本文へスキップ

不動産業・士業の方からのご依頼|コーモド

法人様からのご依頼

home >不動産・士業

マンションや一軒家に残る残置物

お部屋に残った荷物があることで、物事が進まないケースはよくあります。
物件を売買するにしてもまずは片付けが大事です。そんな管理者様を片付けでお手伝いをいたします。

不動産会社様

物件の売買の時にはお客様からお部屋の残置物の撤去もご相談されることもあるかと思います。
全てお客様が負担してくれれば良いのでしょうが、会社負担になるケースもあるかと思います。
残置物を撤去することで委託のご契約へとつながるお手伝いをいたします。
ライバル会社に差をつけるチャンスです!

弊社ではマンションの一室に残った残置物の撤去から一軒家の中古物件の売り出し前の片付けや、更地にするための解体作業前の片付け作業も対応可能です。
不動産業者様とは過去にも数多くの実績もありスムースな作業が出来るかと自負しております。

弁護士様

最近は遺品整理などで身寄りのない人のお住いの片付けというケースも増えてきました。
身寄りがないということで、相続に関しては弁護士様が代理人として家屋内の整理についても進められるケースもあるかと思います。
残置物として残った不用品の引取りでお困りでしたらご相談くださいませ。お品物によっては買取も含めて対応が可能です。
遺品整理以外では不動産整理の案件であったり、オフィスやビル・倉庫などの整理にも対応いたします。

司法書士業様

不動産の名義を書き換えをしたりするのが司法書士としての業務かと思います。
ご子息様方は相続するにあたり「そろそろ親の家を整理しなくは?」と思われる方もいるかと思います。
それは重要な書類が見つけて管理しておくということです。

いざ探そうと思っても片付いていない家では中々見つかりません。
資産となるものがどこにあるのかを把握しているのとそうでないのとでは大きな差が出ます。

預貯金の通帳
ゴルフなどの会員権
証券(オンライン場合は端末に大切な情報が入っている場合があります。)
不動産の権利書
これらがどこにあるのかまではあからさまに聞くことは出来ないかもしれません。
しかし片付けをする中でその手掛かりになるものは出てきますから、早めの対処が予防に繋がります。

または名義変更の後には住宅の売却も検討をしていて、家財品の処分をしなければと考えられている方もおられると思います。
中古物件としては売れないため、解体が必要な場合もあります。
解体前の家財処分のご相談にも対応いたします。

まずはお見積りを

ご依頼人様からのご相談を受けた場合にはまずお見積りに伺います。
費用・工期などを算出してお見積書を作成いたします。

作業に入る前での手順

お見積り書の作成後にご依頼となった場合には作業依頼についてのご契約をいたします。ご契約内容と金額を記載した書面にての契約となります。

作業終了後のお支払いに関しては現金、もしくは請求書払いでの対応も可能です。
その旨は契約書に記載いたします。


フリーコール0120621671