ゴミ屋敷を見せるのが恥ずかしい、片付け業者が素早く解決いたします

ゴミ屋敷

片付けが苦手で部屋の中に荷物をため込んでしまった…ある時点を過ぎると途端に片付けがやりにくくなります、そして自分だけでは解決できなくなってしまいます。人にはもう見せられないと悩んではいませんか?いまそこから脱出するチャンスです。

スポンサーリンク

ゴミ屋敷がなぜ恥ずかしい?

どんなものを今までため込んでしまったのでしょうか?人それぞれで溜めるものが異なります。衣類・書籍・DVD・お弁当の殻やペットボトルなど。毎日処理をしていれば済んでいたはずなのですが、事情などによってゴミ屋敷になってしまった…

人に見せられない部屋

部屋の中が散乱して状況を親や兄弟・近隣住人・管理会社などに知られたくはないかもしれません。しかしそのまま放置を続けていれば噂話になることもあります。「何か様子がおかしい」と。どうにもならななくなった状態で見られてしまうことと、その前に手を打つのではどちらが恥ずかしいでしょうか?追いつめられる前に開放して前に進みましょう。

片付けが出来ない人だと思われること

ゴミ屋敷に住んでいると周りの人から指摘されることが恥ずかしさの原因です。例えばですが、ちゃらんぽらんなイメージの人がちょっとゴミ屋敷的な家に住んでいるのがバレても周りはあまり驚かないと思います。「まぁ、そうかもね」と受け入れがちというか。逆に会社の管理職であったり、公務員のような固い職業についている人がそういう家に住んでいると周りは驚くでしょう。

自分はこうあるべきではないという気持ちから恥ずかしさが強く表れて、人には見せれない状況になっているかもしれません。

しかし片付け業者というのは毎日そのような片付け現場に行っているわけで、それを見たからといって人の詮索をするようなことはありません。何日で、どのくらいの人数で作業を終われるかなど業務的なことを考え集中しています。

病気の可能性

ゴミ屋敷になってしまう原因として、「性格」と一言で片づけられてしまうことがあるのですが、実際のところはそればっかりでも無いようです。一種の病気もあり、整理の順番が良く分からないと陥ってしまうのです。

過去に依頼を受けたお客様も同じようなことをおっしゃっていました「どうやってやれば良いのかが分からない」と。何から手を付けたら良いかが分からず溜めてしまったそうでした。1人の方だけでなく、複数人で同じようなご相談でした。

また、リストラや離婚などの理由で精神的に追い込まれて、自棄状態になってしまうという事例もあります。

片付けられない症候群(ADHD/ADD)|耳より情報

病気ではなく症状の一つ
単に掃除が苦手という人も多いとは思いますが、ADHD/ADDが原因で片付けられない場合があるのをご存じですか。ADHD(注意欠陥多動性障害)とは「集中力」「活動性」「衝動性」「多動性」などを自分でコントロールしにくいことが特徴

ゴミ屋敷のままでは決して良いことは無い

ずっと片付けしないままというわけにもいきません。放置をすると様々な問題に発展してしまいます。そうなる前の対処が必要です。

健康被害

ゴミ屋敷のままでいるのは思わぬ健康被害を引き起こしてしまいます。例えばハウスダストを吸い続けていくつかのことが起きます。

  • 鼻炎
  • 結膜炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 気管支喘息

掃除が出来ない環境だとダニが発生して、それらを体内に取り込んでしまいます。アレルギー体質になってしまうと短期的に改善することは難しくなり、長期的に体質改善をすることになってしまいます。

近隣からの苦情

ゴミ屋敷の場合は害虫が発生しやすいですが、特にゴキブリだったりします。例えば隣の部屋が入居間もないにも関わらずゴキブリが発生すれば、「最近ゴキブリがよく出る」と管理会社に連絡が入ったりすることもあります。おかしいと思った管理会社はきっと点検を求めてくるでしょう。もしその時にバレてしまったら大変です。

強制退去

見つかってしまって、管理会社から強制的に退去ということはすぐには出来ませんが、部屋の片づけを求められることは間違いありません。ずっとチェックされたままの状態になってしまいます。精神的にさらに追いつめられる結果になるので、できる限り早めに対処する方が良いと思いませんか?

