お役立ち・不用品処理方法

不用品を廃棄する時にはどのように処分した良いのか分からない時があります。その処分の方法についてここではご紹介していきます。

不用品の種類

廃棄するものは種類として分けることが出来ます。

  • 普通ゴミ
  • 粗大ゴミ
  • 家電リサイクル品

普通ゴミというのは燃えるゴミ・燃えないゴミ・ペットボトルや空き缶などの資源ごみ。これらは行政が毎日日替わりで収集しているゴミのことです

粗大ゴミとは約30センチ以上の大きさの大型の物を呼びます。行政の引き取りサービスがありますが、申し込み制になっていて手数料を支払って収集してもらいます。

家電リサイクル品とは、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・衣類乾燥機・エアコンの5品目を指します。これらは行政での引き取りはありません。家電販売店で買い替えの時に引取りをしてもらうか、指定場所と呼ばれるところへの持ち込み(いずれにしても有料です)、もしくは回収業者への引き取りをしてもらうことになります。引き取りの費用はそれぞれ異なります。

廃棄の方法

不用品を廃棄するにも依頼するところがそれぞれ違ったりします。それぞれの廃棄の方法をご紹介していきます。

  • 粗大ゴミ
  • 家電リサイクル品

粗大ゴミは「粗大ゴミセンター」や市町村の粗大ゴミ申し込みから依頼が出来ます。申し込み後に、粗大ゴミシールを貼って指定日の朝に収集となります。

家電リサイクルは家電リサイクル券を購入して処理をする方法です。費用はそれぞれの品物やメーカーによって異なります。家電販売店や指定場所への持ち込みは”家電リサイクル協会”が進める回収方法です。それ以外の不用品回収業者は海外などリユース目的で引取りされる場合もあるので、費用も少し安いところが多いです。

廃棄するもののそれぞれについてお教えいたします。知りたいものの項目をクリックしてお調べしてみてください。

家電リサイクル品の処理

家電リサイクル品は粗大ごみとしては処理できません。家電量販店や指定場所への持ち込み、または回収業者に依頼することになります。

文書の処理

本や雑誌のようなものであれば古紙回収でも大丈夫ですが、「機密文書」のような扱いのものの場合は”溶解”による処理がコストがかかりますがおすすめです。

廃棄するものでも売れるものはあります

「要らないから捨てる」といっても、ゴミになるものばかりでもありません。中古の価値を知らないまま捨ててしまっている人も多いです。やはり使えそうなものであれば「査定」をしてからが良いでしょう。

リサイクルショップやブランド買取専門店や出張買取などに依頼をすることができます。売れるか売れないか分からなくてもまずは相談からですね。

ご相談のご連絡お待ちしてます