実家の片付けは誰がするの?早めの対処は自分をも救う

親が住んでいる家の整理は誰がするものでしょうか?住んでいる親がするのは当然のような気もしますが、突然亡くなってしまい残った家財品を子供たちがしているという話は少なくはありません。身近に住んでいるのであればいざ知らず、離れた住まいの場合には整理のために通うのも大変な労力です。そんな大変なことにならないための早めの対処についてご紹介していきます。

実家の片付けは意外と大変なんです

実家をすでに出てしまい、いま住んでいるのは親だけというのは多い話です。そんな親もいつかはいなくなるときが訪れてしまいます。そして整理をしなければいけない時期がやってくるわけです。しかし今まだ存命であるのにも関わらず、あれもこれも処分すると言ったところで親が納得する話でもありません。そんな時にどの様に整理を進めていけばいいのかを考えるのが鍵となるわけです。

親の家の片付けが進まない理由

高齢になってくると身体の自由も若かった時のようには動かすことが出来なくなります。普段から片付けの習慣があれば物を溜めない癖がついているのですが、整理が苦手な人の場合は少しずつの荷物がだんだん溜まり、気づいたときには山のようになってしまうことがあります。

特に一軒家の場合ですとお年寄りにはきつい作業になります。階段の登り下りで荷物を下ろすというのも楽ではないからです。

過去に見てきた現場の中の事例で言えば、夫婦二人の時には一緒になって整理できていても一人になった時に物が増え始める傾向です。ですから子供さんたちがこまめに様子を伺い、手伝ってあげる環境が望ましいです。ただし「片付けろ 片付けろ」の押し問答は良くありません。

片付けをせかすと喧嘩に発展してしまうこともある

親が買った家、そしてそこに自分の私物を置いていて、それを子供たちから「整理したら?」といわれて、「はい片付けます」という親はまずいないでしょう。どれだけ物が溢れていようが、「自分の家なのだから自分の勝手」と思っているに違いありません。

しかしそれを放置したままにしておくと、いずれその片付けは自分の身に降ってくることとなります。しかし強行にでるわけにもいきません。関係を悪化させることにも繋がりかねないからです。あまり感情的にならず粘り強く説得することが賢明です。

親の説得

家の中の収納からはみ出してしまったもの、その多くが不要品であることが多いです。同じものがいくつもあったりしても無駄ですし、使わないのにずっとしまいこんでいるというのも勿体ない話です。

しかし家の整理については、直接的なものの言い方は避けたほうがよいです。それは「喧嘩の始まり」になってしまうからです。「捨てなさい」「片付けなさい」と自分が小さな頃に親から言われ続けたような言葉だと思いますが、すんなりと片付けたという人は本当に素直に育ったのでしょう(笑)。大半の人が抵抗していたと思います。

それが今は逆転する立場になるのですが、だからといって親も素直に片付けてくれるわけではありません。

他の人から見ればゴミに見えてしまうものであっても、本人からすれば大切にしているコレクションだったりします。必ずしも感覚を共有できるわけではありません。

しかし何でも溜めれば良いわけでもありませんから、「何を残すべきで、何を整理したらよいか」を辛抱強く、粘り強く説得していく必要があります。

まずは自分たちが使っていた部屋から片付けを始める

親の家といっても、かつては自分たちが住んでいた子供部屋もあるかと思います。まずはその部屋から整理をするというのも方法の一つです。いくつかある子供部屋だけでも整理されていれば後々には楽になることは間違いありません。

いくら親の家だからといっても子供部屋ですから、そこは使用していた人が片付けることに対しては親も抵抗はないはずです。子供部屋が片付くことにより親たちが生活しているエリアも少しずつ整理をするきっかけになるかも知れません。まずは片付け、断捨離をすることの意義を親自身が認識することが重要で、徐々にでも構わないので整理をすることが大切です。

強行手段は逆効果

見かねて勝手に整理を始めることだけは止めましょう。それよりも親とのコミュニケーションを深くとることが大切です。「なぜこんなに子供たちが言っているのか」まずはそれを理解してもらうことも大切です。親の価値観と子供の価値観の溝を埋めるべく、より多くの会話をして話し合いを進めるのが建設的でもあります。

