川崎市の粗大ごみの出し方

川崎市では、一辺の長さがおおよそ30センチを超えるものは大型ゴミとなり有料で収集を行っています。申し込みや手数料などについてご紹介いたします。




川崎市で粗大ゴミ処分

川崎市では地域によって曜日と週は異なりますが月に2回行っています。申し込み手続きを行い、粗大ゴミ処理券を貼って収集してもらうこととなります。

手数料

川崎市の粗大ゴミの手数料は200円~1000円の間です。申し込み時に料金が分かりますので、その後に粗大ゴミ処理券を購入しましょう。

川崎市粗大ごみ手数料

http://www.city.kawasaki.jp/300/page/0000005445.html

粗大ゴミ処理券

粗大ゴミ処理券は郵便局、コンビニエンスストア・スーパーマーケットで購入することが出来ます。種類は200円と500円があります。氏名を記入して収集に来る職員に見える位置に貼るようにしましょう。

処理券に氏名を記入していても「申し込み」をしていないと収集はしてはくれません。申し込みの忘れがないか注意しましょう。

川崎市内で使えるのは「川崎市」の処理券のみです。横浜市やその他の地域の粗大ゴミ処理券は利用できません。

粗大ゴミ処理券には有効期限はありませんが、余分に購入してしまっても払い戻しは出来ません。使い切れなかった場合には次回に利用してください。

川崎市粗大ごみ処理券

川崎市の粗大ゴミ収集申し込み

川崎市の粗大ゴミ収集の申し込み方法は電話もしくはインターネットから可能です。

粗大ゴミ電話番号

電話による申込み

粗大ごみ受付センター  電話 044-930-5300

受付日時 月曜日~土曜日 午前8時~午後4時45分

(日曜日、12月31日~1月3日を除く)

http://www.city.kawasaki.jp/300/page/0000012773.html

申し込みの手続きの前に

1.粗大ごみの大きさや数量をメモをとっておくようにしてください。
2.マンションやアパートなど集合住宅の場合は粗大ごみ置き場の確認をしてください。
3.捨てたいものが粗大ごみであるのか確認してください。

申し込みのときには事前に収集の依頼をしたいものを予めメモすることで、出し忘れが減ります。収集は月に2回ですから気をつけたいところです。

粗大ゴミの収集場所は一戸建て、マンション・集合住宅ともに確認しておくと、収集日の朝に慌てなくて済みます。

長さが30センチを超えていても「傘」のようなものは粗大ゴミではありません。処理したいものが粗大ゴミなのか確認してみましょう。

収集

申し込みを済ませた粗大ゴミは収集日の朝八時までに指定の置き場に出すようにしましょう。特に立会いの必要はありませんが、時間を過ぎてからだと収集してもらえなくなりますので、時間は守るようにしましょう。

キャンセルする場合

事情により収集をキャンセルすることは可能です。電話の場合は粗大ゴミ受付センターへ。電子申請の場合には、収集日の3日前ならインターネット(電子申請)でもキャンセルが出来ます。

粗大ゴミで収集できないもの

粗大ゴミでは収集できないものもあります。主に家電製品や・重量物・バイク関連が収集できません。

粗大ごみとして出せないもの

  • 処理困難物…重量が極めて重いもの(100kg以上)、長さが極めて長いもの(2m以上)
  • 事業系活動に伴って出る粗大ごみ
  • パソコン
  • 自動二輪車(原動機付き自転車を含む。)
  • 家電4品目…エアコン・テレビ(液晶・プラズマを含む。)・冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機(衣類乾燥機)

処理の方法としてはそれぞれの業者へ依頼。もしくは回収業者へ依頼することになります。

家電リサイクル品

テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機(衣類乾燥機)の4品目は粗大ゴミとしては収集できません。処理の方法としてはいくつかあります。

収集を依頼する場合にはそれぞれ「家電リサイクル料金」がかかります。

  • 家電量販店による収集
  • 指定場所への直接持ち込み
  • 回収業者へ依頼

家電量販店で新しいものを購入するときに、古い家電を引き取りをしてもらえます。ただしこの場合も家電リサイクル料金はかかります。

指定場所というのは家電リサイクル品が集められる場所のことです。川崎市内にもあり、郵便局でリサイクル料金を納付した後に持ち込みが出来ます。川崎市の「家電リサイクル協定店」による処理の方法

回収業者とは不用品のリサイクルを行っている業者やリサイクルショップがあります。中古品としての引き取りで、まだ年式が新しいものであればリユース品として買取できる場合もあります。

家電リサイクル料金

リサイクル料金はそれぞれのアイテムやサイズによっても料金が異なります。

テレビ

インチ数 料金
15インチ以下 1836円(税抜き)
16インチ以上 2916円(税抜き)

