横浜市泉区でバルセロナチェアの引き取り

バルセロナチェアとは、ドイツ人建築家のミース・ファン・デル・ローエによるデザインで、バルセロナバンコク博覧会の時に発表されたチェアです。

デザイナーズな二人掛けソファですが、これは「リプロダクト」と呼ばれるもので、正規品のコピーではないのですが、デザインの使用を許されたもので、正規品より安価に製作されたものです。

リプロダクトされるというのもその優れたデザイン性が評価されて、多くの人に指示をされたからこそでもあります。

泉区へ即日の引き取り対応

今回はお客様から即日の引取りのご希望がありました。当社は迅速なサービスをモットーにしており、この日もお時間に猶予をいただき当日回収をすることになりました。

お客様によっては「片付け」をすぐにしたいからご連絡されるかたも多くおみえになります。そのご希望を叶えるために、柔軟な受付を行っています。

現地での運び出し

お客様のところへ到着すると、早速運び出しを始めます。今回は二人掛けのソファを二脚のご依頼でした。

お部屋は一階なので、比較的作業は易しいです。そして、このバルセロナチェアは座面が外れるので、重量も軽くなり運びやすいです。

ソファ

引取りまでの流れ

引取りのご希望が当日の場合、その日の予約状況によって到着時間が決まります。すでにいただいているご予約の合間で、最適なルートで承ります。

その場合には細かくお時間のご指定が出来ない時もありますので、予めご了承ください

引取りの料金

引取りの料金は「ソファー」といっても人数や形状がそれぞれ異なります。運び出しのお部屋の回数など作業状況もお住まいによって異なります。お電話にてそれぞれの料金を算出してお答えさせていただきます。

対応出来るエリア

今回は泉区での引き取りでしたが、横浜市内全域・その近郊地域。川崎市・東京都内も不用品の引き取りにお伺い出来ます。

サービス内容

不用品の片付け、引き取りなど1点から行っています。少量から大量の家財処分まで承っています。

サービス一覧

わかりやすい明確な料金システム

ご相談のご連絡お待ちしてます

ミシンの不用品引取り

ミシン

小さな子供さんがいるご家庭では、洋裁をすることも多く何かと使うことがあるのが「ミシン」です。衣装づくりを始めちょっとした縫い物で使われたりします。

ある期間は頻繁に使うことがあっても、その頻度は少なくなり不用品として処分で出て来ることも多くあります。

ミシンの種類

  • 電動ミシン
  • 電子ミシン
  • コンピューターミシン
  • コンパクトミシン
  • 職業用ミシン
  • ロックミシン

主にこういったミシンがあります。基本的には縫うことは変わりはないのですが、素人の方が使いやすいものとプロの人向けの物とで機種が異なります。

価格も当然プロ用はかなりお高い価格となります。

引取りの価格

ミシンの引き取りの価格は一台500円からとなります。テーブルと一体型となったようなタイプの場合は重量もあるので、運び出しのロケーションも含めてのお見積りとなるのでご相談ください。

ミシンの引き取りの単価は500円~ですが、1回収あたりの費用は異なります。料金体系・システムをご参照ください。

運び出し

ミシンの引き取りはお部屋の中から運び出しいたします。小さなコンパクトミシンであれば持ち運びは結構簡単です。しかし、職業用のミシンともなると結構重たいです。数キロはありますので、女性の方や高齢の方からすると少し負担に感じるかもしれません。

引取りのご依頼いただいた場合にはお部屋の中から運び出しをしますのでご安心ください。

故障品でも構いません

お引取りをするミシンは動かなくなった「故障品」でも構いません。破損品など、不動なものでも大丈夫です。

回収までのお日にち

即日から回収のご依頼は可能です。ちょっとした時間に片付けがしたいなど、急な引き取りにも対応いたします。

わかりやすい明確な料金システム

ご相談のご連絡お待ちしてます

愛知県名古屋市からのピアノ引き取り依頼

今回は愛知県からピアノの引き取り依頼をいただきました。

愛知県というとピンとこない方も多い県ですね。「名古屋」というとほとんどの人が分かるという、市の存在が大きい印象の件です。その名古屋市からのご依頼でした。

名古屋市といえば日本の3大都市のひとつにも数えられる街で人口約230万人ほどが暮らしています。「尾張名古屋は城でもつ」という言葉があるように、立派な名古屋城があることでも有名です。金のしゃちほこですね。

