解体作業が必要な不用品引き取り

ドライバー

お住まいによっては解体を伴って搬出しなければいけない事例が多くあります。その事例についてご紹介していきます。

家財の解体作業

住まわれているお家の中で撤去をする場合にどんなものを解体しないと運び出しに困るのでしょうか?

  • 倉庫・物置
  • 大型家具
  • 通路の幅よりも大きな家具

こういったものが主に解体が必要なものとなります。

物置の解体工事

物置

住宅の売買をする時には一軒家の庭先やマンションのベランダに置かれた物置を撤去しなければいけないことが多かったりします。

設置した時も業者によって組み立てられたものが多く、電動工具などが無ければ解体するのも難しかったりします。仮にご自身で解体が出来たとしても、その処理方法にも困ってしまったりもします。

そんな時にもお役に立ちます。解体工事から引き取りまで全て行います。物置の大半はボルト止めになっていて、スパナなどで手回しでは到底追い付きませんので、やはり電動工具でなければ作業はままなりません。私たちにお任せいただければ短時間で倉庫や物置も解体が出来ます。

組み立て家具の解体作業

組み立て家具は狭い通路のお部屋などでは搬入しやすいというメリットがあります。しかしその逆に搬出する時には組み立てた家具を解体して運び出さなければいけません。

組み立て家具

よくご依頼いただく家具の解体作業

  • ベッド(2段ベッドなど)の木枠解体
  • タンスやワードローブの解体作業
  • ダイニングテーブルなどの脚の取り外し
  • 机や本棚

組み立て家具でもお部屋の中からそのままの状態で運び出しが出来れば良いのですが、組み立てることでお部屋の扉サイズよりも大きくなる物は解体作業が必要になります。

組み立て家具以外の家具で解体が必要なケース

組み立て家具以外でも解体をしなければお部屋から運び出しが出来ないケースもございます。

階段

3階建ての一軒家などでキッチンや居室が2階や3階にある場合に多いケースですが、新築で引っ越しされた時には「ユニック車」と呼ばれるクレーン付きトラックで窓から大型家具を搬入しているケースがあります。

この場合も同様にクレーンでの搬出をしなければ階段からの運び出しが出来ない事例が多々あります。クレーンでの運び出しとなると費用も高額となり、数万円単位の費用が必要となります。

クレーンを使わずにということになれば解体して運び出しをする必要があります。解体をすることで、車両の費用を抑えることも出来てコスト的なメリットもあります。

解体の作業費

解体の作業費はロケーションや作業内容によっても異なります。作業時間の短く済む内容であれば安価に行うことが出来ます。まずはお見積りご相談ください(無料見積もり)

わかりやすい明確な料金システム

ご相談のご連絡お待ちしてます