空気清浄機の処分と引き取り

空気清浄機

空気清浄機というのはお部屋の中の「ほこり」や「花粉」などを吸い込んで空気を浄化してくれル便利な家電製品です。

特に小さな子供さんがいるご家庭や、アレルギーを持たれているご家庭では重宝されていて、お家の中に何台も使われているケースも多くあります。

PM2.5のような極小さなものも集塵してくれる機種などもあり、今ではバリエーションが豊富になっています。

空気清浄機の寿命

空気清浄機の寿命として、機器が壊れない限り使用することは可能でしょう。しかし、定期的に「フィルター」を交換することがメンテナンスとしてしなければいけません。それを怠ると空気清浄機としての機能を100%発揮することが出来ないからです。

このフィルターを交換しながら機器も調子よければ使い続けれるのですが、やはり電化製品として使用頻度が高まるほど壊れることも少なくはありません。5年から10年あたりで壊れる機種も出てきて廃棄処分となるものが見受けられます。

中古品としての使用

まだまだ使える機種であれば中古品の購入というのも良いですし、中古品として売買するというのも方法の一つです。売却の方法としては、リサイクルショップでの売却、もしくはフリマアプリなどでご自身で売却する方法があります。

ショップでの売却は手間もありませんが、お店によっては空気清浄機の買取を行っていないところもあります。理由としては、販売後の故障によるクレームが多いアイテムでもあるからです。そういったトラブルを避けるために買取りを控える店舗があったりします。

ご自分で販売する時に、売ることは可能ですが、販売後に同じようなクレームが来るかもしれませんが、その時にはしっかり対応する必要があります。

廃棄処分としての方法

壊れた空気清浄機など、廃棄処分として処理する場合ですが、大きさが30センチを超えることが多いです。その場合には「粗大ゴミ」として処理する必要があります。

粗大ゴミとは行政の収集のサービスですが、お住いの地域の粗大ゴミセンターに申し込みをして、手数料分の”粗大ゴミシール”を貼って決められた日時を守って指定のごみ置き場に出します。そうすると当日に収集をしてくれます。

収集日は月に1~2回程度なので、予定を組んで出さないと間に合わないこともあったりします。

引取り料金は200円~500円位が目安となるでしょう

不用品回収に依頼をする場合

不用品回収業者に空気清浄機の引き取り依頼をすることも可能です。不用品回収の場合には行政の粗大ゴミとは違って日時指定が出来たり、お部屋の中から引き取りしてくれたりとサービスも充実しています。

当社でも引き取りは行っていますが、空気清浄機の引き取り料金は500円です。行政の手数料ともほぼ同じくらいです。ケースによってご依頼されると有効的です。

わかりやすい明確な料金システム

ご相談のご連絡お待ちしてます