東京都大田区南馬込の家財処分事例

南馬込で実際に行った一軒家の家財処分の作業かかった料金など、作業事例をご紹介いたします。

一戸建て

家財道具引取り

ご親族様の住宅を後見人の方が整理されるということでご依頼いただきました。こちらはすでに空き家の状態とのことでした。

今回いただいたお引取りのご依頼内容としては、収納の中の衣類や本など残っているものを全て仕分け分別を含めて依頼をしたいとのことでした。

その他では運び出しが大変な大型の家具や家電品、アップライトピアノといったものを含めてとなりました。

ピアノ

ピアノ搬出

間取り

一軒家のお住まいでしたが、間取りは4SLDKで120平米以上はあります。土地は40坪以上ありますからこれくらいの平米数は当たり前でしょう。最近の建物ではないので、2階建てのお家です。1階にリビングダイニングと和室、2階が居室3部屋と納戸という構成です。

荷物の量

それぞれのお部屋には程よく荷物が入っています。しかし一番詰まっていたのが納戸です。物置にとして使うわけですから多くても当たり前といえばそうです。次に多かったのが寝室。こちらのお部屋で多いのが洋服と本でした。中身がない状態での家財処分と、中身がある場合での処分では、お家によっても荷物の量は大きく異なります。こちらのお住まいでは洋服と本だけでトラック1台くらいになってしまいました。

全てをトータルすると約40立米以上の荷物がありました。一軒家でこれくらいの平米数のお家ですと平均的な量といえます。

家財処分時の荷物の量

部屋に溜まる荷物

和室

荷物の溜まった納戸

納戸

整理されていない寝室

寝室

荷物の溜まった部屋

片付いた部屋

必要なトラックの台数

約40立米の荷物となる場合にはトラックがどの位必要なのかということですが、そのトラックのサイズによっても異なります。屋根付きの箱型のアルミバントラックの場合なら10~11立米程度積めます(ものすごくきっちり積んだ場合です)。

しかし平ボディと呼ばれる屋根の無いトラックですとせいぜい7立米くらいになります。ですのでアルミバントラックなら4台くらいは必要な計算になりますし、平ボディなら6台くらいが必要になります。今回使用したトラックはミックスでしたので6台を要しました。

料金の目安

料金については作業にかかる日数というよりもどの位の荷物を積んでるのかで計算をします。トラック1台でいくらとも少し異なります。1立米辺りの単価が9千円~ですので、量が40立米程度ですから合計は36万円~となります。今回はかなり古いアップライトピアノも引き取りということになり、こちらは別途費用をいただくこととなりました。とはいえトータルで税込みで40万円強といったところで収まりました。手間のかかる中身付きの家財処分としてはかなりのお手頃価格だと自負しております。

なぜこの様な価格が実現できるのかというのも、買取をするからです。処分にかかる費用から買取金額分をマイナス。こうすることで最終価格がグンとお安くなるんです。

家財道具処分の費用の目安

作業にかかる日数

タンスや本棚など中身があるものはきちんと「リユース」「リサイクル」をするための分別をしなければいけません。仕分けの作業は4人がかりで行いました。それでも今回は手が足りないくらいの量でした。
スケジュール的には約2.5日をいただいていました。全てのものをゴミ扱いにすれば日にちは短くなります。しかしそれでは環境にもやさしくありません。こういったことを依頼主様にもご理解をしていただき、長めの作業日をいただきました。

ご依頼から終了までの流れ

  1. まず一番初めは作業現場でお見積もりから始まります。家財処分の場合は実際に見て見積もりを出すことが重要です。間取りだけでは「概算見積もり」となり決して正確な数字にはなりませんから。
  2. 費用にご納得いただいてからご成約となります。日にちと作業日を決定します。(数日かかる家財処分の場合には初回にお立会いをしていただき、鍵のお預かりをして最終日に返却といったやり方も可能です。)
  3. 決定した日取りで作業を行います。
  4. 作業終了後に家屋内の点検。ご依頼人の方に最終チェックを行っていただき、不備が無ければ終了となります。
  5. ご精算。

以上が大まかな流れとなります。

今回ご依頼いただいたお客様の声

作業が終わりお客様による最終確認をしていただきました。お客様も作業が困難な状況であることは把握されていたようで、片付いたお部屋を見られて本当に喜んで頂きました。それと同時にたくさんの感謝のお言葉もいただけました。

今回は天候に恵まれずやりづらい状況でしたが、無事に終わることが出来ました。

奈良県からヤマハのアップライトピアノの引き取り依頼

奈良県奈良市にお住まいの方からヤマハのアップライトピアノの引取りのご相談をいただきました。住宅のリフォームに併せて古いピアノを処分しなければいけないというのが理由のようでした。確かにピアノがあると作業の邪魔になりますからね。