兄弟・親族で片付けの話し合い

兄弟や姉妹がいるのであれば連携を図って片付けをするのもよいです。どちらかだけがするのも「やった」「やらされた」になって遺恨を残すことにもなりかねないからです。最終的には相続の話になるわけですから、やはり分担をしてお互いに片付けを手伝うというのが円満に解決できるでしょう。

相続のための貴重品管理

よくある事例ですが、お亡くなりになった後に「貴重品」が見つからないということがあります。貴重品というのは資産に関するものです。親と子といってもお金にまつわる話をあまりしないということも珍しい話ではありません。ですが、話をしてこなかったことで相続のときに困る事例は多々あります。

「預金通帳」「証券」「貴金属」「貸金庫の鍵」「遺言書」主にこういったものが重要なものとなります。

何も知らないと相続で困る

貴重品の場所や資産がどれくらいあるとか、遺言書はあるのか?遺言書の保管場所はどこなのか?など親子の間で話し合いをしていないと後々が非常に面倒です。親の物といえども勝手に出きるわけでもないからです。生きていれば譲渡になる物も、亡くなってしまうと遺産の扱いになりますから、相続人同士の権利が発生してしまうわけです。

仮にですが、見つかっていない遺言書の中に相続させたい人の名が書かれていたら、他の人は相続は出来ません。(厳密にいうとそれが全てでもありません。)金銭に関するデリケートな話です。家族といっても関係が拗れることにも繋がりかねません。しかしそれと同時に重要なことでもあるので、全く知らないということはないようにすべき事項です。

家財道具の処分はどうすればよい?

一軒分の家の片付けをする場合のおおよその目安です。間取りによってや住まわれている人によっても差が出ますが、一般的な目安として参考にしてみてください

間取り2トントラックの台数・荷量の立米数
2LDK2台~ 約15立米~
3LDK3台~ 約19立米~
一戸建て4台~ 約28立米~

衣装持ちの人や本が好きな人の家の場合だとこの量からさらに増えることがあります。2トントラックに7立米積みでさらにもう2台くらいは余分にあるかもしれません。

一軒分の片付けの手順

家財道具を整理する場合にはまずは細かなものから、分かりやすいところから始めましょう。

  • 本やタンスの中に入った衣類の整理
  • 収納の中に入ったものを整理
  • 大型の家具や家電製品はすべて細かいものが終わった最後に搬出

衣類と本はお住まいによってはこれだけでも2トン車1台分くらいになる場合もあります。これらが片付くだけでもかなりスッキリしてきます。次に燃えるゴミや燃えないゴミのような仕分け分別の必要なゴミを整理していきます。「これは燃えるゴミ?」「これは燃えないゴミ?」と仕分けをしていると息詰まるときもありますが、ゆっくり落ち着いてやりましょう。

すべての部屋ではなく各部屋ごとに進めていくとペース的にも楽になります。

段階的に出きるところから

例えばですが、2階の居室を一部屋ずつ整理していく、そして1階のリビングやダイニングの整理へ。キッチン周りは細かなものや食品関連(乾物や缶詰)などもあるので、結構手間がかかります。時間に余裕をもってやらないと精神的にも結構疲れてきます。

2トントラックで数台分になる量の家財道具です。それをゴミ袋に詰めて出すわけですからそれなりの時間がかかります。一度に大量のごみを出すのも近隣の人にも気を使いますが、いつでもすぐに出せるように準備はしておくのが良いでしょう。週に2回くらいのゴミ出しで3か月~半年くらいの期間はかかると思っておいた方がよいです。

片付け業者を利用する場合

家財処分を業者に依頼すれば短期間に片付けすることも可能になります。しかし代行で仕分け分別や運び出しなどをするわけですから、「作業費」などもかかりそれなりの出費を伴います。ですが、自分たちではできないと判断した場合には相談してみるのも方法の一つです。

家財処分業者の作業費は会社によっても異なります。リサイクルを中心とした業者やすべてゴミ処理として引き取りする会社によって料金が違います。見積もりは数社取ることと、なぜそのような金額に違いがあるのかを検討してみるのも大切です。

まとめ

実家の片付けというのは予想以上に大変です。親の説得もですが、その大量の家財道具の処理にはかなりの時間がかかると思ってください。しかし時間をかけてでもやれば金をかけずに出来ることなので、家族で力を合わせてやってみるのもよいと思います。

 

Follow me!