エアロバイクの処分のお得な方法と不用品回収を比較

エアロバイクの処分

エアロバイクは不用品回収業者に依頼することもできますが、粗大ごみ収集に出すこともできます。再利用出来そうなエアロバイクの場合は買取も可能だったりもします。処理費用がいくらくらいなのか?どのようなエアロバイクが中古で買取が出来るかなど分かりやすくご紹介していきます。

エアロバイクの処分

エアロバイクは自宅の中で運動が出来る健康器具です。自転車を漕ぐような動きをするのが特徴で、調節によっては負荷を強くかけられるので、スポーツ選手なども屋外に出ることなくトレーニングのために使っていたりします。最近の健康ブームで購入される方も多いですが、お部屋の中のスペース的な問題などで処分されることも多いアイテムです。

エアロバイクの処分費用は粗大ごみがお得

エアロバイクは長さ30センチ超えるものなので、粗大ごみとして処理することが出来ます。申し込み制による有料での収集です。申し込みは粗大ごみセンターへ電話、もしくはインターネットから可能です。

処分の費用

粗大ゴミの処理の手数料はお得でエアロバイクの処分費用も安いのが特徴です。地域別の処理費用を比較してみました。

地域手数料
横浜市500円
川崎市500円
東京都大田区 (サイクリングマシーン)1200円
東京都目黒区 (サイクリングマシーン)1000円
横浜市の粗大ごみ収集手数料

東京都の粗大ゴミ手数料は少し神奈川に比べると高いですが、いずれにしても安めですね。

処分までの流れ

粗大ごみの収集は申し込み制です。受付を済ませた後にはっきりと金額が分かった後で粗大ごみシールを買うようにしましょう。(払いも戻しはありません)

粗大ごみセンターへ申し込み

電話かインターネットで受付をします。手数料・収集日を教えてもらえます。受付番号が分かるので控えておきましょう。

STEP
1

粗大ごみ処理券の購入

受付時に聞いた手数料分の粗大ごみ処理券をコンビニや郵便局で購入します。

STEP
2

収集

粗大ごみ処理券に「受付番号」「氏名」「収集日」を記載して職員が見える位置に貼ります。

STEP
3

収集日、終了

朝の8時までに指定の場所に出します。立ち合いなどは必要ありません。

STEP
4

プロセスはいたって簡単です。特に難しいことはありません。

デメリットはあるのか?

粗大ゴミの収集は、お部屋からの運び出しは各自で行うことになっています。エアロバイクはタイプにもよりますが重量があったりします。軽量なタイプでも20~30キロはあったりします。移動をする場合は労力が要るので、これがデメリットになります。

リサイクルショップで売れるのか?

エアロパイクはタイプによっては中古でのニーズがあります。リサイクルショップで買取に出すのも良いですが、メルカリやヤフオクで自分で売るという方法もあります。

ブランド・状態によっては買取が出来る

エアロバイクにもいくつかの種類があります

  • 健康器具的なタイプ
  • トレーニング器機としてのタイプ

簡易的なタイプのものは新品の価格も安価な設定だったりするので、中古での買取はあまり期待が出来ません。しかしトレーニング目的の本格的なエアロバイクは新品価格も非常に高価で、それを反映して中古での販売価格も高い物はあります。

例えばですがロードバイクのような形をしたようなエアロバイク。JOROTO エクササイズバイク などは新品価格が5万円~14万円以上したりするので、中古でも2万円くらいで売られています。そんなに値段が落ちる?と思われる人もいるかもしれませんが、エアロバイクのように万人が欲しがるようなものではない「ニッチ」なものは価格が下がりやすいのです。つまりリセールバリューはあまり良いとは言えないのです。

その他のメーカー

  • Life Fitness
  • FITBOX
  • Cyclace
  • STAR TRAC

全てのお店で買取はしていない

エアロバイクのようなものはスポーツ用品を取り扱うところや総合リサイクルショップに買取が向いています。出張買取の場合はエアロバイク1点だけでは来てくれない可能性が高いので、他のものと一緒に買取相談をするのであれば良いでしょう。出張が無理であれば直接店舗へ持ち込みになります。

メルカリ・ヤフオクで売る

もし手間でなければ自分でフリマアプリを使って売るというのもアリです。自分で販売する時にはショップと同じように商品説明を書いたり、汚れていれば清掃をしてから販売をすることになります。そして落札されて買手が決まった後には発送をしなければいけないので、その梱包作業をしなければいけません。緩衝材を買って来たり、段ボールで合うサイズに加工したりと手間はかかりますが、その分の費用も含んだ価格で売れるわけです。ある意味発送が一番手間です….

