横浜市の粗大ゴミの手数料

横浜市ではおおよそ30センチを超えるものが「粗大ゴミ」の扱いとなり、手数料を支払って収集してもらうこととなります。収集を依頼するにはまず申し込みの手続きをしなければいけません。申し込みを済ませて「粗大ゴミシール」を購入して貼って収集日に出していきます。

粗大ゴミの手数料

粗大ゴミの手数料は一律料金ではありません。品目によってその手数料が違ってきます。サイズや品質によっても異なりますから注意が必要です。

品目によって料金は異なる

同じようなサイズによっても品目によって料金が違います。処理の内容によっても違うのでしょう。

粗大ごみ処理手数料表(品目別)

最終更新日 2018年12月20日

  • 電気・ガス・石油・厨房機器
  • 家具・寝具・建具
  • 趣味用品
  • その他
  • 50音別品目一覧ページ
電気・ガス・石油・厨房器具
  品目 単価
アンテナ

200円

ウインドファン

1,000円

映像・音響機器(単体のもの。アンプ・チューナー・プレーヤー・ビデオデッキ・レーザーカラオケ等。ただし、スピーカー及びテレビを除く。)

200円

オーブンレンジ

500円

ガス台

500円

ガステーブル(ガスコンロ)

500円

カラオケ演奏装置(一体型)

1,500円

こたつ(板とセット)

500円

米びつ(単体のもの)

200円

照明器具

200円

除湿機

500円

食器洗い乾燥機

1,000円

食器乾燥機

200円

ステレオセット(最も長い辺が80cm未満)

500円

ステレオセット(最も長い辺が80cm以上)

1,500円

ストーブ類(ヒーターを含む。)

200円

スピーカー(2本まで)

500円

扇風機

200円

掃除機

200円

電子レンジ

500円

電子レンジ台(多機能製品を含む)

500円

流し台(調理台)

1,000円

ファクシミリ

200円

布団乾燥機

200円

プリンター

200円

ポータブル発電機

1,000円

マッサージ機

1,000円

ミシン

500円

湯沸器

500円

レンジフードファン(換気扇を除く。)

500円

ワープロ

200円

家具・寝具・建具
  品目 単価
アコーディオンカーテン

500円

いす(座いすを含む。ただし応接用いす・ソファーは除く。)

200円

応接用いす・ソファー(1人用)

500円

応接用いす・ソファー(2人以上用)

1,000円

オーディオラック

500円

カーペット類(ホットカーペットを含む。)

500円

カラーボックス

200円

鏡台

500円

げた箱

500円

サイドボード

1,500円

書棚(最も長い辺が1m未満)

1,000円

書棚(最も長い辺が1m以上)

1,500円

食器棚(最も長い辺が1m未満)

1,000円

食器棚(最も長い辺が1m以上)

1,500円

スプリングマットレス

2,200円

1,000円

建具

200円

たんす(最も長い辺が1m未満)

1,000円

たんす(最も長い辺が1m以上)

1,500円

机(両袖机)

1,500円

机(両袖机を除く。)

1,000円

テーブル(座卓を含む。最も長い辺が1m未満)

500円

テーブル(座卓を含む。最も長い辺が1m以上)

1,000円

テレビ台

500円

戸棚(オーディオラック、げた箱、サイドボード、書棚、食器棚を除く。)

500円

布団(マットレス)(2枚まで)

200円

ブラインド

200円

ベッド(枠のみ)

1,000円

ベッドマットレス(スプリング無し)

1,000円

ベビーベッド

500円

ワゴン

200円

 

趣味用品
  品目 単価
オルガン(電子オルガンを除く。)

1,000円

キーボード(楽器)

200円

健康器具

500円

ゴルフ用具(バッグとクラブは別)

200円

スキー用具・スノーボード

200円

電子オルガン

1,500円

その他
  品目 単価
編み機

500円

衣装箱

200円

一輪車

200円

家庭用焼却炉

1,000円

子供用遊具(自転車を除く。)

200円

三輪車

200円

自転車

500円

芝刈機

200円

水槽

500円

スーツケース

200円

洗面化粧台

1,000円

仏壇

1,000円

ふろがま

500円

ペット小屋

500円

ベビーカー

200円

物置(最も長い辺が1m未満で解体済のもの)

1,000円

物置(最も長い辺が1m以上で解体済のもの)

1,500円

物干竿(2本まで)

200円

物干台(1個)

1,000円

浴槽

1,000円

その他のもの
(木製品など50cm以上、金属製品30cm以上のものを目安とします)

