テーブルの廃棄処分と引き取り

テーブルを不用品回収業者に依頼することもできますが、粗大ごみ収集に出すこともできます。その他には再利用出来そうな自転車の場合は買取も可能だったりもします。処理費用がいくらくらいなのか?どのような自転車なら買取が出来るかなど分かりやすくご紹介していきます。

スポンサーリンク

テーブルの処分費用は粗大ごみがお得

テーブルは長さ30センチ超えるものなので、粗大ごみとして処理することが出来ます。申し込み制による有料での収集です。申し込みは粗大ごみセンターへ電話、もしくはインターネットから可能です。 ローテーブルやダイニングテーブルでもサイズが違います。その大きさによっても粗大ごみの手数料が違う自治体があるので、申し込み時には確認しましょう。

処分の費用

テーブルの処分は費用の面では行政の粗大ごみ収集が一番お得です。例えば横浜市の場合をご紹介します。ダイニングテーブルやローテーブルという区分けは無いのですが、1mを超えるか1m未満かによって手数料が違います。

品目手数料
テーブル  最も長い辺が 1m未満500円
テーブル 最も長い辺が1m超える1000円
座卓  最も長い辺が 1m未満 500円
座卓   最も長い辺が1m超える 1000円
横浜市のテーブルの粗大ごみ収集手数料

【川崎市の テーブル・座卓の手数料 】

テーブル・座卓手数料
最長辺が50センチ以上180センチ未満のサイズ500円
川崎市のテーブルの粗大ごみ収集手数料

【世田谷区のテーブル・座卓の手数料】

テーブル・座卓・こたつ手数料
最長辺が80センチ未満400円
最長辺が80センチ以上160センチ未満 800円
最長辺が160センチ以上 1200円
世田谷区のテーブルの粗大ごみ収集手数料

このように自治体によって価格差があります。

処分までの流れ

粗大ごみの収集は申し込み制です。受付を済ませた後にはっきりと金額が分かった後で粗大ごみシールを買うようにしましょう。(払いも戻しはありません)

粗大ごみセンターへ申し込み

電話かインターネットで受付をします。手数料・収集日を教えてもらえます。受付番号が分かるので控えておきましょう。

STEP
1

粗大ごみ処理券の購入

受付時に聞いた手数料分の粗大ごみ処理券をコンビニや郵便局で購入します。

STEP
2

収集

粗大ごみ処理券に「受付番号」「氏名」「収集日」を記載して職員が見える位置に貼ります。

STEP
3

収集日、終了

朝の8時までに指定の場所に出します。立ち合いなどは必要ありません。

STEP
4

プロセスはいたって簡単です。特に難しいことはありません。

デメリットはあるのか?

コーヒーテーブルくらいのサイズのものであれば重量も軽いので、持ち運びに困るということはありませんが粗大ごみの場合は希望の日程で収集することが出来ません。決まった収集日の朝に出せないということもあるので、日程調整に融通が利かないということが一つのデメリットとなります。

さらに大きなダイニングテーブルの場合は、重量もありますし運びにくいものでもあります。マンションでもお部屋から集積所まで移動をしなければいけませんし、台車などが無いと運び辛いケースもあります。こういった「運び」「移動」が粗大ごみでテーブル処分する場合のデメリットと言えます。

会社からのテーブルは粗大ごみでは出せません

会社や事業を伴って使用したテーブルは粗大ごみでは収集することが出来ません。家庭で使われているものと同じであっても会社や事業所から出た場合には粗大ごみは利用出来ないということです。回収業者に依頼をすることになります。

リサイクルショップで売れるのか?

テーブルはブランドや・状態によってはリサイクルショップへ買取、もしくは引き取りしてもらえます。

ブランド・状態によっては買取が出来る

テーブルにも種類がありますが、ダイニングテーブルセットなどは需要も多いので、再利用出来そうなものであれば買取も出来るでしょう。ただし評価がポイントです。リサイクルショップが査定するにあたって見るのは「ブランド」「状態」です。カリモク・マルニ・葉山家具・アルフレッドなどの有名メーカーの家具は高い評価になりやすいものです。しかし長い年月使ったものは傷みも出ている可能性もあるので、状態も査定の対象になります。そしてダイニングテーブルの場合はセットでなければいけません。テーブル自体は使用が出来て状態が良くても、椅子が揃っていないと販売が出来ないのでダイニングテーブルだけの買取というのは一般的ではありません。座面が切れてしまっていたり、背もたれの部分が破損していたりというのも買取が難しくなるケースです。

