可能です。

横浜市助成金

引用 横浜市建築局

今後の空き家について

以前は空き家にしておいた方が更地にするより固定資産税が安いということから、空き家のままにされている人が多かったわけです。しかし行政もそのことについて危惧をして税制の見直しを始めています。変わりゆく税制ですから早めの対処が今後も必要になります。

そして建物の老朽化による倒壊という事故が起きる前に行動をするということが大切です。

粗大ゴミ収集と不用品処分の違い

片付けをしていて要らないものが出た時には粗大ゴミの収集、もしくは不用品処分として処理された経験があるかと思います。

同じようなゴミ処分と思われがちですがどのような差があるのかをご紹介していきます。

粗大ゴミの処理

粗大ごみの処理というのは一般的には行政のごみ収集のことを指します。30センチを超える物を「粗大ごみ」と呼び、普通ゴミでは収集しないものになります。

粗大ゴミで収集が出来るものと出来ないもの

30センチを超える物はおおよその物は粗大ゴミでも収集は出来ます。

しかし粗大ゴミではすべての物を引き取り出来るわけではありません。例えば冷蔵庫や洗濯機・テレビ・エアコン・衣類乾燥機は家電リサイクル品といって現在では行政の収集がありません。またピアノやバイクや金庫といった重量のあるもの、または長さが約1.8mを超えるような長すぎるものも引き取りしません。

万能ではないということです。

手数料

粗大ゴミの一番のメリットと言えるのは手数料の安さです。1点200円位から引取りしてくれます。数点だけ処理するなら粗大ゴミ収集が安いです。

粗大ゴミの困る点

粗大ゴミで一番困るのが運び出しです。小型の家電などは持ち運びには困らないので、誰にでも処理できるかと思います。しかし、大型家具などはどうでしょうか?まずお部屋の外に出すだけでも苦労するとは思いませんか?

それを決められた粗大ゴミ置き場まで自分で運ばなければいけません。場合によっては台車を購入してでないと運び出しが難しいこともあります。

料金の面では安いのがメリットの粗大ゴミですが、運び出しについては決して優しいとは言えません。

不用品処分の場合

不用品の処分業者をゴミ収集のように思われている方もいますが、粗大ゴミ収集と大きく違う点は、「運び出しのサービスがある」ということです。

粗大ゴミ収集で苦労する大型の家具の運び出しを代わってお部屋から搬出してくれるということです。つまり便利屋さん的な回収ということです。

どんなものでも回収している

粗大ゴミでは収集しないような重量物の引き取りや、家電リサイクル品といったものも回収できます。もちろんお部屋からの運び出しもします。

生ごみや危険物などを除けばおおよその物を回収しています。

その違いはサービスと費用

粗大ゴミの収集と不用品処分を比べた場合に大きな違いがあるのは「費用」と「サービス内容」です。

サービスの内容というのも、ただ要らないものを引き取りに行くことがこのお仕事ではありません。例えば仕分け分別が出来ていないお部屋で、依頼人が出来ないことを代行します。

例えばゴミ屋敷のようなお家であっても代行するわけです。こういったことは民間の会社でなければできません。

費用の面では不用品処分と粗大ゴミ収集を比べた場合には大きな違いがあります。出張費や運び出しの作業費も含んでいますから、最低でも数千円~がかかります。

例えるならタクシーとバスといった違いでしょうか。バスは安く目的地に行けますが、決まった時間で所要時間もかかります。しかしタクシーなら電話で迎えに来てくれますし、行きたいところにどこでも連れてってくれます。しかしコストはそれなりにかかります。

まとめ

不用品処分は暮らしを快適にするためのお手伝いをする便利屋的な役割をします。出来ないことや困ったことを解決するわけです。

ほんの少しのごみ処理であれば粗大ごみを利用するのが良いですが、急ぎの片付けや、人手が欲しいゴミ処理などで不用品処分の力が発揮できます。その利用を上手く使い分けるとっても便利になると思います。