大きくかさばる「衣装ケース」の処分と不用品回収

衣装ケースを不用品回収業者に依頼することもできますが、粗大ごみ収集に出すこともできます。その他には損傷が少ない衣装ケースの場合は再利用が可能だったりもします。処理の場合は費用がいくらくらいなのか?どのような衣装ケースなら再利用が出来るかなど分かりやすくご紹介していきます。

衣装ケースの処分

衣装ケースは不用品回収業者やリサイクル業者に回収の依頼することも出来ますが、粗大ゴミとして収集も可能です。30センチを超えるものなので、燃えるゴミなどでは出せないです。(小さく割ったりして30センチ以内になれば可能です。)頻繁に使用するものではないので、使用年数からすると劣化の度合いは少なく、再利用することも可能なので、傷みや損傷がなければリサイクルショップへ持ち込みなども有効です。

破損している場合は処分となってしまい、粗大ゴミで出す場合には有料で、申し込み制により収集します。

衣装ケースの処分費用は粗大ごみがお得

衣装ケースは長さ30センチ超えるものなので、粗大ごみとして処理することが出来ます。申し込み制による有料での収集です。申し込みは粗大ごみセンターへ電話、もしくはインターネットから可能です。

処分の費用

衣装ケースの処分は費用の面では行政の粗大ごみ収集が一番お得です。地域別にご紹介します。

品目手数料
横浜市200円
川崎市 最長辺が30センチ~50センチ未満200円
川崎市 最長辺が50センチ以上500円
大田区300円
世田谷区 最大辺+次に長い辺が140cm以下400円
渋谷区400円
目黒区300円
各地域の衣装箱の粗大ごみ収集手数料

行政の地域によっても収集手数料が異なるのと、サイズによっての計算のやり方にも違いがあります。お住まいの行政によって差がありますから、粗大ゴミセンターで手数料を必ず確認しましょう。

処分までの流れ

粗大ごみの収集は申し込み制です。受付を済ませた後にはっきりと金額が分かった後で粗大ごみシールを買うようにしましょう。(払いも戻しはありません)

粗大ごみセンターへ申し込み

電話かインターネットで受付をします。手数料・収集日を教えてもらえます。受付番号が分かるので控えておきましょう。

STEP
1

粗大ごみ処理券の購入

受付時に聞いた手数料分の粗大ごみ処理券をコンビニや郵便局で購入します。

STEP
2

収集

粗大ごみ処理券に「受付番号」「氏名」「収集日」を記載して職員が見える位置に貼ります。

STEP
3

収集日、終了

朝の8時までに指定の場所に出します。立ち合いなどは必要ありません。

STEP
4

プロセスはいたって簡単です。特に難しいことはありません。

デメリットはあるのか?

プラスチックの素材で持ち運びも難しくはありません。女性の方でも困ることはありません。ただ粗大ゴミ収集の場合は日にち指定をすることが出来ません。引っ越し日など決まった日に出したい時には困る場合があります。それ以外には収納箱をいくつも持っている場合には数量の制限で申し込みが出来ない場合があるのもデメリットになります。

普通ごみで出せるの?

30センチを超えるものは燃えないごみ(普通ごみ)としてはだせません。ただし30センチ以内にカットするなど工夫をすれば粗大ゴミの扱いにはならないのです。

リサイクルショップで売れるのか?

衣装ケースで傷みや汚れが少ない物であればリサイクルショップでも引き取りをしてくれる場合があります。しかし「買取」の場合には店舗への持ち込みでないと難しいでしょう。例えばこれらの収納ケースだけの出張買取という場合には断られるケースが大半です。他の家財道具と一緒であれば可能なケースもあります。

状態によっては買取が出来る

経年劣化によって変色やプラスチックが劣化していないものが買取の対象になります。しかし買取の金額としては一つあたり50円~200円程度といったところ。あまり高値は期待できないアイテムだということも忘れないでください。