ピアノ引取りの業者はいくつもあり色々と相談されたそうですが、その中で当社を選んでいただきました。古いピアノの処分引取り

ヤマハのアップライトピアノ処分引取り

日本のピアノメーカーの中で評価の高い存在としては「ヤマハ」と「カワイ」というメーカーがあります。人気のピアノメーカーということですので、通常ですと買い取りになることが多いです。しかし、メーカーの評価の次に重要なのが「ペダルの数」です。ペダルの数は現在は3本です。しかし以前は2本でした。

ではこの2本ペダルと3本ペダルでは何が違うのか?ということになります。

ペダルの数の違い

まずこのペダル自体の役割や効果としては、音を大きく響かせたり小さくしたりする時に使われます。その昔は2本が主流でした。その時代というのも今から40年以上も前のこととなります。

つまり”2本ペダル=古い(古すぎる)”ということになるわけです。

無料での引き取り

無料で引取りをするということは再利用を前提となります。しかしあまりにも古すぎる場合には需要が減ってしまいます。そこで現在は3本ペダル~が無料引取りの条件となっています。そして3本でも30年以上前のものも多くあります。

無料で引き取り出来ないものに関しても運搬費用をいただくことでお引取りは出来ます。今回の2本ペダルのアップライトピアノも運搬費用をいただいて引き取りとなりました。

引取りの地域

引き取りの地域は日本の各地域で行っています。奈良市ももちろん範囲内で、実際に引き取りに伺うのはその地域のピアノ専門の運送会社が集荷に伺います。

搬出作業

ピアノは非常に重量のあるものです。アップライトピアノでも200キロ以上はあったりします。やはり経験やコツが無ければ運べません。そして一番気をつけなければいけないのが、搬出時の住宅の損傷です。慣れていないと大事故につながりやすいアイテムの一つでもあるわけです。こういったことからもピアノ専門の運搬業者が運び出しをするというのはご依頼者様にとっても安心できるわけです。

ご依頼から引取りまでの日数

3月は非常に繁忙期で予約を受け付けすること自体が難しくなります。みなさん事前に予約をしていて直前には難しくなります。しかしその他の月は比較的落ち着いています。まずは集荷までの流れをご説明いたします。

  1. 引き取り依頼
  2. 運送会社から連絡
  3. 運送会社と日程調整
  4. 引き取り

おおまかな流れとしてはこのようになります。集荷のご予約をいただくと、こちらで運送会社へ依頼をします。そして運送会社からお客様へご連絡が入ります。

運送会社とお客様で直接日程調整を行っていただき引き取りの日を決定します。そして引き取りの日には運送会社のスタッフがピアノの搬出作業を行います。費用がかかる場合は作業スタッフにお支払いいただくことになります。今回のケースはご集金となりました。

フリーコール

川崎市幸区東古市場で家財処分

川崎市幸区でご依頼をいただきました。その作業内容や費用についてご紹介していきます。

東古市場で家財処分のご相談

お父様が住まわれていたお部屋のようで、ご兄弟からのご相談でした。まずは一度見積もりに来て欲しいということでしたので、即日でお伺いいたしました。市営住宅のとあるお部屋でした。

見積もり

お部屋の中をざっと見渡すと、第一印象としては結構すっきりしているなという感じでした。高齢のかたともなると、身体が不自由になりお部屋の整理もなかなか出来なくて荷物が溜まることが多いのです。しかし日ごろから整理をされていたのか平均的な量よりも少ない感じでした。

間取りは1LDKで介護用の電動ベッドがありましたが、それはリースということで返却されるので含まれないということ。タンスのような大きな家具類も食器棚一つだけとあとは冷蔵庫・洗濯機・テレビといった家電類。そして衣類です。

しかしこのお部屋で一番多かったのが「ビデオテープ」の山でした。押入れにかなりの本数がありましたね。これが唯一の大量にあったものです。

こういったものを含めてもおおよそ2トンの箱型トラック1台程度で納まる見積もりでした(最後に自転車の追加出ましたが)

作業は1日で、作業員は2名で足りるような内容でした。エアコンの取り外しやその他の諸々の作業もありましたが、~10万円(税別)でお見積もりを出させて頂きました。まだこのときはお見積もりだけでしたのでご依頼はいただけていませんでした。

【関連ページ】

家財道具の処分費用目安

正式なご依頼

ご兄弟でご検討されて正式にご依頼をいただくことになりました。お仕事をいただけるととても嬉しいです!お電話で日にちの調整をして作業日の決定となりました。

作業日

作業日当日は道具も揃えて準備万端です。朝は9時からの作業の開始。まずはお部屋の中でリサイクルするための仕分け分別から始まります。いつもこんな感じです。仕分けが進むと運び出しも始めます。下ろす順番を考えながら積み込みしていくんです。

