タンスの不用品回収

タンスの処分引き取り

タンス処分の3つの方法。粗大ごみ収集、リサイクルショップへ販売、不用品回収業者などへの依頼というのがありますが、料金やサービスなどはどのように違うかご存じですか?タンスは大きなものですから運び出しも苦労をしますが、プロのテクニックを伝授いたします。処分のご参考にお役立てください。

スポンサーリンク

処分の方法を大まかに挙げると約3つある

  • 粗大ごみを利用する
  • リサイクルショップなど販売する
  • 回収業者を利用する

粗大ごみを使う

行政の粗大ごみというのは、長さ30センチを超えるものを申し込み制で有料の収集しています。タンスの収集手数料はサイズや行政の地域によっても異なりますが、1000円~2000円くらいが相場で、安いというのが魅力の一つです。ただし運び出しは各自で行わなければいけない。これが最大のデメリット。

持ち込みをするとさらに安くなる

行政の粗大ごみは収集だけでなく、持ち込みを行っているところがある。持ち込みをするメリットは費用の減免。つまり安くなるということです。しかしどこの行政でも持ち込みが出来るわけではなく、受け入れが出来る施設をもっているところのみなので、お住まいの地域の清掃局に問い合わせると分かります。

ただタンスはサイズが大きいので、それを載せることができる車が必要です。業者に依頼をして運んでもらうということは出来ず、必ずその地域の住民であることを証明できるものが必要であり、収集と同じように申し込みをしなければいけない。

運び出しの方法

  • 分解をしてコンパクトにして運ぶ
  • ジョイント箇所はネジを外す
  • マンションの運び出しには台車を使う
  • 毛布など敷物を上手に使う

粗大ごみは手数料が安いのだが、部屋からの運び出しは各自でしなければいけないのがデメリットと言えます。大型家具の場合は購入時には業者設置の可能性が高いので、これらを運び出すのは苦労はしますが、工夫をすれば出せないことはありません。私たちプロがやる方法をお教えいたします。

婚礼タンス

婚礼タンスは横幅が120センチくらいのものから150センチくらいで、高さが190センチくらいのものが多いです。和ダンスといって着物を入れるタイプや、洋タンスのタイプのものなど。まずそのままの状態ではお部屋からは絶対に出せないので、この手のタイプのものはジョイントがネジで留めてあります。天板・底板・横板が六角ネジやプラスのネジで留まっているはずです。これらを外して各パーツに分割をする。

天板をどけるとタンス本体が分かれます。それぞれのパーツに分けることで部屋からも運び出しやすくなります。和タンスの場合は縦に分割するタイプはまずなく、上下で分割するのが一般的。整理タンスのように引き出しになっているので、この引き出しを抜くと重量が軽くなり運び出しやすくなる。軽くなった状態で部屋から出して台車に乗せる。そして引き出しを戻す。

整理タンス

整理タンスの場合は分割出来るものはあまり見かけなくて、だいたいは一体型が多い。そのままの状態で部屋から運び出すには重量があるので、これも引き出しをまず抜く。軽くなった本体を部屋から出して、部屋のそとで引き出しを戻す。

洋タンス

タンスの中でも比較的重量は軽いのだが、サイズが大きめなので、横幅のあるタイプだと運びにくいのが特徴。ほとんどが上下で分かれる。上がハンガーで下が引き出しだったりする。上側も大して重くはないのだが、持ち手が無いので少し運び出しづらい。縦の長さがあるので、玄関を出す時には向きを考えながら出すと搬出しやすい。一人では無理なので運び出しには二人は必要。

部屋の中での移動

タンスは持ち手が無いので部屋の中から移動するにも持ちづらい。それを解消するには「毛布」を使うと便利です。フローリングに毛布を敷いて、その上にタンスを載せて毛布を引くように移動をする。こうすることで少ない力で移動が出来ます。部屋から部屋に移動する時に、ドアノブがギリギリだったりするのだが、この毛布を使うとゆっくり移動が出来るので、微調整も簡単に出来る。

