テーブルの廃棄処分と引き取り

引越しの時やお家の建て替えでの家財処分などのタイミングで廃棄することがあるテーブルですがどのよう処分するのがいいのでしょうか。
何を重視するのかにもよって違ってきます。費用か日時指定か搬出代行か選ぶことで依頼先が分かってきます。

テーブルの種類

テーブルにも色々なものがあります。ダイニングテーブルやローテーブルコービーテーブルなどです。
材質も木製やガラス製や大理石など様々です。
大きさもダイニングテーブルの2人用から6人用。大きなものだと10人用なんてものも稀にあります。
コーヒーテーブルは小ぶりのものが多く、ローテーブルは小ぶりの物から正方形型の大きな物もあります。
カラス製の物は重量があったりします。さらに重いのが大理石の物です(滅多に持っている人もあまりいませんが)。

搬出

テーブルの搬出はローテーブルやコーヒーテーブルは比較的に搬出は簡単です、しかしダイニングになってくるとそのままの状態ではお部屋から出ないことが多いです。脚を取り外してお部屋から出す必要があります。
スペースが無い状態で脚の取り外し作業を行うのは困難なので、場所を確保してから作業をすることをお勧めいたします。
ガラス製のテーブルは重さがあるので、搬出する時には注意が必要です。台座の脚の太いものや石などで出来ているものは超ヘビー級です。身体への負担もかかりますが、運び出しの途中で床の損傷には十分注意する必要があります。

粗大ごみでテーブルを処分

粗大ごみでテーブルを処分することは可能です。
手数料は大きさや自治体によっても異なるので確認が必要です。
確認のうえ処理券を購入すると良いでしょう。
費用が安いのが粗大ごみのメリットですが、さらに日時指定ができないのもデメリットになります。

運び出しの作業などは各自で行う必要があります。テーブルの脚は付いたままでは通路が通らないことがほとんどです。脚は取り外しできるものが大半ですので、手間はかかりますが無理をせず取り外しましょう。

不用品回収に依頼をする

不用品回収でテーブルの引き取りを依頼する場合、脚の取り外し作業から搬出作業も全て行ってくれるのがメリットです。
仮に階段で搬出であっても代行して行ってくれます。
女性やお年寄りや体の不自由な方にとっては非常にメリットがあります。
しかし粗大ごみとは違って作業費としての費用がかかってきます。

弊社にご依頼をされる場合

テーブルの引き取りも多くご依頼されるアイテムの中の一つです。
搬出が手間であったり自分で出来ないということもありますが、一番の理由は引っ越し時の時間的なことのようです。
手早く片付けしたい時には非常に有効です。即日引き取りも対応していますので、お困りの時にはご相談ください。

わかりやすい明確な料金システム

ご相談のご連絡お待ちしてます