やはりこのお部屋で一番量があるビデオテープ。まとめると重いですね。運び出し専用のバッグに詰め込んで出すのですがかなりの重量ありました。

大きな家具も家電も一通り運び出し、残るのはエアコンの取り外し。最初は床置きかと思っていた外機が吊り下げ式になっていて、そのブラケットも外さなければいけないということになりました。(こういうタイプだと一人で取り外しは少し危険ですが、2名作業なので安心です。)

エアコンも無事に取り外しが終わりこれで終了です。しかしお客様にも感心されるほど(笑)、かなりギリギリの詰め込みでした(画像無くて済みません…)本当にピッタリ。

かかった作業時間

箱型トラックで作業の場合ですと早い場合で約3時間ほどで終了することもありますが、今回は4時間強で終了となりました。3階のエレベーター付きのお部屋でしたが、やはり昇り降りがあると時間が取られますね。ですがまぁまぁの作業スピードでした。

まとめ

約半日ほどで終了となった家財処分でした。お客様も離れた場所で暮らされていて、お部屋のことが気になっていたようです。とりあえず綺麗に整理が出来たことでほっとしたご様子でした。こういった形でお手伝いが出来て本当に良かったです。

わかりやすい明確な料金システム

フリーコール

千葉県佐倉市からピアノ引取りのご依頼いただきました

アップライトピアノの引き取りを千葉県佐倉市からいただきました。

佐倉市といえば千葉県の北西部に位置する人口17万人ほどの町ですね。歴史的な建造物が多いことでも有名な街です。

今回のご相談者の方はご友人の方からいただいたというアップライトピアノだそうで、転居することになり不要ということで処分をご検討されていたようです。弊社にご相談をいただいたときには「無料引取りが出来るのなら…」ということでしたので、ピアノのメーカーと型式とペダルの数をお聞きしてお調べいたしました。

無料で引き取りの査定ポイント

無料でピアノを引き取りするときには査定をするいくつかのポイントがあるのでご紹介します。

  1. メーカー
  2. ペダルの数
  3. 型式番号

メーカーとペダルの数というのが一番重要で、(ヤマハカワイのようなメーカーであれば買い取り可能)すでに廃業しているメーカーや海外のメーカーなど様々あります。そして以前は2本ペダルでしたが、現在は3本のものが主流です。2本ペダルの場合は40年以上前のものが多く再販が難しくなります。

これらを踏まえてメーカーと3本ペダルと型式によって無料回収となります。

今回ご依頼いただいたピアノは「アトラス」というメーカーの3本ペダルでした。

一部の例外

査定のポイントをクリアしているものでも状態によっては無料引取りできない場合もあります。

  1. 水濡れしている場合
  2. ねずみなどによる被害がある場合
  3. ピアノの響板(きょうばん)割れのあるもの

これらは今までに引き取りしたなかでも希なケースなのですがご紹介しておきます。水濡れは大量の水を被ってしまったような場合です。火災で水を被るようなレアケースです。ねずみなどの害虫被害というのも、空き家で放置されたピアノなどでなければ滅多にありません。響板の割れというのは、場所はピアノの後ろ側なのですが木の縮みにより割れることがあります。もしくは何らか力を加えることにより破損することもあります。レアケースではありますが、こういったことが無ければ無料引取りとなります。

搬出のお部屋

引き取りのお住まいは集合住宅の1階。階段も10段未満というロケーションです。このようなお部屋であれば特に問題なく搬出していきます。運び出しはピアノ専門の運送会社が行います。

引取りまでの日程

ご依頼をいただきますと運送会社に集荷の依頼をいたします。そして運送会社からお客様のところに連絡が入り、そこで日程調整を行うこととなります。3月あたりは繁忙期でスケジュールを押さえるのも大変ですが、4月に入ってからは落ち着き始めました。

作業日当日

作業日にはピアノ運送会社のスタッフが集荷に伺います。無料引取りですのでお支払いもありません。無事に終了となりました。

引き取りしたあとのピアノ

20年以上も前の古いピアノで、手直しするところはかなりあります。しかし工場でしっかり修正されてまた再生されていくこととなります。

ご依頼ありがとうございました。

【関連記事】

古いピアノの処分と引き取り

フリーコール

大田区大森北で家財処分のご依頼いただきました

大田区の大森北で家財処分のご依頼をいただきました。

お母様が住まわれていたお部屋でしたが、息子さんからのご依頼で作業を行うことになりました。ご自身ではちょっと手がつけられないという理由からです。ロケーションとしては1DKのアパートですが、こちらの建物は車も入れない道路でしていわゆる裏路地のようなところにありました。