ただカーペットや畳の場合にはこのテクニックは使えない。こういったちょっとした物を使うと意外と出来たりします。

お部屋の外に出てからは、一戸建ての場合は家の前。マンションの場合は指定のゴミ置き場になるのですが、部屋の外に出てからの移動も持ち上げて運ぶというのはかなり苦労するので、引っ越し業者などが使っている「平台車」があると便利です。

台車の選び方・使い方

2階からタンスを処分する場合

一戸建ての場合、大型の家具の搬出は非常に苦労をします。ですがタンスは分解をすれば一つずつのパーツに分けると小さくなるので、階段から下ろせれることも多くあります。サイズこそ大きいですが、重さは大して無いので、通路のスペースさえあれば二人がかりで運べないこともありません。階段を上がって入れているのであれば出せないことは無いはずです。しかし搬入した時にクレーンで入れている場合、こういう時は階段から入れることが出来なかったことが想像されます。もしその場合には吊り下げで運び出しをしなければいけません。この家具が組み立て家具であるならば解体をするとスムーズに出せます。

30センチ以内に刻むのは至難の業

タンスのようなものでも30センチ以内にカットすれば「可燃ごみ」の扱いになり一般の収集日に引き取りをしてくれるかもしれない。ただしこれを本当に出来る人というのはごく一部の人であって、それが出来ると聞いて真に受けてやる人はまずいないでしょう。プロの業者でさえもタンス一つを全部を30センチ以内に切り刻むというのは至難の業。丸ノコのような電動工具があっても苦労するのに、手引きのノコギリでとなったら1日がかりの作業です。それであればタンスの形で粗大ごみで出せば高くても2000円以内なので、そちらの方が労力的にはおすすめです。もし私が家族にそのようなことを頼まれてもきっと断ると思いますw。

リサイクルショップを使う

まだ使えそうなタンスであればリサ来るショップに売れば?と思うひともいるでしょうが、どんな家具であれば買取・引き取りをしてくれるのかをお教えいたします。

  • 状態の良い物
  • ブランド家具
  • 需要がある家具

大きく例を挙げるとこんなところです。まずは状態ですが、家具は長く使うものなので、結構傷みが出てきたりしてる場合があります。合板の家具の場合は表面のプリントが剥がれてしまったり、持ち手の金具が取れてしまったり。破損などがあるものに関してはまず売れないと思ってください。

売れる家具というのは、中古品として再利用できるものが前提です。そして「カリモク」や「マルニ」などのブランド家具が評価高いです。絶対にブランドでなければダメかと言えばそうでも無くて、需要があるアイテムであるかということも大切です。整理タンスのようなものは需要があるので、リサイクルショップも受け入れてくれます。しかし和タンスのようなものは難しいですね。やはり着物を着る人が減っていますから、そのようなタンスを必要とはしていません。

組み立て家具は売れないと思った方が良い

最近は「組み立て家具」といいうのも増えています。IKEAやニトリもそうなのですが、狭いスペースでも部屋の中で組み立てることで使えるというのがメリットだと思います。ただこれの中古は売れないと思ってください。だいたいどこのリサイクルショップでも断られます。理由としては組み立て家具は「品質が一定ではない」ということがあります。作り手によってクオリティがそれぞれなんです。そして強度が弱い。しっかりとした家具というのは「ほぞ」などを使いしっかりと組みあがっていて、ちょっとやそっとでは壊れない。しかし組み立て家具は移送時に壊れることが多いのです。運送業者や引っ越し業者も苦手のタンスです。このような事情から売るのは難しいのです。

IKEAやニトリの組み立て家具は買取が出来る?

