段ボールの不用品回収

段ボールの処分

段ボールを不用品回収業者に依頼することもできますが、資源ごみとして出すことが出来ます。新たに紙の原料になるのですが、その出し方や処理の方法や費用についてお教えいたします。不用品回収業者に依頼した場合の流れなども分かりやすくご紹介していきます。

段ボールの処分は行政の収集がお得

段ボールは「資源ごみ」として収集されてリサイクルされます。古紙は紙の原料となるので、大切な資源でもあります。行政や古紙業者による収集も行っていますが、古紙業者へ持ち込みすることも可能です。

参考

集められた古紙は選別加工をされてまた新たに紙として製品化されます。

どのように古紙がリサイクルされているかのルート

処分の費用

行政や古紙業者の段ボールの収集に費用はかかりません。無料で収集を行っています。自治体によってはその名称が違ってはいますが、どこも無料で収集をしています。。

地域名称
横浜市集団資源回収
川崎市資源物の回収
東京都大田区資源物(9品目)
横浜市の粗大ごみ収集手数料

それぞれの地域で収集日や回数が違っているので、いつ出せるのかを確認する必要があります。

古紙の出し方

古紙の回収は、古紙業者が「集団回収」で行っていることが多いです。集団回収とは分かりやすく言えば、決まった日にまとまって回収することです。小分けだと一度に集まらないので、月に1回や2週間に1回の割合で行っていたりします。PTAやマンションの管理組合などが行う場合もあります。

出す曜日や日にちについて川崎市ではホームページに記載をしていないのですが、理由としては「持ち去り」です。古紙を持ち去り古紙業者で換金するものが中にはいるので、そういった持ち去りを防ぐために公には広報しないようにしています。町内会や近所の人に聞いて知ったりしています。

横浜市の場合は周生期場所に青いステッカーが貼ってあり、そこに回収日が記載されています。

大田区では週に1回の収集を行っています。その他の世田谷区でも週に1回とやはり人口の多い街では収集の頻度も高いようです。しかしいずれの地域でも持ち去りを警戒していて、公共施設へ直接持ち込みを行っている自治体もあります。最近は古紙の価格が下落しているにも関わらず、持ち去りをされることで廃業をする古紙業者が出始めています。それぞれの自治体が助成金を出す形で現在は一応は成り立っています。

処分までの流れ

まずはお住まいの地域の集団回収の日にちを調べておきましょう

段ボールを縛って束にする

アルミコーティングされたものは剥がしてください。梱包の中のビニールは分別してください。リサイクルの妨げになります。

STEP
1

朝8時までに出す

大田区や世田谷区などでは8時までに出すことになっています。川崎市や横浜市の場合は集団回収を行う時間によるのですが、午前中に出すのが望ましいでしょう。遅い時間帯では回収されないことになります。

STEP
2

プロセスはいたって簡単です。特に難しいことはありません。

持ち込みできる場所

段ボールは古紙業者へ直接持ち込みすることもできます。ただし一般の人が出入りしたりや受け入れしているかがポイントです。ただし持ち込みする場合にはしっかりと分別したものにしましょう。ひどく汚れている段ボールは燃えるごみへ。やアルミテープがついているものは取り除きましょう。リサイクルをするということをお忘れなく。

搬入に慣れた業者からの持ち込みが多いので、現地のスタッフはちょっとぶっきらぼうな人が多いですがw、きちんと用件を伝えれば対応してくれます。

川崎市の古紙業者

川崎市にもいくつか古紙業者があり、持ち込みOKの場所があります。

(株)木下 東名川崎事業所

住所|川崎市宮前区神木本町1丁目1−23

(株)木下

住所|川崎市幸区戸手4丁目12−18

TEL|0445445611

特徴|多摩川の土手にあり回り込んで中に入っていくので、始めてはいる時には「大丈夫?」と思ってしまうかもしれないw。でもスタッフの人にきちんと話せば対応してくれます。

横浜市の古紙業者

こづか(株)