不用品回収業者のエアロバイクの引取り

不用品回収サービス

不用品回収業者に依頼をする一番のメリットは部屋からの「運び出し」をしてもらえるということです。しかし作業費や処分費や交通費といった費用がかかるので、依頼をする場合には費用対効果を考えると良いでしょう。つまりお金を支払ってでも運び出す価値があるか無いかということです。

引き取りの費用

不用品回収業者に引き取りの依頼をする場合には「作業費」「交通費」がかかってしまいます 。お部屋からの運び出しには1名~2名必要な場合もありますから人件費が必要です。そして粗大ごみとは違って集団収集ではありませんから、スポットで回収に行くことによる交通費がかかります。エアロバイクの場合ですと、作業費・交通費を含めると1回収あたり5000円~8000円円は費用としてかかってしまいます。会社によっては料金設定が大きく異なるので、事前に見積もりをすることをおすすめいたします。

運び出しの心配はない

エアロバイクの重量は軽い物でも20~30キロ程度はありますが、本格的なタイプのものですと40キロ以上はあります。これを軽々と持ち上げるというのはよほど慣れている人でないと難しいと思います。お部屋から出ても外まで運ぶのもかなり大変です。そういった作業の心配が不用品回収業者に依頼をすればなくなります。敷パッドなどを使い床を傷つけない養生も行うので安心して搬出ができるのも特徴の一つです。

不用品処分

小型家電扇風機掃除機電子レンジオーディオ
テレビ冷蔵庫洗濯機エアコン衣類乾燥機
パソコン空気清浄機ファックスコピー機・プリンターエアロバイク
大型家具ベッドタンス食器棚サイドボード
机・デスクソファーテーブルガスコンロ椅子・オフィスチェア
自転車キャンプ道具衣類古紙布団
オフィス用品什器キャビネット機密書類蛍光管
金庫消火器砂利石仏壇小物金属
スプレー缶タイヤバッテリーバイク
ピアノ灯油乾電池ペンキ段ボール
不用品処分廃棄方法

費用をかけずに処理をしたいのであれば粗大ゴミ収集ですが、運び出しに不安を感じているのであれば不用品回収業者に依頼をしてみてはいかかがでしょうか?

横浜・川崎・東京の不用品回収ならコーモド

作業事例

【川崎市中原区】

上小田中のマンションにお住まいの方からご依頼をいただきました。購入したエアロバイクがどうやら初期不良だったようです。販売店のかたからご連絡をいただきお引き取りすることになりました。元箱に入った状態で、玄関前に置いていただいていたので運び出しは短時間で完了です。

かかった費用:5000円 時間:~30分 作業員1名

回収の対応地域

対応エリア

東京都:板橋区・ 大田区品川区杉並区世田谷区文京区目黒区狛江市・稲城市

川崎市:川崎区・幸区中原区宮前区高津区多摩区麻生区

横浜市鶴見区神奈川区・金沢区・西区中区南区港北区・港南区・保土ケ谷区・旭区・緑区・青葉区都筑区戸塚区・泉区

記載の無い地域でも対応できる場合があります。お問い合わせください。

エアロバイクの不用品回収のご依頼はこちらから

ご依頼及び費用のご質問などお気軽にお問い合わせください

片付け代行で暮らしのお手伝い

この記事を書いてる人

この記事を書いているのは株式会社コーモドのスタッフ。2007年の創業から10数年以上のキャリアで、古物販売・リサイクル業としての専門家。実際に現場作業も行いながら、リアルなリサイクル事情をお伝えする記事の執筆の2足のわらじで当ホームページのコンテンツを作成と管理を行っている。好きなものは古いイタリア車。

粗大ごみ処理で困ったら不用品リサイクル業者

コーモド
不用品の処分を早く・安く・手軽に。
家財道具のリサイクル買取や運び出し引き取りまで、片付けにとっても便利。