メルカリやヤフオクの出品に家具はあまり向いていない

家具をメルカリやヤフオクで販売することもできます。これもリサイクルショップに売るのと同じで、ニーズのあるものでなければ売れません。リサイクルショップで和タンスを買ってくれないからといって、メルカリやヤフオクで売れるかといえばそうではありません。ユーザーが欲しがっているものでなければフリマアプリでも売れないということです。

ただ全く売れないわけでもなくて、例えばですが、カリモクのテレビボードとかは新品だと20万近くします。もしそんなのがメルカリやヤフオクに出ていて、状態も悪くなくて、そして価格も手ごろだったら欲しいと思う人は必ず出ます。新品が高いから手が出ない。だから中古で何かないかな?と探す人は多いはず。あとはおしゃれな北欧系の家具なんかも人気ですね。わたしもそういうのは探していたりしますw このように家具の出品も物によりけりということです。

家具は送料が高い、運び出しも自分で

家具の場合は自分で梱包して発送は出来ませんから、ヤマト運輸の「家財宅急便」を利用して発送することになると思いますが、サイズが大きくなるほど送料は高くなります。販売する値段よりも送料の方が高くなるというケースも少なくないでしょう。そしてお部屋の中から運び出しはしてくれませんから、玄関先まで出しておかなければいけない。フリマアプリで売る場合はこの辺りも注意してください。

フリマアプリで家具を売る場合には、ブランド家具など新品の価格が高価だったもの。もしくはあまり手に入りにくい希少性のある家具なら出品したら良い結果になると思いますが、あまり無理してまで売りに出すのは手間がかかるのにあまりおすすめはしません。

不用品回収業者を利用する

回収業者

タンスを回収業者に依頼をするというのも方法の一つです。自分の都合に合わせて回収してもらえますし、何かと自由度の高い民間のサービスです。ある意味では便利屋さん領域ですね。

回収業者を利用する大きなメリット

タンスを処分するのに回収業者を利用するメリットとは何でしょうか?それはやはり運び出しの手間がかからないということです。大きなタンスですから、壁に衝突してしまう可能性も多いです。そして重量も数十キロはあり(良い箪笥ほど重い)、自分では運べないという人の代行をするというのが大きなメリットと言えるのではないでしょうか?

  • 2階からの家具の運び出し
  • 部屋から出せない家具を処分したいとき
  • 大型家具で処分に困っている時

回収の依頼が多いのは主にこのようなケースの時です。

回収業者の運び出し作業

タンスの運び出しにはノウハウやコツが要ります。引っ越し屋さんと同じような技術が必要です。そして運び出しの時に事故を起こさないようにする。これが最も大切なことです。タンスのように大きなものを運び出しする時には通称「蛇腹」と呼ばれる伸縮性のあるパッドを被せます。そして持ち手が無いと運び辛いのでDカンベルトを使い持ち手を作る。このようにして運び出しやすいように準備をしてから搬出していくのです。この辺りが一般の人が粗大ごみで出すのとは違うポイントですね。

マンションの場合は運び出しもやりやすいですが、一戸建ての2階からの運び出しとなると難度は上がります。養生のパッド無しで運び出しする壁にあたって壁紙を破いてしまう可能性がありますが、しっかりと対策をすれば安全に運び出しが出来ます。

もし階段から出ない場合は窓からの吊り下げ。ロープを掛けてタンスを下していきます。このように引っ越し屋さんのような作業も不用品回収業者でも出来るところはプロな会社です。

引っ越し業者と不用品回収業者の違い

引っ越し業者は費用が割高になる場合もある。なぜなら、引っ越し業者がタンスを引き取りをした場合には、営業所に一時ストックになります。そして営業所に収集運搬業者が後日に引き取りに来るケースがほとんどです。別の業者が間に入ることで当然中間マージンが発生するので、回収費用も増えてしまうのは容易に想像できますよね。

不用品回収業者はリサイクルのプロでもある

不用品回収業者は廃棄処分業者とも少し違います。運び出しは引っ越し業者と同じようにしますが、引き取りをするタンスを品定めをして再利用ができるかどうかを判断します。リユース可能ものであれば廃棄をせずに中古の市場へ再び戻します。ただ運び出しの時の作業費は引っ越し業者と同じようにかかります。しかし極力ゴミにならないように国内では流通出来ないような家具も海外で再利用できるようなところへ送るなど積極的にリサイクルに力を入れているんです。