 

ちょっと話が脱線してしまいましたがw、ピアノの引き取りの依頼をいただいたメーカーは「カワイ」のピアノです。いつもご相談をいただいた時に確認する事項として、1・メーカー 2・ペダルの数をまずお聞きしています。カワイや・ヤマハというのはピアノの中ではエリートです。古いモデルでもほぼ無料引き取りになることが多いです。しかしペダルの数というのも重要でして、3本ペダルでないと引取りでいない場合もあります。

今回はペダルの数は3本ということで問題ありませんでした。

(※よくお客様に聞かれるのが、ピアノの汚れやほこりなどについてが多いです。お引取りしたピアノは工場でメンテナンスされるので汚れなどはマイナスの査定にはなりません。マイナス査定になることとしては、ほとんどありませんが、水濡れやネズミの被害に遭われた時くらいです。)

そして次にお聞きするのが、「ピアノの置いてある場所」です。

一軒家なのかマンションなのか。そして一軒家なら一階なのか二階なのかが重要です。一階であれば時に問題ありません。運送業者は方にベルトを掛けて2名で運び出していきます。重さは200キロ以上もあるんですけどね。w

こちらのお住まいは2階に設置していたようです。それではこの場合はどうなるのかですが、搬入の時にはクレーン付きトラック(ユニック)で吊り上げて搬入したそうです。それであれば同じように吊って搬出するしかありません。

それでは費用はどうなるの?というところですが、通常であればユニックでの吊り下げ作業は別途費用がかかるところですが、引き取りをするピアノが「カワイ」の3本ペダルであったことから、作業費をこちらで負担させていただくこととなりました。

お客様への負担金は0円ということになります。

弊社ご依頼をいただく場合ですが、搬出にあたるのはピアノなどの引き取りを専門とする運送業者が運び出しを行います。超重量物ですから運び出しの時に住宅に被害があっては大変です。

そういったことでも専門業者が行うというのはお客様にとっても安心の材料ともなることでしょう。

名古屋市の西区での引き取りということで、愛知県内のピアノ運送業者を手配させていただきました。

ピアノの無料処分引取りのご相談がございましたら、お気軽にご相談ください。愛知県内全てのエリアで対応可能でございます。

栃木県足利市よりピアノ引取りのご依頼

栃木県足利市よりヤマハのピアノの引き取りの無料引き取りのご依頼をいただきました。

足利市は栃木県の中でも南部の地域で群馬県や埼玉県にも近い場所にあります。

引取りをしたピアノ

今回引き取りをしたのはペダルが3本のU1というモデルです。製造年は20年以上は前の物となります。

こちらのピアノがご不要となり処分をしたいということでしたが、「廃棄」となると費用はかなりかかるので、費用がかからないということを前提のご相談でした。

こちらのモデルのピアノでしたら栃木県内では無料引き取りが可能です。ピアノが置いてある場所も一軒家の一階で階段も10段以内ということですから、完全無料でのお引取りとなりました。

搬出作業

搬出を行うのはピアノ専門の運送業者が行いますので、安心の作業です。

アップライトピアノといえども、200キロ以上はあります。下手に動かして家屋を破損しては大変なことになります。

やはりここは手馴れた業者が行うのが一番良いですね。

ピアノ無料回収のポイント

お客様からご相談される中で、「無料回収」になるポイントとがあります。それは「メーカー」と「ペダルの数」です。メーカーはヤマハ・カワイというのを筆頭にディアパソンやフクヤマピアノなどがあります。それと同時にペダルが2本なのか3本なのかによっても無料引き取りが出来るかどうかの差が出ます。