お見積もりに伺って状況を確認しましたところ、二階のお部屋で玄関も通路も狭く何を運び出すにしても少し困難な感じのところでした。そしてお部屋の中もお部屋の床も収納も荷物でいっぱい。ちょっとこれを一般の方が短期間で整理するのは難しいだろうなといった印象でした。

お仕事をされながら一軒分の片付けをするのって大変な労力がいるんです。ましてや見たところ2トントラック2台分で15立米くらいある感じでした。間取りからすると平均よりも多めの量です。少量ずつ小分けで出したならば、一ヶ月以上はかかるくらいの量はあります。時間的な余裕もないということで今回ご依頼の流れとなりました。

作業日当日ですが、車も建物の前には駐車できませんから、少し離れた場所にあるコインパーキングに駐車。まずはお部屋の中での仕分け作業から開始。きちんと分別することでリサイクルも出来るわけです。

約半日かけて仕分け分別を行い運び出しを開始。しかしトラックは離れた場所にありますから、人海戦術で台車でひたすら運搬です。これが結構時間がかかるんです。通常よりも人手を増やして対応しないと間に合いません。

都内にはいろんなロケーションのところがあり、やりやすいところもあればやりにくいところもあります(苦笑)

それでも約6時間ほどで2台分の荷物の運び出しを終えることが出来ました。最後には掃き掃除を行い終了です。

アパートお部屋

アパートお部屋

お客様はこの日には立会いすることが難しいということで、電話で作業終了のご報告をさせていただきました。そして無事終えたことに感謝のお言葉を頂きました。

今回かかった費用は通常よりも作業員を増員したことと、間取りにしては荷物の量があったということで~20万円の費用となりました。作業日数としては1日です。

【関連記事】

家財道具処分の費用の目安

大田区の不用品回収

わかりやすい明確な料金システム

フリーコール

 

品川区で洗濯機の無料回収

引越しや家財処分のときになど不要となって出る「洗濯機」について、どうしたら無料回収できるのかと思われている方もいるかと思います。洗濯機の無料回収についてご紹介していきます。

洗濯機

無料で引き取りが出来る洗濯機

不要となった洗濯機を無料で引き取りするわけですから、どんな状態のものであっても引き取り出来るというわけでもありません。基本的には使用が出来るころが前提となります。

引き取り条件

「無料引取り」だけの回収は行っておりません。その他の不用品引取りと併せて、無料回収できるものは無料でお引取りをさせていただいております。

動作するもの

使用するにあたって問題なく動作することが大切です。そしてボタンなどの欠品や破損がないということも重要です。

年式では7年くらいまでが目安

無料で回収するにしても、動くからといって10年も経っているものでは再販は難しくなります。グレードやメーカーや状態にもよりますが「7年くらい」までが無料回収の目安となるでしょう。

外観の状態や日本製であること

メーカーは日本製であることが条件となります。「ハイアール」や「LG」といった中国・韓国産のものは新品の元々の上代が安いため、中古品としての相場も低くなります。そのため無料回収は難しくなります。

使用状況によって外観に傷みや経年劣化の激しいものはお引取りできない場合があります。

作業事例

お引越しに伴って、東大井にお住まいの方から家電製品が不要ということになりご相談をいただきました。年式などをお聞きすると大半のものが5年前後ということでした。シャープやパナソニックといった日本製のメーカーなので買取もしくは無料引取りが出来そうなものばかりです。

実際にお品物を拝見させて頂くと、冷蔵庫は3年前のもので洗濯機が6年前のものでした。今回は冷蔵庫はお買取させて頂き、洗濯機は無料回収ということになりました。

それ以外にもいくつか不用品があり、それらも回収となりました。すべてのものを相殺すると実質0円での引き取りという結果になりました。これにはお客様もご満足いただけたようです。

品川区内までの引き取りにかかる日数

品川区までのお引取りに関しては、最短であれば即日からも対応が可能です。予約の状況しだいですので、お急ぎの場合は一度ご相談ください。

また日時指定も可能ですので、ご希望のお日にちがございましたら事前予約をお勧めいたしております。

品川区内の収集エリア一覧

荏原 大井 大崎 勝島 上大崎 小山 小山台 戸越 南品川   中延   広町 二葉 東八潮 東五反田 西大井 西中延  西五反田  西品川  旗の台 平塚 東大井  東中延 東品川  南大井八潮   豊町