一枚板の座卓も木の材質によっては売れなくはありません。花梨の座卓は非常に高価です。しかし、売れる頻度はかなり低いのと、重量があるため移送に手間がかかるのであまり高い買取金額は期待が出来ません。むしろご自身で売れるまでヤフオクやメルカリなどに出品し続けて、売れたら配送の方が良いかもしれません。決して安い物ではありませんが売れるまでにはそれなりの時間が必要です。

全てのお店で買取はしていない

ダイニングテーブルやコーヒーテーブルなどは家具を得意としている「大型店舗 」 が良いでしょう。そういったお店であれば、駐車場も完備しているので車でも持ち込みやすいです。もしくはメーカーや状態などを伝えて出張買取をしてくれるのであれば利用するのも良いです。運び出しの手間が省けるので非常に便利です。

不用品回収業者のテーブルの引取り

回収業者

不用品回収業者に依頼をする一番のメリットは部屋からの「運び出し」をしてもらえるということです。しかし作業費や処分費や交通費といった費用がかかるので、依頼をする場合には費用対効果を考えると良いでしょう。つまりお金を支払ってでも運び出す価値があるか無いかということです。

引き取りの費用

不用品回収業者に引き取りの依頼をする場合には「作業費」「交通費」がかかってしまいます 。お部屋からの運び出しには1名~2名必要な場合もありますから人件費が必要です。そして粗大ごみとは違って集団収集ではありませんから、スポットで回収に行くことによる交通費がかかります。テーブルの回収は物によって、作業費・交通費を含めると1回収あたり4000円~10000円は費用としてかかってしまいます。会社によっては料金設定が大きく異なるので、事前に見積もりをすることをおすすめいたします。

運び出しの心配はない

テーブルの引取りは小型のものであれば1名でも対応出来ますが、ダイニングテーブルセットの場合は脚を外してでないとお部屋からも出せないこともあります。天板が非常に重たいものもあるので、1名では運び出しが難しいことが多く2名いると安心して運び出せます。こういった作業のお手伝いが回収に含まれるので手軽に処分することが出来ます。最近の一戸建ての場合は2階がリビングのケースもありますし、マンションの高層階からの運び下ろす手間もかかりません。重たい物を下す時には台車が無いと難しいのですが、そういったものを処分で運び下ろすためだけに購入する必要もありません。

もしご自身で運び出しに不安があるようでしたら不用品回収業者にテーブルの引取り依頼をするのも良いと思います。

手軽で便利な不用品回収サービス

不用品処分

小型家電扇風機掃除機電子レンジオーディオ
テレビ冷蔵庫洗濯機エアコン衣類乾燥機
パソコン空気清浄機ファックスコピー機・プリンターエアロバイク
大型家具ベッドタンス食器棚サイドボード
机・デスクソファーテーブルガスコンロ椅子・オフィスチェア
自転車キャンプ道具衣類古紙布団
オフィス用品什器キャビネット機密書類蛍光管
金庫消火器砂利石仏壇小物金属
スプレー缶タイヤバッテリーバイク
ピアノ灯油乾電池ペンキ段ボール
不用品処分廃棄方法

横浜・川崎・東京でテーブルの引取り

1点からでもお引き取りにお伺いいたします。

対応エリア

東京都:板橋区・ 大田区品川区杉並区世田谷区文京区目黒区狛江市・稲城市

神奈川県

川崎市:川崎区・幸区中原区宮前区高津区多摩区麻生区

横浜市鶴見区神奈川区・金沢区・西区中区南区港北区・港南区・保土ケ谷区・旭区・緑区・青葉区都筑区戸塚区・泉区

記載の無い地域でも対応できる場合があります。お問い合わせください。

テーブルの不用品回収のご依頼

ご依頼及び費用のご質問などお気軽にお問い合わせください

片付け代行で暮らしのお手伝い

この記事を書いてる人

この記事を書いているのは株式会社コーモドのスタッフ。2007年の創業から10数年以上のキャリアで、古物販売に関しての専門家。実際に現場作業も行いながら、リアルなリサイクル事情をお伝えする記事の執筆の2足のわらじで当ホームページのコンテンツを作成と管理を行っている。好きなものは古いイタリア車。

粗大ごみ処理で困ったら不用品リサイクル業者

コーモド
不用品の処分を早く・安く・手軽に。
家財道具のリサイクル買取や運び出し引き取りまで、片付けにとっても便利。