ソファの不用品回収

ソファーを不用品回収として処分に出すこともできますが、それ以外の方法としては何があるのでしょうか?粗大ごみ収集やリサイクルショップに売却などといった方法もあります。費用についてや手続きの方法などの違いについてなど分かりやすくご紹介していきます。

ソファーの処分は粗大ごみがお得

ソファーは長さが30センチを超えるものなので、 粗大ごみの収集に出すことは出来ます 。申し込み制による有料での収集です。粗大ごみシールを購入します。

処分の費用

ソファーの処分は費用の面では行政の粗大ごみ収集が一番お得です。 大きさの割には価格が安価なのが大きな特徴です。 例えば横浜市の場合をご紹介します。

品目手数料
1人用(カジュアルソファー) 中にフレーム無しでスポンジ200円
1人用(応接ソファー) 500円
2人用(カジュアルソファー) 中にフレーム無しでスポンジ 200円
2人用(応接ソファー) 1000円
3人用(一体型)1000円
3人用(分割型) 2人用1000円+1人用500円=1500円
横浜市の粗大ごみベッド収集手数料

1個200円からと非常に安い手数料ですね。サイズを考えるとコスパは高いと思います。ただしスポンジのソファーは中に木のフレームが入っていないタイプなので間違えないようにご注意ください。3人掛けのものでも最大で1500円ですからお得ですね

自治体によって名称や手数料は異なりますが、大きく手数料が違うことは無くて、いずれも行政の費用は安いです。粗大ごみを申し込みする時に手数料が分かります。

処分までの流れ

粗大ごみの収集は申し込み制です。受付を済ませた後にはっきりと金額が分かった後で粗大ごみシールを買うようにしましょう。(払いも戻しはありません)

粗大ごみセンターへ申し込み

電話かインターネットで受付をします。手数料・収集日を教えてもらえます。受付番号が分かるので控えておきましょう。

STEP
1

粗大ごみ処理券の購入

受付時に聞いた手数料分の粗大ごみ処理券をコンビニや郵便局で購入します。

STEP
2

収集

粗大ごみ処理券に「受付番号」「氏名」「収集日」を記載して職員が見える位置に貼ります。

STEP
3

収集日、終了

朝の8時までに指定の場所に出します。立ち合いなどは必要ありません。

STEP
4

プロセスはいたって簡単です。特に難しいことはありません。

デメリットはあるのか?

粗大ごみの収集はお部屋からの運び出しはありません。各自で行わなければいけないのです。
1人掛けソファや2.5人掛けソファや3~5人掛けなど。大きさや材質によっても重さも異なります。
革張りのソファは非常に重いので運び出しも非常に大変であります。比較的楽なのはファブリックの物ですが。それでも3人掛けくらいのサイズになると重さもかなりあります。

こんな思いソファーを運び出しをするというのが最大のデメリットでしょうか。

マンションの場合はお部屋から集積所まで下ろさないといけないですから、平台車が無いとソファーは運び辛いです。引っ越し業者が使うあの台車です。

リサイクルショップで売れるのか?

綺麗なソファなら買取りに出すのもいいかもしれません。ブランド家具であれば売れるのは間違いないです。例:ドマーニやカリモクやカッシーナのソファなど。
元々の上代の価格に応じて買取金額というのは決まりますから、値段のつかない物も当然あります。そして査定に出す前には状態をチェックされることをお勧めします。

ブランド・状態によっては買取が出来る

ブランドのあるソファーは評価が高くなります。買取の金額にも影響が出ます。ファブリックは汚れが目立ちやすいので、革の方が高評価。元の価格も高いですし。しかし、破れやシミがあるものは買取が難しくなります。革の場合は手入れがされていないと表面が劣化していることが多いです。一度劣化してるものを修復までしてリサイクルショップは販売しないので、この辺りもチェックするポイントです。あとはペットを飼われているお宅が多いですが、動物臭が強い場合も買取で分かれます。消臭出来るレベルであればOKですし、かなり強い場合はNGになります。やはり次に使う人の事を考えると仕方が無いですね。

全てのお店で買取はしていない

ソファーの買取はリサイクルショップの店舗によっても差が出ます。大きなサイズのものなので、大型店舗でしか取り扱えないということ。事前に買取の取り扱いをしているかを確認すると良いでしょう。

