持ち越し灯油の処分方法

灯油というのは冬の暖房に欠かせないストーブにも使われます。しかし全部使いきれなかったらその灯油は使えるのでしょうか?廃棄したい時にどのように処理すればいいかご存知ですか?そんな灯油の処理方法などをお教えいたします。

ストーブ

処分に困る灯油

 

冬の暖房器具としてストーブやファンヒーターといったものが使われます。その燃料として使われるのが灯油ですが、一冬の間に使いきれず残ってしまい、翌年には新しい容器を買ってそこに新しい灯油を入れて、またそれが残ってしまい。溜まってしまっていることありませんか?そんな灯油の処理方法をご紹介します。

灯油の特性

灯油はガソリンや軽油といった化石燃料に比べると引火しにくいものですが、取り扱いには注意が必要です。軽油と同じようにポリタンクで保管できますが、ポリタンクの劣化によって漏れることもあります。(余談ですがガソリンの場合は揮発性が高く、引火しやすいのでポリタンクで保管はできません。金属製の携行缶に入れる必要があります)
何年も置いたままの灯油をストーブなどに入れる場合には故障の原因にも成りかねませんのでお勧めいたしません。

持ち越し灯油の危険性

持ち越し灯油というのは「不良灯油」と呼ばれ、使用すると不完全燃焼を起こし、二酸化炭素中毒になる危険性もあります。

国民生活センターが実験をしたレポートがあるのでご紹介しておきます。

どのような異常が起きるのか、実際に石油ストーブを使っての実験。

国民生活センター

主なテスト結果

  1. 直射日光の当たる屋外で保管した場合、灯油専用ではないポリ容器(白)に保管した灯油は約半月で変質が見られました。また、灯油専用ではないポリ容器(白)は紫外線透過率が高いことがわかりました。
  2. 変質灯油を石油ストーブに使用すると、給油タンク一杯分の量で、芯にタールが付着して火が着かなくなることや、緊急消火ボタンを押しても火が消えないことがありました。
  3. 変質灯油を石油ファンヒーターに使用すると、給油タンク一杯分の量で、点火できなくなり、刺激臭のする煙が出るようになりました。
  4. 水の入った不純灯油を石油ストーブに使用すると、油受け皿に水が残り内部がさびたり、芯が動かなくなったりしました。
  5. 水の入った不純灯油を石油ファンヒーターに使用すると、燃焼が不安定になりエラー表示が出て消火したり、内部がさびたりしました。
  6. 取扱説明書や本体などには、不良灯油の使用を禁止することや、使用してしまった場合の症状、解決策が表示されていました。また、不良灯油が原因の故障は保証期間内でも、有償修理となることが表示されていました。

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20131121_1.html

処理方法

古くなってしまった灯油というのは使用すると危険だということがお分かりいただけたと思いますが、それではその古くなった灯油をどのように処理をすれば良いのかについてご紹介します。

お住まいの近くのガソリンスタンドで問い合わせをしてみてください。大半のスタンドで受け入れをしてくれると思います。ただし、ローリーによる移動販売車では量が多いと難しい場合もあるので要相談といったところでしょう。

灯油の処分方法

ポリタンクごとガソリンスタンドへ持ち込めばOK

処理費用

ガソリンスタンドへ灯油を持ち込みした場合の処理費用ですが、スタンドによっても価格差はあるようです。高いところでは1リットル200円くらいしたりもします。平均。私の知っているところではポリタンクの中に少なく入っていても多く入っていても一つ500円でした。事前に問い合わせをしてから持ち込みするのが良いでしょう。

まとめ

持ち越し灯油というのは期間が過ぎることで劣化してしまい、使用する時には不完全燃焼を起こす可能性があります。使い残しの灯油がある場合は、いつも灯油を買いに行っているガソリンスタンドにまず相談をしてみましょう。

ご相談のご連絡お待ちしてます