砂利石の処分方法

砂利石はお庭に撒いたりして庭造りには欠かせません。マンションでもちょっとした庭園づくりに利用されたりもします。しかし引っ越しの時などにはそれらは撤去しなくてはいけません。どのように処理すれば良いのでしょうか?処理方法についてなどお教えいたします

処分に困る砂利石

お庭などに使う砂利。頻繁に処分するものではありませんが、処分しなければいけない時には廃棄に困る存在のものですね。そんな砂利石の処理方法をご紹介します

砂利は自然界のもの

砂利石や砕石というものは自然の中にある物を採取して販売している天然の物です。
再利用も可能でゴミとしての扱いに入らない。

普通ゴミで引取りしない

砂利を普通ゴミとして捨てようとしたことありませんか?しかしそのほとんどが取り残されているのではないのでしょうか。行政ではこういった砂利石をゴミとして引取りしないところが大半です。

その処理方法

行政では引取りしない砂利石ですが、どのように処分したらよいでしょうか?
砂利石は天然の物です。ですので自然に帰すというのも一つの方法です。ただしそれはごく少量であることが前提です。
例えば駐車場の砂利石を入れ替えるために今ある砂利を何処かに捨てるというのは間違いです。工事を請け負う土木業者に依頼をして処理する必要があります。
事業で出たものを勝手に廃棄することも出来ません。適切に処理する必要があります。
街の中には建材屋さんというのがあります。そういったところで引取り、もしくは”残土引取り”と看板に書いたところでも引取りしてくれます。
中間処理場では契約を結ばないと持ち込み出来ないところが大半なので、一般受け入れをしているところを探す必要があります。

砂利石の処分方法のおさらい

●要らなくなった砂利は自然界に帰す。(少量)
●砂・砂利などを販売している建材屋など業者へ持ち込み
●不用品として引取りしてくれる業者に依頼する
このように砂利石は処理することが出来ます。