このペダルの数というのは、簡単に言うと製造された時期ということです。

2本の物は30年もしくは40年以上は前のものとなります。ここまで古いものとなってしまうと、再生修理をしても需要がなくなるため無料回収が難しくなります。

現在無料回収を行っているピアノというのは全て日本国内での買取が出来ないような古いピアノばかりです。

メンテナンスを行い海外などに輸出されるものがほとんどです。

弊社では古いピアノを処分廃棄ではなく有効的に利用できる引き取りを行っています。

ご依頼からお引き取りまでにかかるお日にち

ピアノの引き取りのご依頼をいただいてから集荷にお伺い出来るお日にちは翌々日~となります。しかし予約状況などによっては1週間先になる場合もありますので、お日にちが決まっている場合には早めのご相談が良いです。

栃木県内でピアノの処分でお困りの場合にはご相談ください。

福岡県からピアノ引取りのご依頼いただきました

ピアノ

ピアノの引き取りを頂きました。メーカーとペダルの数をお聞きしたところによると「ヤマハ」のピアノということです。

随分古いピアノらしいですが、この条件であれば無料引き取りは可能です。

ピアノの種類と引き取りの対象

今回のピアノはヤマハのピアノでしたが、無料引き取りになるかどうかで重要なのが、ペダルの数です。ペダルの数には2本と3本がありますが、その違いは何なのか?です。それは製造された年代です。2本のものは40年以上前のモデルの場合があります。

現在無料引き取り出来る基準が3本なので、2本の物は相当古いということになるわけです。

引取りの地域

今回は福岡県の宗像市というところです。ピアノ引取りは福岡県以外では長崎・熊本・宮崎・鹿児島・大分・佐賀といった九州地方全域でも可能です。

その地域のピアノ運送業者がお伺いすることになります。

ピアノの搬出

ピアノはアップライトのピアノであっても250キロ以上はします。簡単には運び出し出来ない代物ということになりますね。

引取りのご依頼をいただいた場合には、ピアノ専門の運送業者に集荷の依頼をします。やはり専門業者の方が運び出しも安心しますよね?

しかしピアノ運送やさんのすごいのはスリング(ベルト)をピアノに巻いて、それを肩に掛けて持ち上げるんです。簡単にやってのけますが、実際には楽ではないですよ(笑)

引取りまでにかかる期間

ピアノの集荷をいただいてから引取りにまでかかる期間ですが、一応は中一日空けていただければご予約は可能となっています。しかし予約状況によっても異なります。

今回はお盆休みを挟んでしまうので、集荷までには少し時間がかかってしまいました。

無料で引取りをされたピアノ

無料で引取りをされた後のピアノですが、悪い箇所などがあれば修復などを行います。復元された後に出荷されていきます。古くて傷んだものもきちんと修正されるわけです。そして新たな持ち主に使われるのを待つわけです。

引き取りのお見積り

ピアノの引き取りのお見積りは電話で可能です。お電話でお伝えいただくことは

  • ピアノのメーカー
  • ペダルの数
  • (分かれば)型式番号
  • お住いについて。一軒家もしくはマンション
  • 10段以上の階段下しのあり、無し
  • 運び入れた時にはクレーン車を使用したか使用していないか。

こういったことを教えていただくだけで、買取もしくは無料引き取りの見積もりを算出することは出来ます。

御用の際にはお気軽にご相談ください。

ご相談のご連絡お待ちしてます

 

アトラスのピアノ引取り依頼

ピアノ

栃木県からピアノ引取りのご依頼をいただきました。アップライトピアノの3本ペダルの物です。古いピアノですが無料で引取りをご希望されていました。

栃木県も引き取りの対応エリア

栃木県もピアノの引き取りは対応しています。弊社にご依頼をいただいた場合にピアノ運送会社に集荷の依頼をかけます。その運送会社の支店などから集荷に伺う仕組みです。ですので栃木県内でも引き取りは可能なわけです。