買取してくれるお店が見つかったら、出張査定がおすすめです。家にいたまま査定をしてくれて、そのまま部屋から運び出しをしてくれるので手間が減ります。

不用品回収業者のソファの引取り

不用品回収サービス

不用品回収業者にソファーの回収を処分を依頼する1番のメリットは運び出しの手間が無いということです。粗大ごみで処分したいけれど、実際のところ運べないから困っている…と言われる方が多いのもこのアイテムです。

費用がかかる

大きなサイズのものであることと、ソファーは中間処理場での処分費用も高いので、作業費と合わせるとそれなりの価格になってしまいます。作業費・処分費・交通費を入れると1人掛けソファーでも5000円以上はするのが相場です。3人掛けともなると1人では持ち運びが出来ないので2名作業が通常です。そうなると最低でも15000円くらいの費用はかかるでしょう。

運び出しの心配はない

ソファは搬出が大変なんです。いざ出そうと思ってもなかなか出ないことが多いんです。
それというのも廊下がクランクしていたりすると角度を間違えると閊えてしまいます。
マンションや一軒家でも廊下の幅はそこまで広くありません。
おおよそ80センチとしてもその途中に扉なんかがあると、その扉を開いた状態でも若干狭くなり、ドアノブが引っかかったりします。
二人で運ぶにしてもその呼吸が合わないとバランスも崩れやすいです。
下に毛布を敷いて滑らせて搬出する方法もありますが、ソファの形状によってはそのやり方も有効でない場合もあります。
マンションはまだ良い方ですが、一軒家の場合には2階リビングの場合には吊り上げでソファを搬入することがあります。
吊り上げで入れたものは吊り下しでしか搬出は出来ません。

こういった苦労をせずに搬出代行が出来るのがポイントです。

養生パッド

不用品回収業者はお部屋に傷がつかないように対処しながら運び出しをします。養生のパッドを被せたりと万全の体制です。お住まいの状況に合わせて運び出し方を考えて、中に入ったものなので必ず出していきます。

無理に回収業者を利用する必要はありませんが、運び出しが出来ないと困る時には一度相談してみても良いかもしれません。依頼をする前には費用がどのくらいかかるのか?現地で金額の変更はないのかの確認はしましょう。

家具回収料金

不用品処分

小型家電扇風機掃除機電子レンジオーディオ
テレビ冷蔵庫洗濯機エアコン衣類乾燥機
パソコン空気清浄機ファックスコピー機・プリンターエアロバイク
大型家具ベッドタンス食器棚サイドボード
机・デスクソファーテーブルガスコンロ椅子・オフィスチェア
自転車キャンプ道具衣類古紙布団
オフィス用品什器キャビネット機密書類蛍光管
金庫消火器砂利石仏壇小物金属
スプレー缶タイヤバッテリーバイク
ピアノ灯油乾電池ペンキ段ボール
不用品処分廃棄方法

横浜・川崎・東京でソファーの引取り

ソファーの引取りは1点からでも可能です。

対応エリア

東京都:板橋区・ 大田区品川区杉並区世田谷区文京区目黒区狛江市・稲城市

神奈川県

川崎市:川崎区・幸区中原区宮前区高津区多摩区麻生区

横浜市鶴見区神奈川区・金沢区・西区中区南区港北区・港南区・保土ケ谷区・旭区・緑区・青葉区都筑区戸塚区・泉区

記載の無い地域でも対応できる場合があります。お問い合わせください。

ソファーの不用品回収のお申込み

ご依頼及び費用のご質問などお気軽にお問い合わせください

片付け代行で暮らしのお手伝い

この記事を書いてる人

この記事を書いているのは株式会社コーモドのスタッフ。2007年の創業から10数年以上のキャリアで、古物販売に関しての専門家。実際に現場作業も行いながら、リアルなリサイクル事情をお伝えする記事の執筆の2足のわらじで当ホームページのコンテンツを作成と管理を行っている。好きなものは古いイタリア車。

 

粗大ごみ処理で困ったら不用品リサイクル業者

コーモド
不用品の処分を早く・安く・手軽に。
家財道具のリサイクル買取や運び出し引き取りまで、片付けにとっても便利。