衣類の処分方法

大掃除の時などで大量に出るものといえば衣類です。タンスの中に納まっているときは少なく感じるのですがそれをいざ外に出すとかさがまして大量になってしまう悩ましいものでもあります。
そんな衣類をご自分で処理をする方法をお教えします。

衣類はリサイクル可能です

まず始めに衣類はごみとして処分するものなのかどうかということです。汚れの酷い物や破れてしまったようなものはリユースは難しいですから確かにごみで処分したほうがいいものもあります。しかしぼろ布であってもウェスとして利用することも可能なんです。

衣類の分類

衣類はリサイクルが可能なもので、その分類はリユース可能なものとリサイクルするものと分けられます。リユース可能なものというのは古着として利用するものを言います。リサイクルというのはウエスなどで利用されたりします。ウエスというのは古着や古布を再使用して機械器具などの清掃に雑巾代わりに使ったりするものをそう呼んでいます。

収集について

収集はその地域の自治会などが行っていたり、古紙回収業者が集団回収で回収を行っているケースが多いです。衣類は売って売れるものではないので、古紙の回収はしてても衣類の回収をしないところも多いです。
行政の収集とは違うので地域によって回収が行われている地域とそうでない地域とがあります。
その他その地域で行われるバザーなどで処分するという方法もありますが大量な場合やそのバザーのカラーに合わないような衣類はちょっと持ち込みにくいかもしれませんね。

古着屋さんで売ってみる

古着屋さんに持ち込んで買ってもらおうと思う人もいるかもしれませんが、この場合持込む洋服のランクにもよります。
ショップで再販する以上それなりの洋服でないと買ってもらうのは難しいです。
やはりブランドとして名前のしれているものが良いでしょう。(穴あきや破れ、汚れなどが無いのは前提で)
ただし某大手衣料量販店で売られているような物を売るというのは難しいです。買った時の上代にも反映されます。
となるとタンスの中身全部を古着屋さんで処理するというのは少し無理が出ますね。

ヤフオクやメルカリなども利用してみる

大量にある場合に全ての衣類をオークションに出品するというのは非常に大変な作業になります。
そこで、衣類の中から特に値段が付きそうなものだけを自分で出品して、残りをまとめて古着屋さんへという方法もあります。
高くなりそうな物もまとめて古着屋さんへではなく、一度手間をかけてセレクトしてみてはどうでしょうか?

着物などの衣類の評価

着物などは購入時は高いものですから、中古でも高く売れるのでは?と思われる人も多いと思いますが、全部が高く売れるとは限りません。
やはり”洋服”の方がニーズは高いので、どんな着物でも古着で売れるとはいかないようです。

実際にお客様の中で「一度買取をお願いしたけど、ほとんどが買ってもらえなかった」という経験をお持ちのお客さまが、どうせ売れないからと整理代行の依頼されたこともありました。
証紙が無かったり、シミや汚れやカビがあるもの。家紋が入っていたりする値段は付きません。

全部が売れないわけではないのですが、”結城紬”や”大島紬”といったブランド化した商品は評価は高いです。
こういった物をお持ちの時には売却が良いかもしれません。

大量の衣類の処理

家財整理などで大量の衣類が出ることがあると思います。
家一軒分のタンスに入っている衣類をまとめると、ゴミ袋で数十袋にもなります。
普通ゴミとして出すことも出来ますが、一度に大量な場合には近隣の人にも配慮が必要になり、敬遠される人も中にはいます。
それでは大量な場合はどのように処理をすれば良いかといえば、古紙業者を利用する方法です。

持込で処理をする

持込でお金も要らないというのであれば処理する方法はあります。
お住まいのすぐ近くにあるとは限らないですが、古紙業者が古紙を集めてるプラントがあります。
タウンページなどで調べれば近くの会社が見つかるかもしれません。
この古紙業者は古着の引取りを行っています(各プラントにより事情が異なりますので、受け入れしているかの問い合わせは必要)。
こういったところであれば子供用であろうが老人用であろうがどんな衣類でも引き取りしてくれます。
持ち込み・受け入れしてもらえないもの
ただし上にも書きましたが、汚れの酷いもの(洗濯していないようなもの)は除いたほうがいいです。
羽毛などが入ったダウンジャケットは除きましょう。
カーテンの布地は衣類として取り扱いしてもらえません。ゴミで処分しましょう。
毛布類も持ち込みできません。
ズボンに付いたままのベルト類も外しましょう。
これらの洋服を(ハンガーを外して)ビニール袋に入れた状態でもっていけば引取りしてくれます。
※必ずきちんとした仕分けで持って行かなければ受け入れしてもらえないこともあります。

洋服のリユース・リサイクルはグローバル

少し余談ですが、業者が集めた古着たちはどこに行くのでしょうか?
これらは東南アジアといった海外に持ち出され、その国にある工場で選別をされてサイズや種類をを揃えた物が再輸入をしてショプの人たちがこれらを買い取るという仕組みが出来ているようです。
1キロ当たり数円で海外に送られ、戻って来るときに数円増して買い取りするということです。
コストの高い日本で行うよりも海外のほうがいいっていうことですね。

まとめ

これで大体の洋服の処分方法が分かったと思います。
ごみとして処分するのか。売却したほうがいいのか。それとも自分の車に乗せて古紙業者のところに持っていくのがいいのか。
いずれにしてもリサイクルをしてごみにしないと言う事にこしたことはないですよね。

わかりやすい明確な料金システム

ご相談のご連絡お待ちしてます