失敗しない不用品積み放題プランの依頼の選び方

トラック

不用品回収のトラブルは現在も後を絶つことがなく、その主な原因としては金銭のトラブルが大半です。「不用品トラック積み放題プラン」のような定額を売りにした内容でも思わぬ誤解や落とし穴てきなこともあります。正しく理解してスムーズに依頼するために解説していきます。

スポンサーリンク

不用品回収のトラブル

回収トラブルの原因にはいくつかありますが、それは誤解から来るようなものも多くあります。ネットなどの場合は、ホームページにも料金表が記載されていたり、見積もりを発行してりすることで未然に高額請求を防ぐことも可能ですが、「こちらは廃品回収車です。」と拡声器を使って回収に回る業者との間には結構トラブルがあり、今でもそれは無くなっていません。

よくある事例

  • 先積み費用請求
  • 高額請求
  • 追加請求
  • 見積もりをしない
  • 広告の費用と異なる

「どんなものでも回収しますお気軽にご相談してください」とまるで無料を思わせるフレーズが入っていることから、本当に気軽に声をかけて、詳細も聞かないまま依頼をして後から請求されるケースが非常に多いです。依頼者も「引き取ってくれるの?」と聞いて、回収業者は「引き取りますよ」と答えるでしょう。積んだ後から「〇〇〇円いただきます」と請求をされる。依頼者は「ただじゃないの?」とこの時に気づくわけです。一度積んでしまったら回収車業者は引き下がりません。そして渋々払うことになるのですが、その金額が高額だったりするのです。

このように金額がかかるかからないが曖昧な状態でのやり取りが拡声器を使った業者では非常に多いのです。

チラシの業者なども「トラック1台〇〇〇円」と書いてあるのを見て依頼した方は、作業に終わった後に総額を聞いて驚かされるケースもあります。「トラック1台で〇〇〇円じゃないの?」と聞いても「追加の作業費」や「定量をオーバーしている」などど、追加費用がかかることを告げずに作業を続け、終わった後に請求するパターン。

荷物の量を見て「積んでみないと分からない」と見積もりが出来ないのか、しない業者もいますきちんとどこまで積んだらいくらの提示もしない業者はこの時点で怪しいです。経験豊富なプロ業者であれば見て量の見積もりは出せます。

チラシやネットに記載してある費用と大きく異なる場合もあります。基本料金的なものを最安値に設定して、いざ見積もりを出してみると追加費用だらけ。最終的には他の業者が謳う金額と変わらなかったり、もしくはそれ以上に高い価格になる場合がある。

高額請求の事例

不用品トラブル大田区

廃品回収で思いがけない高額請求が!|大田区

更新日:2021年4月14日

[相談事例]

 ポストに入ってきた不用品回収のチラシを見て電話をかけ、冷蔵庫と洗濯機の回収を依頼した。代金は2点で1万円くらいであり、回収車にスペースがあれば、他のものも引き取ってくれると案内された。
ところが、当日、自宅に来た事業者から2万円になると言われた。他にもマットレスやガスコンロの回収をお願いしようと思っていたが、それらを含めると65,000円になるが、手持ちのお金がないと言うと、55,000円で良いと言われた。引っ越しを翌日に控え、回収してもらうしかなく、55,000円を支払ったが、納得がいかない。

たった2点の引取りにも関わらず、最初は1万円から2万円に跳ね上がるのもおかしな話です。理由もなく倍の金額はあり得ないです。そして、マットレスとガスコンロの引取りが4万5千円ということですかね。家電リサイクル品の冷蔵庫と洗濯機が当初の倍の値段にされて2万円であるにも関わらず、マットレスとガスコンロがその倍以上とは不思議な価格です。

ポスティング業者の中で特に悪質なのが、住所の記載が無い場合です。後にクレームを入れたくても連絡がつかず泣き寝入りすることが多い。それ以前に、このように価格を急に倍にするような業者には依頼しないのが一番なのです。引っ越し前で急いでいるのならば他の業者を調べれば良かったのでしょうが、おそらくネットなどの扱いをよく知らない方だったのかもしれません。悪徳業者はそういった弱みに付け込むのが得意です。急な片付け・時間の無い場合はこのようなことが起きやすいのも事実です。時間に余裕を持って下調べをすることが重要。

対策方法

不用品回収はお部屋の中からの「運び出しサービス」の作業費が入っているため、粗大ゴミ収集の手数料とは異なります。もしも少しでも安い費用で処理したいというのであれば間違いなく安いのは行政の粗大ゴミ・大型ごみの収集です。大型の物が運び出し出来ない場合には不用品回収業者に依頼をするのも方法の一つですが、しっかりとした見積もりをもらい成約することにしましょう。

