横浜市都筑区で古紙と衣類を持ち込み出来る所

紙や衣類は再資源としてリサイクルが進められています。

集団回収などで集められたりもしますが、 直接持ち込むこともできます。 今回はその持ち込みについてご紹介していきます。

古紙や衣類は古紙業者が収集しています

 横浜市内にも 各地域に来し業者は存在します。 今回は横浜市都筑区にある古紙業者を紹介いたします。

 こづか株式会社

所在地: 〒224-0057 神奈川県横浜市都筑区川和町247

 
 
電話: 045-929-1931
こづか株式会社
 

 こちらの会社では 一般からの受け入れも行っています。 会社前には コンテナが並び、 それぞれ分別をして入れることが出来ます。

古紙・古布 大歓迎

ダンボール、

段ボール

新聞紙・ホワイトペーパー、 雑誌ミックスペーパー

新聞・白紙・古紙・雑誌・雑かみ

 発泡スチロール

発泡スチロール

牛乳パック、アルミパック・ペットボトルキャップ・古布、衣類

牛乳パック・古布

といったものが 持ち込みできます。

ただし注意しなければいけないことがあります。

ミックスペーパーなどは、 ビニールに入っている場合は取り出してください。

クリップやバインダーの付いたもは取り除いて下さい。

クリアファイルに入ったままではダメです。

領収書などカーボン用紙が 混ざったものは 紙として扱われません。

 牛乳パックなどで、 内側に銀紙が貼られているものも紙として扱われません。

 持ち込みのメリット

持ち込みの良いところは、 自分の都合のよいタイミングで持っていけるということです。 こちらの施設は24時間 無人で受付可能です。

 デメリットとしては、 本や雑誌は非常に重い。 車に積むにしても労力が伴います。 一度に運べる量も、 車のサイズによっては 少量となるので 何度も運ばなければいけないかもしれません。

 この施設と 他の古紙業者と違うところ

 こちらの施設は 一般向けにも開設していますが、 他の古紙業者の 施設は 大半が業者向けなので、 一般の人が持ち込んだ場合戸惑う点も多いかと思います。

 従業員の方々も 一般の方に 対しての 対応を頻繁に行っていませんので、 不慣れな点もあるかと思います。事情を説明すれば、 大半のところで受付してくれますのでご安心ください。

横浜市内のその他の地域の古紙業者

ここでは一般の方でも持ち込みしやすい施設としてご紹介いたしました。しかし古紙業者は横浜市内にもそれぞれの地域にあります。リンクの貼っておきますのでご参照ください。古紙業者一覧

わかりやすい明確な料金システム

ご相談のご連絡お待ちしてます