引取りまでの流れ

お引取りに関して、まずはお電話でご相談をください。日程調整を行いお引取りの日にちを決定いたします。

収集日に弊社スタッフがお引取りに伺います。スタッフがお部屋の中から運び出しまで全て行います。

【品川区での引き取り関連】

品川区の不用品回収

品川区の粗大ごみガイド

品川区でベッドの引き取り作業事例

わかりやすい明確な料金システム

フリーコール

品川区でベッドの引き取り作業

引取りの依頼の中での件数が多いのが「ベッド」です。やはりサイズや重量がネックとなり粗大ゴミでは運べないという理由からご相談されることが非常に多いです。品川区で行ったベッドの引き取りについてご紹介していきます。

ベッド

品川区ベッドの処分のご依頼

ご相談者の方は女性の方で、「ベッドが部屋から出せない」ということでご依頼をいただきました。電話見積もりで料金をお伝えして、費用にご納得いただき即ご依頼という流れになりました。

ベッドには種類やサイズがある

ベッドと一言で言っても、種類やサイズも様々です。折りたたみベッド・パイプベッド・収納がついた引き出しタイプのベッドや跳ね上げのベッド・木枠ベッド・一体型ベッド。そしてサイズもシングル・セミダブル・ダブル・クイーンといったように分かれます・

粗大ゴミでも処分は出来る

基本的にはベッドは品川区の粗大ゴミでも出すことは出来ます。エレベーターが付いているマンションやゴミ置き場が近くにあるのであれば出しやすいですが、離れている場合は少し手間です。粗大ゴミセンターに申し込みをして手数料分の「粗大ゴミシール」を貼って収集日の朝に出せばOKです。※住所氏名を記名する

不用品として依頼された理由

不用品として回収の依頼されるケースとしては、「搬出が出来ない」という理由からです。もし仮に出来るのであれば、粗大ゴミでも出せるわけですから、無理に業者に依頼をしなくてもいいわけです。

運び出しが出来ない

今回のベッドは「一体型」の木のフレームとベッドマットが一つになったタイプのものでした。通常のマットレスであれば柔軟性もありますし、スプリングだけですから少しは軽いです。しかし一体型はスプリングと木のフレームが一緒になっているため重量があります。約30キロといったところでしょうか。それを持ち上げて粗大ゴミ置き場までを階段で下ろしてというのは女性の方には少し無理がありますね。

お部屋からの運び出しも基本的にします

不用品の回収業者というのは「運び出しの作業代行」というのが本来の趣旨でして、ただの収集というだけとは少し違います。引越し業者のような技術でお部屋から運び出して引き取りをするというのがこの仕事なんです。

今回のロケーションと作業内容

アパートの二階からの運び出しでした。ベッドはお部屋から運び出すときにはいつも立てて出すのですが、決まって玄関のドアの鴨居に当たってしまうんです。ドアの方が高さが低い。まだ玄関だけでなら良いのですが天井が低いところはちょっと厄介です。

このお住まいでは立てることは特に問題ありませんでした。しかし玄関出ての通路が狭いため、上手にベッドを回転させないと出ていきません。こういったところもいつもの経験がありますから、難易度としては低めでした。

ご依頼のお電話の時には、「重たいベッドで通路が狭くて…」とご心配されていましたが無用でし(笑)

シングルサイズくらいの一体型ベッドであればいつも一人で運び出しは十分可能です。もちろん女性や高齢の方にとっては難しいかも知れません。しかし私たちは運びのプロですから。これくらいのことはいつものことです。

仮にこれがダブルサイズとなると横幅が140センチ以上あるので一人で抱えるのは難しくなり2名での搬出となります。

引き取りにかかった費用

今回のタイプのベッドの引き取りの費用は交通費・運び出し作業費などを含め8500円税別となりました。

ベッドの運び出し処分にお困りの時にはお気軽にご相談ください。

【関連記事】

品川区の不用品回収

品川区の粗大ゴミ料金

品川区で評判の不用品回収業者

品川区で引越しゴミの処分

わかりやすい明確な料金システム

フリーコール

宅配による不用品回収と業者探し

 不用品の回収は最近では出張引き取りだけではなく宅配による引取りを行う業者も出てきました。その方法についてなどをご紹介していきます。

ダンボール

宅配で不用品回収とそのメリット

宅配で不用品を送るというのは自分のタイミングで整理をすることも出来ます。電話をして来てもらうことを待つ必要もありませんから、梱包が出来たら発送すれば良いだけです。

近くにリサイクルショップや回収業者がなくて来てもらえない人にとっても有効な方法ですね。

宅配で送れる主な品目

どんな不用品であっても宅配で送れるわけではなくて、ある程度決まった品目のみとなっています。会社によっても品目に差がありますが、一般的に主なものを挙げてみます。

パソコン(CRTモニターを除く,スペック不問)・衣類・バッグ・靴・ぬいぐるみ・食器・置物・飾り物・アクセサリ・おもちゃ・スポーツ用品・釣具・工具・楽器・ベビー用品・日用雑貨・文房具・贈答品・ミシン・ゲーム機・ゲームソフト・CD・洋楽レコードなどがおおよその対象です。

