東京都足立区で家財処分

東京都足立区で行った家財処分の事例と費用などについてご紹介していきます。「頼みたいけど、どのくらいの費用がかかるの?」という方は参考にしてみてください。

足立区竹ノ塚で集合住宅で家財処分

お母さまが住まわれていたお部屋をご家族の方からご相談をいただきました。お住まいは同じ都内ですが、一軒分の家財道具で大型家具などもあることから、通って処理が出来ないというお悩みでした。片付けの期限も決まっているということで早急に行わなければいけないというのが条件でした。

賃貸物件の退去に伴った片付け

賃貸物件の場合は(退去の告知をすると)退去日というのが決まっていて、その日までにすべての荷物を出さなければいけません。仮にこれに遅れると違約となってしまいます。

間取りと荷物の量

お部屋の間取りは2LDKで約45平米程度といったところです。無駄なものが無い、スッキリとしたお部屋の印象でした。置いてあるのはテレビ・冷蔵庫・洗濯機といった家電類と家具や寝具。日用品としては食器類といったところです。

量としては20立米未満の見積もりで、2トントラック(箱型)で2台といったところです。

作業内容とかかった時間

家財道具はありますが、雑誌や日用品が雑然と散らかっているわけでもなく、家財道具を運び出すだけの作業がメインの内容でした。そしてお部屋も1階でしたから、こうなると作業時間は非常に早く済みます。2台分の積み込みにかかった時間は約3.5時間といったところです。いつもですと「仕分けの作業」に時間が結構かかるのですが、今回はその辺りがほとんどなく早く終わった理由です。

荷物の運び出しが終わるとエアコンの取り外しも行いました。ご自身で取り付けたエアコンの場合は退去の時には取り外ししなければいけません。

最後は簡易清掃。これで綺麗になり引き渡しには十分となります。

処分にかかった費用

家財道具の量としては約20立米で箱型の2トン車が2台ということです。立米単価が9千円で計算をしたら18万円ほどになるのですが、12万円ほどで見積もりさせていただきました。

これにはいくつか理由があり、「運び出しが楽」「リユース出来るものが多い」といったことからお値引きをさせていただきました。

作業時間が短く済んだり、仕分けの手間がかからず多くの人員を必要としないというのもコストカットになります。再利用できるような家財道具が含まれていれば「買取」で費用もお安くなるという仕組みです。

お客様の声

他社にも見積もりは聞かれていたようですが、今回は弊社を選んでいただきました。金額的にも、作業内容にもご満足いただけたようです。

「年代的に同じように親の家の片付けに困っている人が多くいるので、是非友人にも紹介したい」と仰ってくれました。

そういったお言葉をいただけると非常に嬉しいですね。仕事の励みになります。

 

Follow me!