残地物撤去

ガラクタ

残置物の撤去というのは様々なケースで起こります。
どんな場合に起きるのかよくある事例を挙げていきます。

  • 住宅の解体に伴ってのケース
  • 不動産売買によるケース
  • テナントに残されてしまったケース

住宅の解体に伴う残置物

お家の解体をするときには予め中の残置物は撤去して何もない状態にしてくださいと解体業者から言われると思います。

解体業者による残置物処分

解体業者によっては残置物の片付けをしてくれるところもあります。
しかし専門でないため、リサイクルではなく全て処分扱いになるため料金は不用品回収業者やリサイクル業者と比べると割高になるケースが多いです。

解体前に撤去しなければいけないものとそうでないもの

家財品の家電は全て撤去する必要があります。タンスの中の衣類や雑貨など全てです。カーペットも剥がすケースが多いです。
壁にかかっている時計なども全てです。

逆に給湯器みたいなくっついているものはそのままでも良いケースが多いです。
業者との交渉によってはタンスなどの家具は残しても良い場合があります。
何故なら、解体時に出る木材と一緒に潰して持っていくからです。
木材なら木材だけであれば安く処分出来るので、家具はOKとなることが多いのです。

店舗やオフィスの残置物撤去

ビル管理をされている方にとっては頭の痛いところでありますが、テナントやオフィスの中に残置物を残したまま居なくなってしまうという事例は結構多い話でございます。
その費用を誰が負担をするのか?といえば最終的にはビルオーナーの方が負担する羽目になってしまいます。不要な撤去費用は払いたくないものですが、片付けをしない限り、次のテナント様が入ることはありません。
早めの対処が必要といったところでしょう。

店舗やオフィスに残される物

どんなものが多いのかといえば、店舗やオフィスで使えなくなったものを、その場しのぎで置く例が多居です。使えなくなった椅子や、看板などが特に多いです。
ビルとビルの間であったり、ベランダや非常階段のところであったりと、お客には目のつかないような場所に放置したままということが多いです。
長年置いているケースも多く、雨ざらしでガラクタになってしまってます。

不動産売買による残置物

不動産の売買契約の中には残置物の撤去も含めて行う場合もあります。
そして不動産の引渡しを行うために、買主様の希望に合わせて撤去を行うことも可能です。ブラインドや物置の解体、照明の取り外しなどあらゆることに対応可能です。

残置物撤去に伴う作業

ただ単純に残置物撤去をすれば良いかというと、そうでもない場合があります。
住宅の家屋内にあるエアコンの撤去作業、倉庫の解体作業、給湯器の取り外し作業、アンテナの取り外し作業、風呂釜の撤去作業など。
こういった作業も承りますのでご安心ください。

エアコンの取り外し
エアコンの撤去も行います。処分費は無料。取り外し工賃のみとなります。1階に設置したものや2階の屋根やベランダに設置してあるものなど各種対応いたします。
工賃に関しては設置場所によっても異なるので、まずはご相談ください。
倉庫の解体
マンションや一戸建ての家の前に倉庫を設置している場合があります。
そういった倉庫は解体をしなければいけないことも多いです。このような作業も行っています。

残置物の量の目安を知りたい時

処分を行おうと思っても一体どのくらいの荷物があるのか分からない。
確かに荷量が分からなければ費用の目安なども分かりにくいかもしれません。
おおよそではありますが、間取りや平米数から荷量を算出してみました。
1Kのお部屋で、約4立米~7立米くらい
1Dkのお部屋で、約8立米~11立米くらい
3LDLのお家で、約25立米くらい~となります。
お部屋の中だけでなく外回りの倉庫の残置物がある場合にはそれらも計算をしなければいけません。
中にぎっしり詰まっている場合、横の長さ×高さ×奥行で容積は分かります。
例:横が1.5m×高さ2m×奥行1.5mの倉庫の場合、容量は4.5立米となります。

残置物撤去に掛かる費用

店舗やオフィスの場合はロケーションによっては人通りの多い場所もありますし、搬出を行うのが難しいところも多くあります。
その辺りの作業費用が加味されますので、1立米あたりの費用は約12000円~15000円というのが目安になります。
ビルの一角やベランダに放置されたようなものであれば比較的少額で撤去を行うことも可能です。
しかし40平米くらいのオフィスで、全て整理する場合の目安は、約20万円位~35万円位が目安です。
立地によってはフル養生が必要であったり、コインパーキングを利用しないと駐車する場所がないところもあります。
立地的な問題から、通常よりも人員を増員して作業を行わなければケースもあります。こういった理由から追加となる費用もあり、正確なお見積り費用を算出するためオフィスやテナントの残置物撤去の場合には現地見積もりを無料で行っております。