ある現場で起きた出来事

片付けの依頼を受けて作業をしていた現場で起こったことですが、ここのお部屋も荷物が床を埋めてしまい見えないくらいの状態になっていました。作業の途中で何かの拍子で、コンセントのから火が出てしまったのです。すぐに消えたので助かったのですが、消えないくらいの火だったらと想像すると今でもゾッとします。原因はたこ足のコンセントからの出火です。埃もそこに溜まっていて、ショートした時に火がついてしまいました。これと同じような現場をいくつも見ています。たまたま火がついていないだけで、同じように出火する可能性はあるわけです。

片付け業者に依頼を決意

作業着の男性

まだ誰にも見せていなくて恥ずかしいと思うよりも、最終的にバレてしまって見つかることの方が何倍も恥ずかしいと思うかもしれません。それであれば今は勇気を出して片付けの相談から始めてみましょう。業者はお部屋を片付けのエキスパートです。問題を解決するために相談に乗るのです。

依頼をすれば短期間で解決することが出来ます。つまりゴミ屋敷から解放されて、新たにリセットされた生活を始めることが可能になります。そのような生活を手に入れたいと思いませんか?

ゴミ屋敷片付けサービス

作業までの流れ

  1. お見積もり
  2. 費用にご納得いただけた後に作業日を決定
  3. 作業日、スタッフがお伺いいたします
  4. お部屋の清掃、作業終了
  5. ご精算、現金またはお振込み

お部屋によっては1日で終われない場合もあります。現状を把握して作業日数を調整させていただきます。

作業費用

費用の計算は、片付けるごみの量と作業の内容(仕分け分別にどのくらいの手間がかかるのか?作業員の人数はどのくらい必要か?)によって算出されます。お部屋によっても物量も違いますし、建物のロケーション(階段下ろしの建物や一戸建ての狭小など)によっても作業量が違います。現地で状況を見させていただくことで正確な見積もり金額が出すことが出来ます。

見積もり後の金額の変更

見積もりを書を提出した後に金額が変更になることはございません。実際に現地を訪れて見積もりを出すわけですから、後になって追加金を請求することは一切行わないとお約束いたします。

プロの片付け業者にお部屋の片づけを頼むといくらかかる?

作業への配慮

当社ではお客様のプライバシーを守るために個人情報の管理はしっかりと行っております。出来るだけ周りの近隣の方には気づかれないように作業を行う努力をいたします。

短時間で静かに作業を行う。人が少ない時間帯に作業を行う。中が見えないような入れ物に入れて荷物を運ぶといったことが挙げられます。

出来るだけ短い時間で済ませるということは人に気づかれることも減らせれます。作業の手早さが重要になりますが、熟練したスタッフが作業を行います。

早朝・夜間は出勤・帰宅の時間で、人の出入りが激しいです。人目に付くことが多い時間帯でもありますから、日中の時間帯が一番良いでしょう。

小物など小さなものは大きなバッグに詰めて運び出しをしていきます。内容物は見えませんし、そのままトラックに積み込みしますから誰にも見られる心配はありません。

まとめ

ゴミ屋敷を片付けることは恥ずかしいことではありません。今そう思う気持ちよりも、早めに解決することで気持ちを入れ替えて新たな生活を手に入れることが可能になります。

私たちコーモドは片付けを全力でお手伝いいたします。出来る限りの工夫で迅速に作業を終える努力をいたします。ほんの少しの勇気をもってご相談されることをお待ちしております。

お電話でのお問い合わせ

Follow me!

粗大ごみ処理で困ったら不用品リサイクル業者

コーモド
不用品の処分を早く・安く・手軽に。
家財道具のリサイクル買取や運び出し引き取りまで、片付けにとっても便利。