仏壇を処分する前にやるべきことと処理の方法お教えいたします

家財道具の中で処理に困るものの中には「仏壇」というものもあります。どうやって処理をしたらよいのか分からないと迷うこともあるでしょう。そんな仏壇の処分の方法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

仏壇を処分したいとき

仏壇を処分したい時にですが、ただのゴミのように処理するわけにはいきません。仏壇を購入した時には「開眼供養」をしてから使います。供養をしてもらうことで魂が宿りそこに住むことが出来るようにしてもらうのです。事情によっては処分をしなければいけないタイミングもあります。

  • 引っ越し先に仏壇が入らないので買い替え
  • 住居を処分することで仏壇も処分
  • 受け継いでくれる人がいない

処分をする時に、今度は「仏様のお家」から魂を抜いてもらう供養をしなければいけません。この供養が済んで処分が出来ます。ご先祖様を大切にする気持ちは持っていたいですよね。粗末に扱って後々に不幸が来た時に「あの時にしっかりと供養をしておけば良かった…」と後悔はしたくないものです。

閉眼法要、供養の方法

お付き合いのあるお寺さんの住職さんがいればお願いすると供養をしてもらえます。先祖のお位牌を納めているお寺のことです。菩提寺と言います。宗派などがあるので、どんなお坊さんでも供養してくれれば良いというわけにもいきません。仏壇を購入した時にお願いをしたお寺さんにお願いをするとスムーズかもしれません。しかし中には遠い親戚の仏壇を処分しなければいけない場合もあり、宗派が分からない場合には困ってしまします。このような場合には供養を代行してくれる業者を利用するのも方法の一つです。

供養の相場

開眼法要をしてもらう場合に、お坊さんにお経を唱えてもらうことになるのですが、その供養の費用としてお布施の金額は3万円~5万円が相場と言われています。お布施なので値切ったり安くしてもらったりは出来ません。そんなことすると罰当たりになるので、最低でもこの金額は必要だと思ってください。

仏壇を処分する場合は、引っ越しなどでサイズが合わない場合もありますが、継承者がいない場合で処分をすることがあります。お墓自体も整理する「墓じまい」ということですが、その場合には永代供養というのがあります。お墓なしでもお寺で供養をしてくれるものです。その管理費はお寺によっても格差はありますが、おおよそ3万円程度が目安となります。

仏壇処理の方法

法要が終わった後に仏壇を処分することが出来ます。処分の方法にもいくつかあります。

  • 菩提寺にお願いをする
  • 仏具店に依頼
  • 粗大ごみとして出す

仏壇の処分で一番大切なのは「供養」であって、どこに依頼をするのかについての優先順位は特に気にする必要はありません。そのまま菩提寺に引き取りを依頼したり、仏具店に依頼をするのも良いですが、だからといって粗大ごみに出すのはダメということにはなりません。供養のお布施にもそれなりに費用がかかるので、処分の費用はいくらかかるのかも気になるところです。

処分の費用

仏具店や回収業者に依頼する場合には引き取りに来てくれるので、お部屋からの運び出しにも心配が要りません。しかし、交通費や作業費といった人件費がかかるため、粗大ごみで処理するよりも高くなります。供養込みのサービスを利用する場合は15000円~70000円くらいが目安です。(サイズによっても異なる)

参考

日本全国一律料金で、供養を含んだ仏壇引き取りをしているところもあります。

いい仏壇|お仏壇の処分

粗大ごみで処理する場合

仏壇だから粗大ごみ収集が出来ないというわけではありません。収集や持ち込みは可能ですが、運び出しは各自でしなければいけません。処理の手数料は3辺のサイズで決まることが多く(中には品目として決まる場合もあり)、小さなタイプのものであれば200円の粗大ごみシールを貼って収集をしてくれます。大きくなると手数料も高くなりますが、200円~1000円の間が相場のようです。自治体によって手数料に格差があるので、お住まいの地域の粗大ごみセンターで申し込みをした時に手数料が確認が出来ます。

ちなみに横浜市の粗大ごみの処理する場合、「仏壇」の手数料は1000円でした。これはサイズではなく品目として定められていました。

  • 粗大ごみセンターに申し込み
  • 手数料の粗大ごみシールをコンビニや郵便局・スーパーマーケットで購入
  • 粗大ごみシールには、受付番号・氏名・収集日を記載
  • 収集日の朝8時までに指定の場所に出します。その後の立ち合いは必要ありません。

収集の流れはこのようになります。

回収業者への依頼

供養が済んだ後であれば回収業者に依頼をすることもできます。小型の仏壇であればご自身で運び出しをして粗大ごみとして処分も出来ますが、仏壇の中にはサイズも大きくて重たいものも多くあります。仏壇の中には「唐木仏壇」と言って紫檀・黒檀を使って作られるものがあります。非常に重量がある木です。例えば黒檀で作られた唐木仏壇で、サイズがおおよそ170センチ×65センチ×65センチくらいのものだと総重量で100キロを超すものもあります。100キロを超えると簡単に運ぶというわけにもいかないくらいの重さがありますね。マンションからの運び出しだと平台車などが無いと集積所まで運ぶのは難しいかと思います。一軒家の場合でも楽ではありませんね。

そういった運び出しに苦労をする場合に回収業者であればお部屋からの搬出も手間もかからず依頼をすることが出来るのが大きなメリットです。

お仏壇のお引き取りご相談はこちら

ご依頼及び費用のご質問などお気軽にお問い合わせください

片付け代行で暮らしのお手伝い

この記事を書いてる人

この記事を書いているのは株式会社コーモドのスタッフ。2007年の創業から10数年以上のキャリアで、古物販売に関しての専門家。実際に現場作業も行いながら、リアルなリサイクル事情をお伝えする記事の執筆の2足のわらじで当ホームページのコンテンツを作成と管理を行っている。好きなものは古いイタリア車。