撤去費用をめぐっての争いのケース

店舗やオフィスの残置物の場合は、その費用負担について争うケースも少なくありません。
保証金で処理をして欲しいと言う入居者と、残置物の撤去は別費用と言うビルオーナー。この辺りが争点となるところです。
入居者の所在が分かるのなら話し合いも出来ますが、居なくなってしまったという場合にはどうにも困る話です。
仮に見つかった場合に備えて、見積書や契約書や撤去に掛かった費用の領収書は残しておきましょう。
こういったトラブルを抱えた状態で撤去をする場合も注意は必要です。
ビルオーナーが先走って片付けを始めたところ、入居者が現れて撤去の中断を申し入れというケースもあります。
撤去を行うにしても、ある程度の期間を置いて入居者が対応しないと判断したのちに処理を行わないと逆に不利になってしまうケースもあります。
弊社でも片付けの作業を始める当日に入居者から申し入れがあり中断したという事例がございました。
既に片付けした後で、家財品を処理した後でなくて本当に良かったです。

定額の積み放題プラン

トラック単位で残置物撤去をすることが出来る”定額積み放題プラン”というのもございます。1立米あたりが9000円とリーズナブルとなっています。(7立米~)
作業費や処分費も全て含んだプランなので、追加費用の心配もなし。
ただし条件がございますので、お見積り時にご相談ください。

引取りに費用のかからないもの

撤去に費用がかからないものも中にはあります。例えばバイクといったものです。弊社では通常からバイク及び原付バイクの無料回収を行っています。
入居していた方が、転居の際に置いて行ってしまったということで、管理会社様およびオーナー様からもご相談いただくことが多いです。
これは複数台であっても無料で行います。
しかし車両の車種によって元より無料引き取りが出来ない車種というのもございます。詳しくは⇒原付バイク無料回収についてをご覧ください。
さらにエアコンは取り外し工賃だけで処分費は無料となります。
その他ではリユース・リサイクルが可能なものが仮にあった場合には、その分に関しては無料引き取りか、買取の扱いとして撤去費用から差し引かせていただきます。

 

作業にかかる日数

解体の作業開始日が決まっているものの、残置物の処分が思うように進まず困っている。
もしくは大量にある家財処分はちょっと自分達では難しいと困られてご相談される方も数多くお見えになります。
そんな時にも短期間での作業にも対応いたします。
荷量に応じて人員と車両の手配。一軒家の片付けでも、仕分け不要の状況から2日ほどあれば終わります。

お見積り

お見積りは、お電話の場合であれば概算で返答可能です。住宅の解体の場合も、テナントやオフィスの場合も大量にある場合は、無料の現地見積もりも行っていますので、こちらをお勧めいたします。
量がある場合は概算見積もりと比較すると誤差が出るためです。
現地で正確なお見積りを算出いたします。

ご相談からご依頼までの流れ

残置物撤去の一軒家やテナントといった場合、現地でお見積りを行い正確な金額を算出いたします。その後にお見積書を作成と送付。

お見積り金額ご了承後に、ご契約と日取りの決定。

作業日、作業開始。

作業

作業終了後に現金でお支払い、もしくは振り込みでのお支払い。
(振り込みでのお支払いの場合には、契約時に先にお申し出ください。)

終了となります。

豊富な残置物撤去の経験

弊社では不動産業者からの依頼も多く、依頼内容は解体前の家財処分や残置物撤去といった内容です。
解体業者が片付けでどこまでのことを望んでいるのかはおおよそ推測できます。それは今までにこなしてきた経験からによるものです。
どういった片付けをすれば良いのかということをお客様にもアドバイスすることも可能です。

作業事例

住宅解体現場

川崎市麻生区の解体前の一軒家の事例です。50坪ほどの敷地で、上物の建物は約35坪程度でお庭もある住宅です。
既に解体は決まっているものの、中の家財品は手つかずで大半の物が残った状態です。
衣類はタンスに入ったままであったり、キッチンのシンク下にも荷物が入ったままです。
住宅は2階建てで4LDKですがそれぞれのお部屋は広めです。
さらに住宅の周りには倉庫がありこれらも撤去する必要がありました。
ブロック積されている倉庫は中身だけ、スチールで出来た倉庫は解体と撤去が必要でした。
作業は一日では終わる規模ではありません。倉庫解体もありますから、数日に分けて作業に取り組みます。とはいえ3日程度あれば十分に終ります。

テナント・オフィスの現場

ビルの改装ということになり、それぞれの階に残された残置物を撤去するというご依頼をビルオーナー様からいただきました。
テナントによっても残置物は様々で、オフィスチェアやキャビネットなどの大型オフィス家具もありました。その他ではネイルサロンで使われていたベッドなどもありました。それらを全部をまとめると、2トントラック1台分位になります。(約7立米)
エレベーター搬出出来るものと、そうでないものがあり、通常は2名のところ3名で行いバケツリレーのように下していきます。
人通りの多い場所での積み込みは事故も起きやすいので注意が必要です。2名で回りを確認しながらトラックへの積込みを行います。

買取の事例

撤去処分といっても中には状態の良い物も混ざっていたりすることもございます。
そういった物については買取の扱いとして、撤去費用から差し引かせていただきます。
買取出来る品目としては、総合リサイクルとして家電品や家具や雑貨や美術品や骨董品など、ジャンルも幅広く取扱しております。
費用の減額に少しでもお手伝いさせていただきます。

ご不明な点はいつでもご相談ください

片付けで分からないことは多くあります。不明なことやどう進めたら良いか分からない時には、まずはご相談ください。

わかりやすい明確な料金システム

ご相談のご連絡お待ちしてます