しかし破損しているものなど使用が不可能なものについては含まれません

項目に入っていないものを混ぜない

その会社が「引き取り品目」として挙げていないものは宅配で送らないというのが基本です。送ってしまったことで後から余分に金額を請求されてもいやですし、送料さらに負担して送り返されても面倒になります。

宅配で送られた不用品の行く末

宅配引取りされる不用品というのは、主に海外に輸出されるものと日本国内で流通するものと仕分けされます。大半が海外に流れるものが多いのが現状です。海外といっても「フィリピン」のような東南アジアであったり、アフリカであったりと様々です。日本の中古品は世界で人気なんです。日本人が簡単に捨ててしまうものも海外の人たちは大切に使ってくれるのです

手数料・送料などの負担金

不用品を引き取ってもらうためには、送料・もしくは手数料を支払う必要があります。会社によって金額も異なります。ダンボールのサイズによって送料も手数料も変わるのが一般的なようです。

以前はパソコンなどは着払いで送って「無料」というところもありましたが、パソコンの中古価格自体が下がってしまっているので、最近では送料くらいは負担しなければいけないところが増えつつあります。

ゴミにならないのでエコに繋がる

不用品を行政のゴミ処分にしてしまえば、焼却であったり再資源化によりバラバラにされてしまいます。しかしリユースをすれば「ごみ」として扱われないので、エコにもなります。

ゴミにしないことによる心情的にも負担は減る

自分が使っていたものや家族が使っていたもの。不要であるものの、ゴミ処分にするのは気が引ける。誰かに使ってもらえたらな?と思う人は意外と多いです。

宅配を行っている業者は限りがある

不用品回収業者は多いけれど、宅配で不用品の引取りを行っている会社はまだまだ少ないです。主に海外輸出を自社でやっているようなところが宅配も行っているケースが多いです。

宅配不用品回収を行っている業者

宅配で不用品回収を行っている業者をいくつかご紹介していきます。そしてサービスに違いもあるので、それらを比較していきます。

パワーセラー

https://www.2060.jp/

パワーセラー

使える物ならダンボールに詰めて送れば何でも引取りをしてくれます。ただし送料は自己負担となるので、ダンボールのサイズによって料金が変わります。

買取王子

株式会社ティーバイティーが運営するサイトです。

買取王子

買取も行っている会社で、買取の場合は送料などは無料ですが、買取にならない不用品に関しては費用がかかります。ネットで申し込みをするとダンボールが届き、その中に不用品を詰めて送るのですが、1箱あたり2000円がかかります。(全国一律)送料と合わせると3500円~4000円くらいは必要になりそうです。

パソコンダスト

https://www.fuyohin23.net/

パソコンダスト

こちらの会社はパソコンなど主に家電品を対象とした引取りを行っています。対象のものであればご自身で箱を用意すれば「着払い」で送ることができます。ただし着払いで送れる会社が「佐川急便」と「ヤマト運輸」に限定はされているので注意が必要です。

まとめ

使い方によっては手軽に片付けが出来る「宅配不用品回収」ですが、全ての会社が行っているわけでもなく、手数料であったり送料がかかるケースもあります。その費用がまとめると結構かかる場合もあるので、近くの回収業者による出張回収のほうが安く済む場合もあるので、安易にネット申し込みをする前に検討してから依頼をされることをお勧めいたします。

わかりやすい明確な料金システム

フリーコール

地域によってスプレー缶のゴミ収集の方法に違いあり

スプレー缶というのは「燃えるごみ」や「燃えないごみ」といった通常のごみに混ぜて出すことが出来ないものでもあります。なぜかといえば火災の原因ともなるからです。

過去にもゴミ収集車の中で爆発をしたという事例もありました。ですから、ゴミ出しするときには注意しなければいけないものの一つでもあります。

しかし地域によっても、その出し方が異なっていたりするので、東京・横浜市・川崎市といった地域でどのような違いがあるのか?と不用品回収業者などに依頼する場合でご紹介していきます。

スプレー缶の処理

スプレー缶を処理するときにですが、基本的には「全部使い切る」ということが前提となります。しかし大半の方で全部を使い切ることが出来た経験は少ないことでしょう。結局残ってしまうことが多いんですよね….

