麻生区上麻生での不用品引き取り作業事例

川崎市麻生区で行った不用品の引取りの作業内容やそれにかかった費用についてなどをご紹介していきます。片付けご参考にお役立てください。

川崎市麻生区で不用品回収

麻生区上麻生にお住まいの方から不用品の片付けのご相談をいただきました。処理しにくい物や手間のかかるものを中心に引き取りをして欲しいとのことです。この地域からは依頼も多く通い慣れた場所でもあります。

《関連記事》

麻生区の不用品回収

麻生区の不用品とゴミの出し方

住宅の売却に伴った整理

片付けをするのはこの住宅を販売に出すからということで、「内覧」が出来るようにするためのようでした。すでに住まわれていないので、足を運んで整理をするのが難しいとのことでした。確かに住んでいないと片付けは結構大変です。

運び出しが難しい大型家具

2階建てのお住まいでしたが、2階にも大型の家具などが多く残っていました。このような家具は購入時には業者搬入が大半ですから、それをご自身で階段で下ろすというのは楽な作業ではありません。

まずそれらの大型家具の引取りを優先にして欲しいとのことでした。私たちが運び出しする時には引っ越し業者のように養生が必要な場合は行い、建物には傷がつかないように運び出しをしていきます。ですので、こういった代行作業は非常に喜ばれています。

処理が困難な金庫の引取り

大型家具などは運び出しに困るものですが、「処理」に困るものというのもあります。その中の一つに”金庫”があります。金庫は粗大ごみでも引き取りはありません。そして重量があるので、持ち上げるのも大変なんです。

どうしてあんなに重いの?と思われる方もいると思いますが、あれは中にコンクリートが入っているからです。書類などを火から守るためにそのような作りになっています。その分重量が増しているというわけです。

今回は金庫も引き取りとなりました。

引取りの荷物の量

間取りは6LDKという大きなお住まいでしたが、大半の物は整理がされていて、今回の引取りの荷物の量としては約15立米(15立方メートル)ほどでした。2トントラック(屋根付き箱型)に1.5台分です

内容としては大型家具類(食器棚・本棚・ベッド・チェスト・タンスなど)日用品雑貨・本、その他といったところです。

食器棚やタンスといったものはかさが出やすいので結構な容積を占めてしまいがちです。

引取りにかかった費用と作業時間

こちらのお住まいの引取りにかかった費用ですが、階段下ろして大型家具もありますから3名作業ということと、金庫のような特別な処理が必要な物も含まれていました。追加費用が少しかかりましたが、約13万円ほどとなりました。積み荷が15立米ほどですから、1立米の単価は9000円ということになりますね。

作業時間としてはすべての作業終了まで約5時間ほどとなりました。

お客様の声

ご依頼をいただいたお客様からは素早い片付け作業で、見ていて気持ちが良かったとお褒めの言葉もいただきご満足いただけました。残りの物に関してもまた依頼するかもしれないということで、またのご依頼をお待ちしております。

フリーコール

お問い合わせはこちらから

Follow me!