冷蔵庫

容量 料金
170 3672
171 4644

洗濯機・衣類乾燥機

区分なし
2484円(税抜き)

エアコン

区分なし
972円(税抜き)

重量物

重量物というのも行政では収集していませんが、どういったものがあるのかいくつか挙げてみます。

  • ピアノ
  • 金庫
  • 仏壇(サイズによります)

ピアノなどは重さが200キロ以上はあります。簡単には持ち上がるものではありません。下手に動かすと怪我のもとにもなります。処分業者に依頼をするのがお勧めです。ピアノ処分

耐火金庫は中にコンクリートが入っているため重量があります。見かけは小さくても数十キロはありますから。これも簡単には持ち上がりません。金庫の廃棄

仏壇もサイズによってはかなりの重量があります。木の材質が黒檀や紫檀という上等な木材で、他の木材と比べると密度も高く結構重いのです。この様な材質で大きな仏壇となると簡単には持ち上がらない場合があります。仏壇の処分方法

処理困難物

処理困難物としては「がれき」のようなものや、ブロックやレンガもそうです。その他では消火器やボンベなどの危険物。タイヤや車両関係のパーツ類もそうです

運び出しは各自で行う

粗大ゴミの運び出しというのは基本的には各自で行わなければいうけません。大きなタンスや重たい棚でも職員による補助などはありません。それぞれで決められた粗大ゴミ置き場に出すのがルールです。しかし川崎市の場合では「ふれあい回収」があります。

65歳以上であれば運び出しの補助も可能

年齢的に運び出しが難しい方のための補助があり、「ふれあい回収」を利用すれば職員が搬出をしてくれます。しかしこれは条件が合う人のみ利用が出来ます。川崎市で運べない粗大ごみはどう処分したら良いのか?

曜日・時間指定はありません

粗大ゴミの収集日は日時指定は出来ません。月に2回の地域によって決められた曜日でしか収集は行っていません。時間は朝八時までに決められた場所に出します。

持ち込み出きる場所

持ち込みで粗大ごみを引き取りしてもらえれば良いのですが、これも川崎市には持ち込み場所というのはありません。引越しなどでどうしても出せないといった特別な事情がある場合には、それぞれの地域の清掃局に相談してみると良いでしょう。

  • 川崎区、川崎生活環境事業所 電話044(266)5747
  • 幸区、中原生活環境事業所 電話044(411)9220
  • 中原区、中原生活環境事業所 電話044(411)9220
  • 宮前区宮前生活環境事業所 電話044(866)9131
  • 多摩区・麻生区、多摩生活環境事業所 電話044(933)4111

不用品回収サービスとの違い

不用品回収サービスと粗大ゴミ収集で一番違う点は「サービス内容」です。川崎市の場合はゴミ収集を目的としています。一方の不用品業者はお部屋からの運び出しを含めた便利屋さん的なサービスです。同じような引き取りであっても作業の代行をしてくれるかしてくれないかという点が異なるわけです。ですから大きなタンスや重たいベッドでも運び出しは引越し業者のように代行をしてくれるわけです。そしてリサイクルを得意としてますから、売れるようなものであればリユース・リサイクルも出来ます。しかし川崎市の粗大ゴミ収集であれば、仮に100万円で売れるようなものであっても「ごみ」として廃棄されてしまう。このような違いがあるのです。

重たい粗大ゴミの運び出し代行

最近の住宅事情としては一戸建ては2階がリビングだったりしますし、居室が3階の場合もあります。搬入したときは引越し業者が行っていたりしますから、それを運び出ししたいときに「出来ない」と困られることが多いのです。実際そのようなご相談はどんどん増えるばかりです。

大きな物や重たいものであっても不用品業者であればプロの技術で運び出しが可能です。

リユース可能なものなら買い取りも出きる

買取

家電品で5年以内のものであれば買取も可能です。その他にはオーディオやパソコン・ゲーム機や古道具や美術品・骨董品といったものも買取できます。

ごみとして処理するよりも少しでもお金に変えれるならそのほうがお得だとは思いませんか?

テレビや冷蔵庫や洗濯機の買取も可能

 

テレビや冷蔵庫や洗濯機といったものは「ごみ」として処理をするなら家電リサイクル料金がかかります。しかし中古品として売れるものであればゴミにする必要は無いのです。売れるものか売れないものかそれを不用品業者に確認してから決めるというのも一つの方法です。

まとまった量の片付けなら不用品回収業者がお役に立ちます

家財処分や引越し時といったまとまった量の片付けをするのであれば粗大ゴミ収集よりも短期間で処理ができます。料金も手頃な「積み放題プラン」などの定額料金もありますから、追加費用の心配も要りません。

選べる5種類の定額プラン

不用品トラック積み放題料金

わかりやすい明確な料金システム

フリーコール