200円

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/gomi-recycle/gomi/shushu/sodaigomi/das3-1.html

横浜市のホームページの品目では5つのカテゴリ分けがされていて、品目としてはこのような一覧があります。しかしすべての家財道具をカバーしているようにはありません。

例えばですが、「一輪車」や「ガラスショーケース」や「バスケットゴール」といった希なアイテムに関しては記載がありません。この場合には手数料を問い合わせをするようにしましょう。

しかし記載のある品目でも手数料が異なる場合があるので注意が必要です。

同じ品目であっても材質によって料金(手数料)が異なる場合があります

ソファ

家具

家具

同じ品目というのは、例えば「ソファー」のようなものです。3人掛けといっても分割するようなコーナー型のようなタイプのものであったり、形はソファーになっていても、中に骨組みが入っていないウレタンだけのようなものと、座椅子に使われるようなパイプの骨組みでリクライニングするようなタイプ。もしくは木枠で座面品にはスプリングが入っているタイプなど種類も色々あります。そのタイプによって料金が違ってきます。

サイズが1m未満か以上によっても同じ品目で料金が違います。粗大ゴミの申し込みをする前に出したいもののサイズを測るようにしましょう。

なぜ粗大ゴミの手数料は安いのか

横浜市の粗大ゴミの手数料は200円から1500円の間です。非常に安いですよね。なぜ安いのかといえば、それは行政のサービスだからです。横浜市に住んでいる住民は「住民税」も支払っていますから、公共サービスとして安いわけです。しかしこれは収集の手数料であって、家屋内からの運び出しといったサービスも行ってくれるわけではありません。そして時間指定も出来ません。横浜市では粗大ゴミの出し方にもルールがあります。横浜市の粗大ゴミの出し方

粗大ゴミシールの有効期間

粗大ゴミのシールを購入したものの使わなかったということはよくありそうですね。その粗大ゴミシールですが、特に有効期間というものがあるわけではありません。また必要なときに使うことは出来ます。しかし横浜市内で使う場合のみです。他の市町村では横浜市の粗大ゴミシールは使えません。

粗大ゴミの手数料を詳しく知る方法

横浜市の粗大ゴミの手数料を問い合わせするところは3つほどあります。もし分からないときにはこちらで調べてみましょう

  • 区役所等で配布している「ごみと資源物の分け方・出し方」パンフレット
  • 横浜市資源循環局ホームページの「粗大ごみ処理手数料表」
  • 粗大ごみ受付センターに問い合わせる。 

http://qa.city.yokohama.lg.jp/search-detail/1502/

粗大ゴミのシールは申し込み後に購入すること

処分しようと思っている物を「粗大ゴミ」で処理するなら、申し込みを済ませてから処理券を購入されることをお勧めいたします。事前に購入していて、金額が違った…ということがあると買い直しをしなければいけません。有効期間があるわけではないですが、使うときまで保管しなければいけません。そういった点からも料金が分かった後に購入するのが一番スムーズです。

粗大ゴミシールの購入方法

粗大ゴミのシールは郵便局・銀行・スーパーマーケットやコンビニで購入が出来ます。しかし場所によっては名称が違います。郵便局・金融機関では「粗大ゴミ納付書」と呼び、コンビニなどでは「粗大ゴミ処理券」と呼びます。どちらも同じ使い方ではありますが、呼び名が違うので混同されないようにしてください。

横浜市で粗大ごみ処理券をコンビニで買う方法

予め申し込みを済ませた後で、手数料を把握して購入します。売っているシールは200円と500円の2種類です。1000円の場合は500円を2枚購入して貼ってください。売っているコンビニはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ポプラ、ミニストップ、スリーエイト、コミュニティストア、スリーエイト、生活彩家といったところです。横浜市の粗大ごみシール(処理券) のコンビニでの買い方

手数料を支払っても収集してくれないものもあります

料金を支払えば粗大ゴミとしてなんでも引き取りしてくれるわけではありません。冷蔵庫や洗濯機・テレビ・エアコン・パソコン・オートバイや消火器・サーフボードやピアノや金庫のような重量物は粗大ゴミとしては収集してもらえません。行政から紹介される収集運搬業者に相談をするかリサイクル業者へ相談することとなります。

粗大ゴミにする前に買取業者に相談

家財品が不要となったからといって全てが「ゴミ」になるわけでもありません。廃棄処分する必要が無いような、まだ使えそうなものであればリユースで有効に使うことも出来ます。出張買取など自宅にいたままでも大丈夫な場合もあります。ゴミ処分でお金を掛ける前に一度相談されるのも良いでしょう。