本文へスキップ

ペンキ処分・塗料の処理の方法

ペンキの捨て方

home > 片付け豆知識 > ペンキ処分

生活をしていてDIYのために買ったペンキが使いきれず余って処分に困りずっと放置して経験はありませんか?そんなペンキの処理方法をご紹介します

処分に困る不用品

ペンキというのは液状やペースト状のままでは普通ゴミなどでも収集してくれません。
引火しやすいものですから危険物扱いとなります。

ペンキの種類

ペンキの種類は油性と水性というものがあります。
その違いですが、簡単に説明しますと、油性はシンナーなど揮発性有機溶剤が使われていて、水性は水が使われています。
シンナーなどが揮発して塗料が沈着するか、水が乾いて塗料が沈着するかの違いです。
この違いは塗る場所や使い方によって選ぶ必要はありますが、使い残しを処分する時にこういった違いによって処理方法が変わるわけではありません

ペンキの特性

まずペンキについてですが、ペンキは可燃性のものです。取り扱いには注意をしてください。皮膜となり硬化した状態では問題ありませんが、液状のときに火気に地被けると引火する恐れがあります。
ペンキをふき取った布が自然発火をするというケースもあるので注意を払って取り扱いください。

その処理方法

ペンキというのは一般的に家庭から出るものではなく、そもそも基本的に行政では引取りはしていません。
それで、このペンキを自分でどのように処理をするのかお教えします。

東京都の23区内の行政の方に聞いてみました

●布にペンキを染み込ませて処理する。

要らなくなった布類を用意をして、その布に染み込ませていきます。
それを可燃ごみとして処理します。
大量にペンキがある場合には場合には有効ではありませんが、小分けで排出すれば可能でしょう。
※ただし上にも書いたように液状の時は自然発火の恐れがあるので、放置状態にせずに早めに排出をするようにしてください。
そして残った缶は小物金属として排出をする。

もしくは液状やペースト状では収集はしてくれませんが、固形状になっていれば収集は可能です。
ふたを開けたままにするなどで、揮発させて塗料を乾かしてしまいます。
中身が多く残っている場合は、揮発するまでに時間がかなりかかると思います。あまり多く残っている場合は凝固剤を使うのも一つの方法です。
この方法はあくまで一般家庭から出す場合のみに有効な方法です。

ペンキ凝固剤を使って捨てる

使いかけのペンキを固まらせることが出来る凝固剤が売っています。
名称はメーカーによっても違いますが。
カンペハピオでは”残塗料処理剤”、アサヒペンでは”油性塗料固化材”といった名前で販売されています。

このような商品を使うとどうなるかというと、ペンキを硬化させることが出来ます。固めることで、可燃ごみとして処理できるというわけです。

ペンキの残量によっては硬化させるために必要な量も異なるので、使い方を確認する必要があります。

中間処理施設でペンキを処理する場合

ペンキ屋さんなど、業者からのゴミというのは一般家庭からのゴミとしては収集してもらえません。必ず事業ごみとして処理しましょう。

業者さんがペンキを排出する方法としては、中間処理施設があります。

その場合、ペンキの取り扱いをする中間処理施設では、通常の産廃よりも割高な処理費用がかかる場合があります。1ℓあたり数千円かかることもあります。

さらに持ち込みをするには、その処分場との書類の契約をまず交わすのが一般的なやり方です。
そして誰がどこに持ち込んだのかが分かる”マニフェスト”に業者名等を記入して提出します。事前にこのマニフェストが無いと受け入れしてもらえない場合も処分場によってはあるので、確認が必要です。

まとめ

染み込ませや、凝固剤を使えば可燃ごみで処理も出来明日が、なるべく使い切ったがよいペンキです。
残すと何かと面倒になるので、購入する前にどのくらいの量が必要なのかを計ることをおすすめいたします。


不用品回収の相談番号



スポンサーリンク