川崎市幸区で大型家具と家電の引取り

家具と家電製品の引取りを川崎市幸区からいただきました。その作業内容の事例と費用についてご紹介していきます。

幸区で家具と家電の引取り

幸区は営業所からも近くお客様も近くの業者が良いということで選んでいただくことが多いですが、今回は運び出しが困難ということと、粗大ごみでは処分が出来ない冷凍庫の引取りのご相談をいただきました。

  • ダイニングテーブル
  • 椅子6脚
  • 冷凍庫

こんなものを引き取りしました。

何が運び出しが難しい品物かというと「ダイニングテーブル」です。サイズが1500センチ以上あり、サイズもそこそこ大きいのですが重量もありまして、一人でお部屋の中から運び出すには少し苦労するサイズです。そして冷凍庫も「家電リサイクル品」の扱いなので、処理には手間がかかり面倒なんです。

引取りはマンションだったのですが、こちらはいつものマンションとは少し違いました。

引取りのロケーションと作業

タワーマンション

いつも引き取りしているマンションは4階建てや少し高くて10階建てくらいのところが多いのですが、今回は「タワーマンション」でした。タワーマンションが何なの?と思うかもしれませんが、大型の施設の場合には、車寄せが近くになかったり、近場は満車だったりすることが多いんです。

まずは警備室で届け出をして、駐車のカードをもらい指定の場所に停めることになります。やはり一番近いところは空いておらず、他の遠いスペースに駐車しての作業となります。こういった手続きと移動だけでも30分くらいは過ぎてしまいます。

そして続いては高層階のお部屋となると結構エレベーター待ちがあるんです。数十階上に一度上がって降りてくるみたいな感じなので、数分は待つこともあります。

貨物を運ぶ場合は「貨物用エレベーター」を使うので、一機しかないです。引き取りの階に着くとお部屋はすぐ近くで助かりました。しかしお部屋からトラックまでの一往復で大体15分くらいはかかってしまいました。

お部屋から荷物の運び出し

部屋を出て下まで下ろしたりの移動の時間はすごくかかるのですが、お部屋からの運び出しはというと実際のところそこまで時間はかかりません。トータルで20分程度でした。お部屋からよりもお部屋の外からの方が長かったですね。

かかった費用

今回の引取りは運び下ろしの移動距離と冷凍庫の家電リサイクル費用を含めて費用を算出いたしました。トータルでは税込みで18000円となりました。

自分で運ぶ場合

もしこういったものを自分で運ぶということならどうなっていたか?ですが、まず大型の家具や家電を運ぶ時には「台車」が必要でしょう。それも平台車と呼ばれるものです。持ち手があるタイプのものだと邪魔で押しづらいんです。

仮に購入するにしても、こんなタイプの台車は業者くらいしか使わないので、一度くらいの使用ではもったいないですけどね。しかし無いと一人では持ち上げては運べないので、下ろすことは至難の業になります。

お客様声

自分では運び出すには難しいということからご相談をいただきましたが、綺麗に片付いて作業を終わる時には「助かりました」と感謝の言葉をいただきました。

幸区以外の対応エリア

幸区以外のその他の川崎市内も引き取りは対応しております。

【地域から選択】

川崎市:川崎区・幸区中原区宮前区高津区多摩区麻生区

お問い合わせはこちらから

フリーコール

Follow me!