お部屋の片付け代行業者

お部屋の中が片付け出来ない方のための代行サービスです。不要な物を整理したいけど自分では出来ないと困っている方のお役に立ちます。

片付け業者として出来ること

単に”かたづけ”といっても、そのニーズにも種類があります。
片付け代行で出来ることをまとめてみました。

    • 大量の家財道具の処分
    • お部屋を手軽にスッキリとさせたい
    • 遺品整理など、一軒分の片付けが必要
    • お部屋などに残されてしまった残置物撤去
    • ゴミ屋敷のかたづけ
    • 空き家に残った荷物の片付け

回収後はこのようにスッキリ片付けます。

片付け業者に依頼する4つのメリット

お部屋やお家一軒分などの片付けがしたいと思っても、なかなか思ったようには作業が進まないことが多いケースがあります。
その理由として考えられる原因を大きく分けると四つあります

  • 人手が足りない。大きな家財の搬出が出来ない。
  • 量が多くて仕分けが出来ずゴミ出しが進まない。
  • ゴミ出し分別処理の方法がよく分からないから作業が止まってしまう。
  • 身体が不自由であったりして、片付け自体が出来ない。

人手が足りないケース

タンスや棚やソファーなど、大きな家財品を運び出そうと思った時には必ず2名以上は人手が欲しいです。
少ない人数でやる片付けほど大変なものはありません。特に階段での搬出があったり、重たいものの運び出しも一人では無理が出ます。
こうなると諦めモードになってしまいますね。

量が多くて仕分けが出来ず、ゴミ出しなどの作業が進まないケース

不用品やゴミなんかを結構な量をお部屋に溜め込んでしまうと、仕分け自体が進まずゴミ出しが難航するケースがよくあります。
今は普通ゴミを出そうとしても、可燃・不燃・金属・ペットボトル・缶など分別は必ずしなければいけません。本や・衣類も古紙業者による集団回収がある地域もありますが、仕分けは必要です。

しかし、お部屋の中がいろんなものでミックスされた混在状態になってしまうと、その片付けに混乱されてしまう方が多いのです。
そしてその度を過ぎると”ゴミ屋敷状態”となってしまうのです。
これも手順を追って作業をすれば自力でも解決は出来ます
ゴミ屋敷を自力で片づける方法

このように量が増え過ぎたことで、作業が滞ってしまう事例もあります。

ゴミ出しの分別処理が分からないケース

最近の家電製品の処理法ですが”家電リサイクル法”があったりして、粗大ゴミとして収集してくれないものもあります。ではどこに頼めばいいの?というように困ってしまうわけです。
2m以上の長い物や。重量物も粗大ゴミでは収集しません。
金庫とかバイクとかピアノはどう処分すればいいの?とこれらも困ってしまいます。
このように、その処理に困ってしまった物が出てくれば片付けは後回しになるのは当然です。

身体的な理由で片付けが出来ない

この身体的な理由で片付けが進まないというのが、一番ご相談の割合も多いケースかもしれません。
女性やご老人で、ご家族が近くに住んでいなかったりする場合に、自分だけで片付けをするというのは非常に困難です。
男性の方であっても、怪我などの理由で身体を動かすことが難しい方にとっては片付けというのは重労働です。
ずっと出来ないままでいるケースも非常に多いです。

片付け代行のご相談から作業までの流れ

作業を始める前にもご相談をいただいてからとなります。

  • 作業前相談
  • 事前見積もり
  • 承諾後に作業依頼

作業の前に片付け代行の内容の詳細をご相談いただき、その後に現地お見積りに伺います。作業プランの提案とお見積りの算出いたします。

お見積り金額にご納得いただいた後にご成約となり、日取りの決定。そして作業日にお伺いする流れとなります。

片付け以外の作業にも対応

エアコンの取り外し作業も請負いたします。

エアコンは冷媒間が繋がっており、取り外し工事の作業が必要です。

倉庫や物置の解体も処分と同時に行っています。

不要になった倉庫や物置の解体も電動工具が無ければ作業はなかなか捗らないです。撤去が必要な場合はご相談ください

お部屋を手軽にスッキリとさせたい

「片付けなんて自分でやるの面倒・・・」でも、部屋は片付けたい。
誰だって整理整頓されたところで生活したいものですよね。
ご自分では無理と思われてご相談される方多いです。
中でも一部屋単位の片付けのご依頼が多いです。