住所|横浜市都筑区川和町247

特徴|一般からの受け入れをしているヤードがあり持ち込みやすい。ただしっかりと分別して入れる必要があります。無人の施設なので自由に入れることが出来る。車も停めやすい。

横浜市古紙の回収

東京都の古紙業者

(株)中田 世田谷事業所

住所|世田谷区大蔵1丁目2−6 NAKADAECOLOGY

TEL|03-5494-1331

特徴|大半が業者持ち込みなので、搬入に戸惑う可能性あり。事前に連絡をして搬入について相談されることをおすすめします。

(株)宮崎 六郷営業所

住所|大田区東六郷3丁目25−5

TEL|03-3735-5690

特徴|幹線道路の脇にあり、交差点手前と少し場所が分かりにくい。駐車場があるわけでもないので、初回の搬入時には迷うかもしれないです。持ち込みの前には事前に相談されることをおすすめします。

他にもまだ多くありますが、グーグルマップで「古紙業者」と検索をすると見つかるはずです。川崎・横浜には古紙業者の営業所がいくつかありますが「木下」か「こづか(大興資源)」だったりします。

集団回収や収集のデメリットは?

引っ越しの後などに大量の段ボールがお部屋の中にあると非常に面倒ですが、収集の日にちが週に1回であったり、地域によっては月に1回だったりするので、片付けたい時にすぐに処理できないのがデメリットでしょう。

会社からでも収集してもらえる?

東京都内の収集に関しては事業者からの場合は有料です。無料で回収をしてくれるのは家庭からだけです。古紙業者への持ち込みは事業者も家庭からも費用はかかりません。

不用品回収業者の段ボールの引取り

不用品回収サービス

自治体では無料で収集してくれるものなので、無理に不用品回収業者に依頼をする必要はありませんが、緊急の場合でどうしてもすぐに片付けをしたい場合や事業者など、会社からの場合で自治体では収集をしてもらえないといった理由がある時には回収業者の依頼も有効です。

引き取りの費用

不用品回収業者に引き取りの依頼をする場合には「作業費」「交通費」がかかってしまいます。集団収集ではありませんから、スポットで回収に行くことによる交通費がかかります。段ボールであっても〇作業費・交通費を含めると1回収あたり4000円~の費用としてかかってしまいます。会社によっては料金設定が大きく異なるので、事前に見積もりをすることをおすすめいたします。

手間がかかる心配はない

ひもで縛ったり、マンションの高層階の場合でもお部屋の前まで回収に行くので、手間がかかることが無いというのもメリットの一つです。まとまった量の段ボールは滑りやすく持ちにくいのですが、全て作業をしてくれるのが大きなポイントです。

不用品処分

小型家電扇風機掃除機電子レンジオーディオ
テレビ冷蔵庫洗濯機エアコン衣類乾燥機
パソコン空気清浄機ファックスコピー機・プリンターエアロバイク
大型家具ベッドタンス食器棚サイドボード
机・デスクソファーテーブルガスコンロ椅子・オフィスチェア
自転車キャンプ道具衣類古紙布団
オフィス用品什器キャビネット機密書類蛍光管
金庫消火器砂利石仏壇小物金属
スプレー缶タイヤバッテリーバイク
ピアノ灯油乾電池ペンキ段ボール
不用品処分廃棄方法

段ボールの不用品回収のご相談

ご依頼及び費用のご質問などお気軽にお問い合わせください

片付け代行で暮らしのお手伝い

この記事を書いてる人

この記事を書いているのは株式会社コーモドのスタッフ。2007年の創業から10数年以上のキャリアで、古物販売に関しての専門家。実際に現場作業も行いながら、リアルなリサイクル事情をお伝えする記事の執筆の2足のわらじで当ホームページのコンテンツを作成と管理を行っている。好きなものは古いイタリア車。

粗大ごみ処理で困ったら不用品リサイクル業者

コーモド
不用品の処分を早く・安く・手軽に。
家財道具のリサイクル買取や運び出し引き取りまで、片付けにとっても便利。