不用品処分

小型家電扇風機掃除機電子レンジオーディオ
テレビ冷蔵庫洗濯機エアコン衣類乾燥機
パソコン空気清浄機ファックスコピー機・プリンターエアロバイク
大型家具ベッドタンス食器棚サイドボード
机・デスクソファーテーブルガスコンロ椅子・オフィスチェア
自転車キャンプ道具衣類古紙布団
オフィス用品什器キャビネット機密書類蛍光管
金庫消火器砂利石仏壇小物金属
スプレー缶タイヤバッテリーバイク
ピアノ灯油乾電池ペンキ段ボール
不用品処分廃棄方法

回収業者を利用する場合の費用

婚礼タンスのような大型の物の処分

タンスの処分費用というのは結構高めです。なぜかというと、そのタンスを処理する費用というよりも、「作業費」にコストがかかるからです。お部屋の中で、タンスを分解したりして運び出ししやすいように準備をして養生をしながら搬出。こういった手間のかかる作業なので、玄関前で収集をする粗大ごみとは違う点です。

1名で運び出せるものでも、8000円程度の費用はかかります。さらに2名の場合ですと15000円以上かかるのが相場です。引っ越し業者や便利屋さんなど各種業者はありますが、だいたいどこも作業費としてそれなりにかかります。作業費とは別に処理費用がかかることもあるので、依頼をする場合は最終価格を確認しましょう。

作業事例

【川崎市中丸子での事例】

3階建ての一戸建ての方からご依頼をいただきました。整理タンスを処分したいということなのですが、3階のお部屋に設置したものが運び下ろせないということでした。搬入時にはロープで窓から吊り上げて入れたそうです。階段の幅では回らなかったというのが理由です。そうなると下ろす時も同じように階段からでは出ません。窓からの吊り下げも検討したのですが、お部屋の中での分解ということに決まりました。それはお客様もご納得の事です。お部屋の中に養生の毛布を敷き、その上での分解作業です。まずは引き出しを全て抜いて運び下ろし。外枠もねじ止めでしっかり固定されていますが、それらを分解します。分解が済むとパーツ単位で階下へ下ろしていきます。細かくすると回数は増えますが、通路での接触を考えるとなるべくコンパクトの方が良いです。作業時間としては約45分ほどで終了しました。費用は作業費込みで9000円でした。お客様は相当困られていたようでしたが、不用品回収業者がこのような作業をやるとはご存知ではなかったようです。こういった作業も得意とすることです。ちょっと便利屋さんのような一面もあることを知ってもらえて良かったです。

横浜・川崎・東京でタンス引き取り

対応エリア

東京都:板橋区・ 大田区品川区杉並区世田谷区文京区目黒区狛江市・稲城市

川崎市:川崎区・幸区中原区宮前区高津区多摩区麻生区

横浜市:鶴見区神奈川区・金沢区・西区中区南区港北区・港南区・保土ケ谷区・旭区・緑区・青葉区都筑区戸塚区・泉区

記載の無い地域でも対応できる場合があります。お問い合わせください。

まとめ

いかがだったでしょうか?良いタンス処分の方法が見つかりましたか?粗大ゴミ・リサイクルショップ・不用品回収業者による3つの処分方法をご紹介しました。自分で処理をすれば安く済みますが、それが出来ない場合もあります。一番条件の良さそうなやり方を、片付けのご参考にお役立てください。

東京・横浜・川崎で家具の引取りならコーモド

お部屋の中からの運び出しからお引き取りまでスタッフが行います。日にち指定・時間指定もOK。手軽に便利に大型家具の処分が出来ます。

家具のお引き取りもお任せください

ご依頼及び費用のご質問などお気軽にお問い合わせください

片付け代行で暮らしのお手伝い

この記事を書いてる人

この記事を書いているのは株式会社コーモドのスタッフ。2007年の創業から10数年以上のキャリアで、古物販売に関しての専門家。実際に現場作業も行いながら、リアルなリサイクル事情をお伝えする記事の執筆の2足のわらじで当ホームページのコンテンツを作成と管理を行っている。好きなものは古いイタリア車。