タイヤの処分方法

 

不要な古タイヤ。処分が出来ずにずっと放置したままにしていませんか?
そんな困った古タイヤの処理方法をご紹介します。

タイヤ

タイヤの処分

使い古しのタイヤや、いつか履こうとして保管していたタイヤが劣化してしまって処分するしかないなど理由は様々です。

ただタイヤというのはタイヤショップで交換のときに処理してもらうと手間は少ないのですが、自分で処理をしようとすると結構大変だったりします。

粗大ごみでタイヤの処分

粗大ごみでタイヤは処分できないのか?そう思う方もいることでしょう。しかし大半の行政ではタイヤの収集をしていません。

例えばですが神奈川県横浜市で例を挙げてみます。

市では収集できないごみ

【参考】
購入先や販売店等で対応できない場合、問い合わせ先が分からない場合は、お住まいの区の資源循環局事務所にご相談ください。

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/gomi-recycle/gomi/shushufuka/das6.html

このように収集自体を行ってはいないようです。

処理方法

行政で収集が出来ないのならば他の処理方法としてどんなことがあるのかを考えてみました。そしていくつかの例を挙げてみます。

再利用が出来る場合

もしタイヤとして使えそうなのであれば中古販売に出してみるというのはどうでしょうか?溝がまだ5分山以上あるのなら購入してくれる人も見つかるかもしれません。販売にはヤフオクやメルカリのようなフリマアプリで売ったりするのが簡単です。

タイヤにアルミホールがついていれば「セット」での方が売りやすいです。タイヤというよりはホイール目当てで購入する人がいるからです。実際に私も片減りしているタイヤセットをホイールが欲しくて購入した経験があります。

ショップでの廃棄

タイヤショップへ持ち込みで処理の受け入れしてくれる場合もあります。必ずどこのショップでも受け入れしてくれるわけではありませんので、事前に確認をする必要はあります。そして処理には費用がかかります。

私の事例で言えば、古タイヤ付きのホイールを購入したときに、新しいタイヤ交換をショップにお願いしたときに古タイヤを処理してもらいました。このような流れであれば受け入れはまずしてもらえます。古タイヤだけの持ち込みというのは少し抵抗ありますよね。

ただ、まだ溝があるような中古として利用できそうなタイヤであれば、買取、もしくは無料引き取りしてもらえる場合もあります。こういったショップを利用するというのも方法の一つでしょう。

タイヤ買取ショップサイト

使わなくなったタイヤは
ホイール付きなら処分料はかかりません!

http://suzuki-tyre.com/recycle/

スタッドレスタイヤの場合

スタッドレスタイヤは使用頻度が短いことから、夏用のタイヤに比べると溝がまだまだ残っていることがあります。
しかしスタッドレスタイヤの場合には溝もそうですが、時間が経過することでゴムが硬化していきます。
このことでスタッドレスタイヤとしての性能が衰えてしまいます。
2年もしくは3年程度でしたら中古で売買か譲渡をして処分するのも良いでしょう。
それ以上過ぎているようなタイヤの場合には廃棄にした方がよいかもしれません。

中間処理場への持ち込み

お住いの近くですぐに見つかるわけではありませんが、中間処理施設というのがあります。
建材などの廃材を受け入れしてくれたりする施設です。
持ち込まれるものの中にはタイヤなどもあります。
こういった施設に直接持ち込めば?と考えられるかたもいらっしゃいますが、大体の処分場は契約が必要になります。
契約を交わした後に持ち込みが出来るようになるので、一般の人が持ち込みをするというのは現実的に難しいと思います。

まとめ

タイヤは行政での収集が難しい物になります。再利用できそうであれば売買をする。もしそれが難しければショップ相談するというのも良いでしょう。それかそういったショップが近くになければ回収業者に依頼をするのも方法の一つです。

わかりやすい明確な料金システム

フリーコール0120621671