  • 見積もりをもらう。
  • 金額の変更が無いかの確認。
  • 知人・友人など利用したことがある業者の紹介

定額積み放題プランでよくある間違い

粗大ゴミ

不用品回収業者各社で「不用品トラック積み放題」を謳うプランがあります。しかしどこの会社も同じようなサービスかといえば、積める量であったり、積める物が異なっています。そういった点で以前に頼んだ会社と同じかと思い、別の会社に依頼をしたら高額になってしまったという事例もあります。

  • 2トントラックといってもボディサイズは異なる
  • 定額といっても積める量が違う
  • 追加費用がかかるものがある
  • 基本料金とは別にオプション費用がかかる

積載量とボディサイズは同じではありません。例えば2トントラックといっても「平ボディ」や「アルミバン」では形状も異なり積める量が違います。ただし、どちらも重さ2トンまでは積むことが出来ます。積む荷の重さによって変わるということです。しかし、家財道具というのは、砂利や石などに比べたら軽いものなので、アルミバントラックに満載に積んでも1とん程度で2トンまでは達しません。つまり、より大きい箱形のトラックで積み放題プランの方がお得と言えます。

トラックの荷台の大きさの違い


「2トントラック積み放題」といっても、そのトラックに積める量の条件が会社によって違います。5立米であったり、10立米など。例えば5立米で50000円と10立米で90000円では費用としては90000円の方が高く思いますが、「立米単価」は後者の方が安くなります。片付けたい荷物がどのくらいあるかによっても、その「条件」によって価格の差が出てしまいます。なので選ぶポイントとしては「立米単価」(1立法メートルの単価)がいくらなのかを目安にするとより分かりやすいかもしれません。


追加費用がかかるケースとして、プランの詳細に書かれている決められた条件から変更がある場合です。例えばプラン中に「積載量/5立米」「含まれる/人員1名」「作業時間/3時間以内」と記載があったとします。これを超える荷物が出た場合や、作業時間が過ぎるような場合には追加費用を請求されることがあります。そのスタッフにもよるでしょうが、大目に見てくれることもありますが、しっかり取られる会社もあります。元のプランの価格が破格であればあるほど、追加の費用が高くなるケースもあります。


トラック積み放題のプランの基本料金には「作業費・処分費」が全てコミというのが定番なのですが、運び出しの場所や人手がさらに要る場合はオプション費用として別途料金がかかることもあります。例えばエレベーターの無い階段5階と2階や、40階の高層マンションからの運び下ろしでは、時間も作業も条件が大きく異なります。このような場合に請求されることがあります。作業を依頼をした後に請求されることでトラブルになりやすいですが、事前にロケーションも確認して別途費用についても納得して依頼することをお勧めします。

積み放題トラブルに会わないためのポイント

定額プランはどこも同じと思わず、詳細を確認することが大切です。

  • 料金・積める量
  • 追加費用がかかるものが含まれていないかの確認
  • 作業時間と追加費用の有無
  • 見積書を提示
  • 作業後の支払いの流れを確認

このようなことは本来は業者側から伝えるべきことです。最終的な価格がいくらになるのかを明確に伝え、それにお客様が合意したうえで進めるべきことなのです。そういった確認がが無い業者というのはやはり注意が必要です。

会社の身元を確認

依頼をするのであれば安心できる会社を選びたいものですね。選び方の中で「法人なのか個人」というのも重要です。何が違うかというと、法人は「信頼性」です。登記を法務局で行い、その他の官公署にもそれぞれ書類を提出します。身元や所在地がはっきりすることで、誰が代表者でどこの場所に本店があるのかも分かります。しかし個人事業で行っている場合は、そのような書類の提出もありません。何かあった時にはどこかに消えてしまうこともあります。

信頼性を持った法人。そして長く営業をしているところほど、それだけ何も問題を起こしていないということにもなります。

当社のトラック積み放題プランの場合

不用品回収コーモド

コーモドは2007年に創業のリサイクルショップ。片付け代行のプロであり、多種に渡る中古品の取り扱いも熟知。積み放題プランも各種提供。さらに買取もすることで、他社のプランよりもっとお安くなる場合もあります。

不用品の処分と買取

選べる5種類の積み放題定額プラン

不用品トラック積み放題プラン各種

まとめ

不用品のトラック積み放題で各社のサービス内容の違いにより、ユーザーとの認識のずれがあるケースがあります。定額だからどこも同じと思わず、しっかり中身を精査する必要はあります。追加になるアイテムや・時間やロケーションによる別途費用は依頼の前に確認しましょう。総額がいくらになるのかを確認し、金額も会社選びも納得したうえで依頼にすすむことをお勧めいたします。

Follow me!

お問合せはこちらから