引き取りが出来ないもの

片付けの中で引き取り出来ない物も中にはございます。

  • 建築系廃棄物

アスベストなどの有害建築材や建築現場からの廃棄物は引き取り出来ません

  • 塗料

一斗缶などに入った大量のペンキやシンナーはお引き取り出来ません

  • 医療系廃棄物

注射針など家庭での治療で使った医療器具や汚物などは引き取り出来ません

  • 食物関連

冷蔵庫の中身の残りや飲料水や調味料などの残りもの。保存食など食物関連の物はお引き取り出来ません

  • 危険物

プロパンボンベや酸素ボンベ類、その他の危険と判断するものはお引き取り出来ません

片付け代行の料金体系

片付け費用は1立米単位の立米計算となります。
片付けの作業代と引き取りの処分費を含んだ、1立米あたりの単価は
9000円~
作業内容によって変動します。

引取りの量の目安

お部屋の間取りやお住まいになられる方によっても荷物の量は異なりますが、ある程度の処分量を推測するのにご参考ください

【間取りから推測する荷物の量】

部屋の間取り 処分量目安
4畳 2~3立米
1DK 6~7立米
1LDK 10立米~12立米
2DK・2LDK 12~20立米
3LDK~ 30立米~

お住まいによって量は異なります。

費用の目安

弊社代行の金額で、おおよそではありますがお部屋の間取りから片付け費用の目安があります。
6畳のワンルームくらいのお部屋に大半の家財品が残っている場合で、約5万円程度から代行作業が可能です。
1DKくらいの間取りで約10万円位が目安です。
現地での見積りは無料
ご依頼の作業現場で無料見積り行います。お電話でも概算の見積りもお伝えできますが、量が多い時には現地見積りをお勧めいたします。
正確な金額をお伝えすることが可能です。

ご依頼された片付け事例のご紹介

神奈川県横浜市港北区のお客様

横浜市港北区のお客様から片付け代行のご依頼いただきました。
お住まいにお伺いしてみると、主に書籍類が足の踏み場もないような散乱した状況ででした。
その他の大きな家具のベッドやエアコンや洗濯機といった物を運び出すにも動線の確保が必須でした。
こちらで用意した梱包袋に順序よく仕分けをしながら詰めていきます。
この梱包をすることでお部屋に動線が確保出来ました。
お部屋は3階でエレベーター無しです。
作業員は2名でバケツリレーのごとく下へ運び下ろしていきます。
当初は7立米でストップの予定でしたが、お客様のご希望により11立米(トラックの最大積載容量)まで積むことになりました。
とはいえそれでもいくらかは残りそうです。
冷蔵庫や洗濯機やエアコンといった処分しにくい物を中心に出して、残りはお客様自身でやるかもしくは再びご依頼をいただくかといったところです。
作業開始から約2時間ほどで1台分が積み込み終了。
押し入れ二つ分を残しての形になりましたが、ゴールは見えてます。
作業を開始する前はお客様自身も手を付けられない状況で困っていましたが、今は終わりが見えてきたことでホッとしたご様子でした。
最終便があるかは分かりませんが、ご依頼いただいた時にはきっちりと締めくくりたいと思います。

東京都新宿のお客様

東京都新宿区のお客様から再びご依頼いただきました。
リフォーム前提でお部屋の中の荷物を整理するということでしたが、大切な物を選別しながらの作業なので一度に行うことが出来ません。そのため数回に分けての引き取りという案件です。
こちらのお住いの中で一番大変なのが”本”です。
至るところに本があり、屋根裏にまで段ボールに入った本、本、本です。
箱詰めになった本というのは重量もあり、そして屋根裏という狭い空間です。
このようなところからの搬出は決して楽ではないですから、代行作業を依頼されるのはごもっともです。
それ以外にも大型のベッドなどやタンスといった家具を2階から下さなければいけません。
一戸建ての内階段というのは広くはないですし、タンスを担いで通路を回る時には気を使います。
こういった作業は面倒なところですから、やはり代行作業を頼む価値はあるところです。

約2時間ほどの作業で2トントラックで約7立米を積み終えました。
費用は定額プラン料金のみです。日取りはまだ決まっていませんが、次回も近日に行うそうです。

対応エリア

東京都世田谷区大田区品川区目黒区杉並区渋谷区・新宿区・港区・板橋区・練馬区・中野区・中央区・千代田区・狛江市・三鷹市・調布市・多摩市・稲城市
川崎市全域
横浜市:全域
記載の無い神奈川県エリアお問合せ下さい。
川崎市なら即日から対応が可能。その他の東京エリアや横浜エリアも迅速に対応いたします。

わかりやすい明確な料金システム

ご相談のご連絡お待ちしてます