東京都町田市広袴の家財処分

住宅の売買に伴い、家屋内外に残った家財処分の作業を行いました。その作業内容と費用についてご紹介していきます。参考にお役立てください。

広袴の一戸建ての家財処分

東京都町田市の広袴で家財処分を行いました。小田急線の鶴川駅が最寄りの地域です。お住まいは一軒家で2階建ての住宅でした。必要な物、衣類などはすでに整理されていましたが、大きな家具や重たい物や処分困ったものが残されている状況でした。

DIYが趣味だったようで、電動工具や作業代など。自作で作った壁も「動産物」扱いになるので、売買時には撤去しなければいけないことがあります。動かせるものはすべて撤去というのが作業の条件でした。

住宅の間取りと荷物の量

お家の間取りは2LDKです。通常ですと一戸建ての場合は3LDK以上が多いのですが、間取りの数は少ないですが、ここは一つのお部屋が広めの作りでしたから、床面積は80平米ほどですから決して狭くはありませんでした。

そして荷物の量としては、1階のリビングとDIY作業部屋に荷物が集中している感じでした。そしてタンスなどの「かさ」が増えるものも多かったので家屋内にある荷物は25立米ほどと見積もっていました。2トントラックの箱車で3台あれば済む程度です。

そして外周りに残ったものもあり、これがトラック約1台分。計4台の計算となりました。

作業にかかった日にち

作業としては4台分の荷物で、リサイクルをするためにしっかりと分別をしなければいけません。そういった作業をすることも考えると2日の工期が必要でした。人員は3名で行いました。仕分け分別とトラックへの積み込み、そして移動を合わせると朝9時から始まってみっちり8時間はかかる内容でした。

処分の費用

作業にかかった費用ですが、約25万円ほどとなりました。見積もりに関しては弊社一社だけではなく、他社と比較されての決定でしたから、価格が安かったと推測しています。他社がいくらだったのかは聞いてはおりません(笑)

お客様の声

住宅の売買契約の日程が迫っているということで、少しお急ぎ気味でした。日程を繰り上げて作業を行い、「こんなに早く終わるとは思っていませんでした。綺麗にやっていただいて助かりました」と時短で終了したことにお客様にも大変喜んでいただけました。