品川区でベッドの引き取り作業

ベッド

引取りの依頼の中での件数が多いのが「ベッド」です。やはりサイズや重量がネックとなり粗大ゴミでは運べないという理由からご相談されることが非常に多いです。品川区で行ったベッドの引き取りについてご紹介していきます。

品川区ベッドの処分のご依頼

ご相談者の方は女性の方で、「ベッドが部屋から出せない」ということでご依頼をいただきました。電話見積もりで料金をお伝えして、費用にご納得いただき即ご依頼という流れになりました。

ベッドには種類やサイズがある

ベッドと一言で言っても、種類やサイズも様々です。折りたたみベッド・パイプベッド・収納がついた引き出しタイプのベッドや跳ね上げのベッド・木枠ベッド・一体型ベッド。そしてサイズもシングル・セミダブル・ダブル・クイーンといったように分かれます・

粗大ゴミでも処分は出来る

基本的にはベッドは品川区の粗大ゴミでも出すことは出来ます。エレベーターが付いているマンションやゴミ置き場が近くにあるのであれば出しやすいですが、離れている場合は少し手間です。粗大ゴミセンターに申し込みをして手数料分の「粗大ゴミシール」を貼って収集日の朝に出せばOKです。※住所氏名を記名する

不用品として依頼された理由

不用品として回収の依頼されるケースとしては、「搬出が出来ない」という理由からです。もし仮に出来るのであれば、粗大ゴミでも出せるわけですから、無理に業者に依頼をしなくてもいいわけです。

運び出しが出来ない

今回のベッドは「一体型」の木のフレームとベッドマットが一つになったタイプのものでした。通常のマットレスであれば柔軟性もありますし、スプリングだけですから少しは軽いです。しかし一体型はスプリングと木のフレームが一緒になっているため重量があります。約30キロといったところでしょうか。それを持ち上げて粗大ゴミ置き場までを階段で下ろしてというのは女性の方には少し無理がありますね。

お部屋からの運び出しも基本的にします

不用品の回収業者というのは「運び出しの作業代行」というのが本来の趣旨でして、ただの収集というだけとは少し違います。引越し業者のような技術でお部屋から運び出して引き取りをするというのがこの仕事なんです。

今回のロケーションと作業内容

アパートの二階からの運び出しでした。ベッドはお部屋から運び出すときにはいつも立てて出すのですが、決まって玄関のドアの鴨居に当たってしまうんです。ドアの方が高さが低い。まだ玄関だけでなら良いのですが天井が低いところはちょっと厄介です。

このお住まいでは立てることは特に問題ありませんでした。しかし玄関出ての通路が狭いため、上手にベッドを回転させないと出ていきません。こういったところもいつもの経験がありますから、難易度としては低めでした。

ご依頼のお電話の時には、「重たいベッドで通路が狭くて…」とご心配されていましたが無用でし(笑)

シングルサイズくらいの一体型ベッドであればいつも一人で運び出しは十分可能です。もちろん女性や高齢の方にとっては難しいかも知れません。しかし私たちは運びのプロですから。これくらいのことはいつものことです。

仮にこれがダブルサイズとなると横幅が140センチ以上あるので一人で抱えるのは難しくなり2名での搬出となります。

引き取りにかかった費用

今回のタイプのベッドの引き取りの費用は交通費・運び出し作業費などを含め8500円税別となりました。

ベッドの運び出し処分にお困りの時にはお気軽にご相談ください。

【関連記事】

品川区の不用品回収

品川区の粗大ゴミ料金

品川区で評判の不用品回収業者

品川区で引越しゴミの処分

わかりやすい明確な料金システム 2種類のシンプル料金 個別の取引合計金額 トラック積み放題プラン 料金体系・システムについて

お電話でのお問い合わせはこちら FREECALL 0120-621-671 受付時間9:00〜20:00 お気軽にご連絡ください! ご相談だけでもどうぞ! スマートフォンでタップ!!