全てのお店で買取はしていない

家財道具を取り扱いしているリサイクルショップに査定をしてもらうのがおすすめです。小型店よりも大型店の方がさらにおすすめ。あまり小さな店舗の場合はお店に置くことが出来ないのが理由の一つです。売れ筋のアイテムであれば歓迎されますが、かさばる物を大量にストックするというのはお店にとっても困る場合があります。

不用品回収業者の衣装ケースの引取り

不用品回収サービス

不用品回収業者に依頼をする一番のメリットは部屋からの「運び出し」をしてもらえるということです。しかし作業費や処分費や交通費といった費用がかかるので、依頼をする場合には費用対効果を考えると良いでしょう。つまりお金を支払ってでも運び出す価値があるか無いかということです。

引き取りの費用

不用品回収業者に引き取りの依頼をする場合には「作業費」「交通費」がかかってしまいます 。お部屋からの運び出しには1名~2名必要な場合もありますから人件費が必要です。そして粗大ごみとは違って集団収集ではありませんから、スポットで回収に行くことによる交通費がかかります。作業費・交通費を含めると1回収あたり4000円以上の費用はかかってしまいます。会社によっては料金設定が大きく異なるので、事前に見積もりをすることをおすすめいたします。

運び出しの心配はなく日にち指定が可能

不用品回収業者を利用する最大のメリットはサービスです。日にち指定であったりお時間指定も可能。さらにお部屋からの運び出しに困ることはありません。例えばタワーマンションの高層階からいくつも運び下ろしたい場合にでもスタッフが代わって荷下ろしをしてくれます。

階段下ろしでの作業

お客様の中には粗大ゴミの方が費用が安いのは知っているけれども、「階段で下ろすのが大変だから」と依頼される方もおみえになります。お年寄りの方で、古い団地の5階に住まわれているケースもたまにあります。生活の昇り降りを出来ても、荷下ろしとなると出来ないケースも多々あります。そういった時に便利に役立てる存在でもあるわけです。複数個の衣装ケースを持って階段の往復も代行いたします。

不用品処分

小型家電扇風機掃除機電子レンジオーディオ
テレビ冷蔵庫洗濯機エアコン衣類乾燥機
パソコン空気清浄機ファックスコピー機・プリンターエアロバイク
大型家具ベッドタンス食器棚サイドボード
机・デスクソファーテーブルガスコンロ椅子・オフィスチェア
自転車キャンプ道具衣類古紙布団
オフィス用品什器キャビネット機密書類蛍光管
金庫消火器砂利石仏壇小物金属
スプレー缶タイヤバッテリーバイク
ピアノ灯油乾電池ペンキ段ボール
不用品処分廃棄方法

横浜・川崎・東京で衣装ケースの回収

1点からでも回収にお伺いいたします。

対応エリア

東京都:板橋区・ 大田区品川区杉並区世田谷区文京区目黒区狛江市・稲城市

川崎市:川崎区・幸区中原区宮前区高津区多摩区麻生区

横浜市:鶴見区神奈川区・金沢区・西区中区南区港北区・港南区・保土ケ谷区・旭区・緑区・青葉区都筑区戸塚区・泉区

記載の無い地域でも対応できる場合があります。お問い合わせください。

不用品回収のご依頼はこちらから

ご依頼及び費用のご質問などお気軽にお問い合わせください

片付け代行で暮らしのお手伝い

この記事を書いてる人

この記事を書いているのは株式会社コーモドのスタッフ。2007年の創業から10数年以上のキャリアで、古物販売・リサイクル業の専門家。実際に現場作業も行いながら、リアルなリサイクル事情をお伝えする記事の執筆の2足のわらじで当ホームページのコンテンツを作成と管理を行っている。好きなものは古いイタリア車。

粗大ごみ処理で困ったら不用品リサイクル業者

コーモド
不用品の処分を早く・安く・手軽に。
家財道具のリサイクル買取や運び出し引き取りまで、片付けにとっても便利。