ですがこれをゴミ処理するためには中身を出し切らなければいけません。いきなり穴を開けようものならガスが噴出してしまいます。

屋外で出し切る

屋外でスプレー缶を噴射。人気のないところで行うようにしてください。そしてタバコを吸いながらなど火気の近くでは絶対ダメです。引火して危険なことになること間違いありません。

全てを使いきってしまい、穴あけをする器具が売っていたりしますが、東京都・横浜市・川崎市では穴あけをする必要はないようです。「使いきる」ということが一番大切なこととなります。

東京都世田谷区の捨て方

東京都世田谷区では穴あけは穴は開けずに、不燃ごみとは別の袋に入れて出すようにとあります。

スプレー缶世田谷区

東京都大田区の捨て方

東京都大田区では中身を全部使いきり、中身の見える袋に入れて、「資源ごみ」の日に出してくださいとあります。

スプレー缶捨て方

東京都狛江市の捨て方

東京都狛江市では中身を使いきり「発火物の日」に出してくださいとあります。燃やせるごみや燃やせないごみの日には混ぜないことが重要なようです。

狛江市のスプレー缶捨て方

横浜市の捨て方

神奈川県横浜市では「燃やすごみ」の日に出せます。ただし混ぜて出すのではなく、別の袋に入れて中身が見えるように半透明の袋に入れなければいけません。中身は全て出し切ってから入れるようにするのが重要です。

横浜市のスプレー缶の捨て方

川崎市の捨て方

神奈川県川崎市の場合は、キャップが付いているものは外し中身を使いきる。そして空き缶などの「資源ごみ」の日に出すことになります。

そしてどうしても中身が出せない場合に”中身あり”と張り紙をして、「小物金属」の日に出します。

中身の有り無しで出す曜日が変わるところを注意してください。

川崎市のスプレー缶の捨て方

見比べてみると分かると思うのですが、どこの地域も基本は「使い切る」ということが書かれています。そして穴あけは必要ないということです。

ただ出し方が燃えるごみ・燃えないごみ・資源ごみ・小物金属など地域によって異なっているのが分かりますね。転居した際は不慣れなこともあるので、注意して出すようにしましょう。

穴あけの注意と危険性

スプレー缶になぜ穴を開けないように指導するところが増えているのかというと、やはり火災の原因に繋がるからです。火気の近くで穴を開ければ引火による爆発が起こる可能性もあります。ですから最近ではむやみやたらに穴を開けないように言われるようになりました。

回収業者に依頼

業者に依頼してスプレー缶を回収してもらうときには特に使い切る必要はありません。回収業者が適切に使い切る作業を行い、分別をして処理するからです。

わかりやすい明確な料金システム

フリーコール




「土」の処分方法と引き取り

園芸、ガーデニングといった趣味を持たれる方も多く、お家に緑があるというのはとっても気持ちがいいものです。プランターを購入して食物を育てたりお花を植えたりして鑑賞されたりと様々です。しかしそのプランターに入った「土」ですが、不要となったときが困ります。その処分方法や引取りについてご紹介していきます。

プランター
SONY DSC

土の処分

土というのは「燃えるごみ」のような普通ゴミとしては取り扱われていません。ですからゴミ袋に入れてゴミ置き場に出すということは出来ません。これはおおよそどこの自治体でも同じことだと思われます。東京都品川区や武蔵野市のように一部の地域では収集している場合もあるので事前の確認は必要。

土はゴミとして扱われない

土というのは自然の中にあるものなので、「ゴミ」として扱われていないのです。これは砂や砂利といったものも同じで、「自然物は収集されない」ということなんです。プランターに入る土というのは70センチサイズくらいのものであれば7キロから10キロくらいになり、運ぶにも処分自体も非常に手間何です。

工事現場などから出る土ですから、「産業廃棄物」の扱いでもありません。だからといって一般廃棄物でもないものになるわけです。

環境省ホームページ

https://www.env.go.jp/hourei/11/000516.html

廃棄物の処理及び清掃に関する法律の施行について

 2 廃棄物の定義

  1.   (1) 廃棄物とは、ごみ、粗大ごみ、汚でい、廃油、ふん尿その他の汚物又はその排出実態等からみて客観的に不要物として把握することができるものであって、気体状のもの及び放射性廃棄物を除く。固形状から液状に至るすべてのものをいうものであること。
        なお、次のものは廃棄物処理法の対象となる廃棄物でないこと。

    1.    ア 港湾、河川等のしゅんせつに伴って生ずる土砂その他これに類するもの
    2.    イ 漁業活動に伴って漁網にかかった水産動植物等であって、当該漁業活動を行なった現場附近において排出したもの
    3.    ウ 土砂及びもっぱら土地造成の目的となる土砂に準ずるもの

行政の見解

東京・横浜・川崎の行政ではどのような扱いをしているのでしょうか?