アトラスのアップライトピアノ

ピアノメーカーは各社あります。しかし古いピアノで無料引き取り出来るかはペダルの数にもよります。

現在は3本が一般的ですが、以前は2本ペダルでした。この2本ペダルのモデルは30年以上は昔のモデルとなります。そこまで古い物ですとちょっと無料引き取りは難しい状況です。

今回のものは3本ですので大丈夫でした。

お部屋からの搬出

ピアノの運び出しについてはピアノ運送会社が行います。アップライトピアノといっても200キロ以上はあります。ピアノ運送会社のスタッフさんは専用のベルトをピアノに掛けて2名で担いで持ち上げます。見ると少し感動します(笑)

オプションとなる場合

引取りに関して無料のモデルであっても、建物に階段があったりする(10段以上ある)場合はオプション費用がかかります。

しかし今回は1階で、玄関からも掃き出しの窓からも出せる立地ですので問題ありませんでした。

お客様からのご質問

恐らくですが、弊社にご相談される前には数社に相談をされたのだと思うのです。お客様からのご相談を受けて、弊社での引き取りのお見積りの金額(0円)を告げますとどこか腑に落ちないご様子の会話でした。

それはそうでしょうね。どこに聞いても有料での引き取りと言われていたのが、ここにきて無料と言われても、なかなか信じてもらえませんで…きちんとお話をさせていただき、ようやくご納得いただきました。

引取りされるピアノというのはメンテナンスされる工場へ送られます。そこで調律や外装の手直しを行い再販されます。

弊社でご依頼をいただきピアノ工場へ直送です。このため中間マージンなどがかからないことで無料引き取りが実現しているわけです。

栃木県内でご不要となった3本ペダルのピアノがございましたらお気軽にご相談ください。

ご相談のご連絡お待ちしてます

東京都世田谷区でピアノ引取り

東京都世田谷区でピアノの引き取り依頼をいただきました。

”KNABE”というメーカーのピアノです。

読み方はクナーベと読みます。読みにくいですよね(笑)。アメリカのメリーランド州で生産されていたピアノメーカーの物です。

今回のお引取りのご相談をいただいたピアノはアップライトピアノではなく、ベビーグランドピアノというもので、通常のグランドピアノよりも一回り小さなものらしいです。小さいとはいえ、それをマンションのお部屋の中に置いておられるなんて広さがあってこそですね。

かれこれ数十年前のモデルで、なんとアメリカから持ってこられたそうです。もちろん船便でしょうが余程思い入れがあったのでしょうね。

現在の状態はと言いますと経年劣化などで、傷みなども各所にあるということです。そんな損傷があることからお客様は廃棄処分するしかないとお考えだったそうです。そして費用も当然掛かるものと思い弊社にご相談されてきました。

このクナーベですが、日本国内で見かけるのは2本ペダルの物が多いのですが(それでも流通量は少ないです)、今回のモデルは3本ということです。

お客様には念を押して確認しましたが、やはり3本ということです(笑)。これは大変珍しいモデルに遭遇です。

このモデルですと廃棄費用はかからず無料でお引取りが可能です。

そのことをお客様に告げると「ラッキー!!」的に喜んでいただけました。おそらく他では費用がかかると言われていたのでしょうね。そしてお話がまとまり集荷のご予約とさせていただきました。

しかしアップライトピアノとは異なり”ベビー”といえどもグランドピアノですから普通には運び出しは出来ません。脚を取り外して運び出しをしていきます。建物はマンションですが、エレベーターがありますから問題なく運び出せます。

そしてピアノの搬出運搬に関してはピアノ専門の業者に依頼をしますから安心して運びだしが出来るというのもお客様にとっては安心していただけるポイントになります。

お引取りしたピアノは修復・修繕をしてまたリユースさせていただきます。

ありがとうございました。