東京都ではほとんどが収集を行っていません。しかしいくつかの地域では回収を行っているようです。

そして土に関しては行政としてもはっきりと指導が出来ない状況です。

品川区の場合

http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/PC/kankyo/kankyo-gomi/kankyo-gomi-recycle/hpg000020574.html

不用園芸土 家庭で不用になった鉢植え等の園芸土
(異物を取り除いたもの)
一度に出す量は、プランター2個分くらいまで 

枯れた植物の枝や根、石などの異物が混ざった園芸土

腐敗した土や園芸土ではない土

事業所から出された土

 

武蔵野市の場合

http://www.city.musashino.lg.jp/kurashi_guide/gomi_kankyou_eisei/gomi_dashikata/gomi_bunbetsu/1004819.html

武蔵野市ホームページ

横浜市の場合

http://qa.city.yokohama.lg.jp/search-detail/683/

横浜市ホームページ

川崎市に関してはホームページには土の処分に関しての記載がありませんでした。ですので、「生活環境事務所」に問い合わせをして確認しました。

担当者によると、一度に大量でなければ”普通ゴミ”(燃えるごみのこと)で処理できるそうです。そして公園に撒いたりする行為はしないようにということでした。

処分の方法

このプランターの中にあるものを処分する方法ですが、まずは根っこや木などは切り落としましょう。切り落とした植木や食物などは「燃えるごみ」として処分は出来ます。「土のみ」を集めるようにしましょう。入れる袋はビニールですとすぐに破れてしまうので、土嚢袋が便利です。ホームセンターなどで購入が出来ます。

植え込みや河川に撒く

道路の植え込みや公園や河川といったところに撒くことはどうなのでしょうか?疑問に思ったので「東京都建設局」に尋ねてみました。回答としては曖昧な答えが返ってきました。

  1. 河川を汚す行為はしない。
  2. 汚れた土は廃棄物となる
  3. 土に混ざる肥料に混ざる成分が汚す可能性

基本的に河川を汚す行為は禁止です。土の中にコンクリートや土以外の不純物が混ざっている場合の土は廃棄物扱いとなり、土に混ざっている肥料も成分がはっきりしないと汚すことになる可能性があるというのです。では、「混じりっけなしの汚れの無い土であれば撒いてもいいのか?」の質問に対しては、「出来れば謹んでいただきたい」という回答でした。結局はお役所としては答えにくい質問だというのが率直な感想です。

そして「清掃局に尋ねてみてください」とのことですが、これも”たらいまわし”的な感じです。清掃局でも「土はゴミで出さないで」と言われて相談しているわけで、それが出来るなら皆さん困らないわけです。ですが、土の処分にはどこも受け入れは拒むような姿勢な印象でした。

持ち込み出来るところ

プランターから出した土だけを持ち込みで処分は出来ないの?と思われるかたがいるかも知れません。そこで土を処分してくれるようなところもご紹介いたします。ただし引き取りは無料ではありませんから。数百円~数千円の手数料がかかります。どの位の量を処分するかによって費用が異なります。

建材店

建材店イメージ

主に残土や砂利などを取り扱っているところです。都内や都心にはあまり多くありません。特に一般向けでもなく、建設業者向けですので、「入りにくい」と感じるかもしれません。ですが、もし困っているのであれば一度相談されるのもよいでしょう。ただし現地まではご自身で運ばなければいけませんし、運びやすいように土嚢袋などに入れて持ち運ばれるのをお勧めいたします。

こういった業者は基本がトラック単位なので、1台で数千円程度。ですから、土嚢袋に入れてなら高額にはならないと思います。

ホームセンターに相談

土を販売しているホームセンターに相談されるのもよいでしょう。必ず受け入れをしてもらえるわけではありませんが、中には対応してくれるところも見つかります。こちらの手数料はそれぞれ確認が必要です。

回収業者へ依頼

土の処分に困ってしまったら、不用品回収業者に依頼をするのも方法の一つです。不用品回収業者の場合なら、植木や根っこと土を分ける必要もありません。プランターごと引取りをしてくれます。そういった分別の作業費用も含まれてしまいますが、手間を掛けたくない方にはおすすめです。

もちろんお庭やベランダに置かれている状態から運び出しをしてくれるので、持ち運びに困っておられる方には大きなメリットがあります。

まとめ

プランターに入っている土というのは、行政ではゴミ扱いとならないため、収集を行っていないところが多いです。ただし一部では行っていますから要確認です。

ご自身で持ち込みするのであれば「建材店」や「ホームセンター」に相談されることをお勧めいたします。

土と植木をプランターの分別が面倒。持ち運びが大変で出来ないといったことで困られているのであれば「不用品回収業者」に依頼されると良いでしょう。面倒な分別や運び出しを全て行ってくれますから、手軽に整理が出来ます。

わかりやすい明確な料金システム

フリーコール