不用品回収で食品の引き取り

不用品の回収の中で「食品」の引取りのご相談もされることがあるのですが、引き取りの状況や不用品回収業者の対応などをご紹介いたします。

缶詰類

不要な食品

自分の自宅であれば燃えるごみ・普通ゴミとして処理すればよいわけですから、さほど難しいことでもありません。しかし親の実家や家財の整理をしているとまだ残ったままの食べ物が出てきたりして困ることがよくあるんです。

よくある食品引取りの相談

自宅の中の食品なども処理が面倒ということでそのまま残されている人や、実家が離れているため中々整理に行くことが出来ないので処理できないか?というご相談がよくあります。

どんな食品が多いのか

食品の中で残っているもので多いのは大体決まっています。

  • 冷蔵庫の中身
  • お中元やお歳暮などの缶詰
  • 乾物などの食品
  • 漬物・梅干・梅酒など
  • レトルトやインスタントラーメンなどの保存食

主にこんな物が大半です。冷蔵庫の中身といっても野菜から全てというわけではありません。多いのがマヨネーズやケチャップなどや冷凍食品といったものです。

お中元やお歳暮の食品は賞味期限が残っていればまだ良いですが、大半のものが期限切れの状態で食べれないものばかりです。

そうめんや冷麦やそば。のりや鰹節のような乾物系の食品というのもよく残っていることがあります。いつに購入したものかも分からず、そのような場合には処分するほか無いですね。

漬物類が残っている場合も非常に多いです。中でも梅干をご自身でされる人が多いかと思います。次に梅酒。そして漬物といったところでしょうか。

レトルトやカップめんなどの食品などが残ることも多いです。賞味期限がものすごく過ぎている場合もありますが、期限内のものも結構あります。

不用品回収業者では食品は引き取りしない

不用品回収業者に食品の引取りを依頼した場合にどの様な対応なのでしょうか?ほとんどの場合が断られる結果となるでしょう。食品を取り扱う中間処理施設が少ないということもあります。一般廃棄物業者に依頼をしたとしてもお家の中に雑然とあるものを整理をして収集はしてくれません。袋詰めににしたものを収集するだけです。

電気が止まった冷蔵庫の中身というのは腐敗が進み強烈な臭いを発します。このような状況で中身の取り出しや収集をしてくれる業者を見つけるのも大変です。簡単には見つからないのが実情です。

そして中身の入ったままではその冷蔵庫も処理することはできません。必ず出してから引き取り依頼をしましょう。

どの様に処理すべきなのか

食品の処理の方法としては「燃えるごみ」や「普通ゴミ」として行政の収集のごみとして出しましょう。腐敗がある場合も大変困難だとは思いますが、分別は必須です。

お中元の缶詰に入っているようなものも、中身と缶は分けなければいけませんし、漬物や梅酒・梅干といったものも瓶と中身を分けて処理しなければいけません。面倒だからと陶器のままではダメです。

レトルト食品も基本的には中身とプラスチックの容器は分けなければいけません。賞味期限がもし切れていなければ食べることも出来ますから、全てをゴミとして処理する必要もありません。

ごみ屋敷のような場合

 

お部屋の中でお弁当の食べ残しや食品類が散乱しているような「ゴミ屋敷」となっている場合にはお部屋の中で整理代行をしてくれる業者と一般廃棄物の収集運搬業者の連携による収集が望ましいでしょう。中の整理や袋詰めは片付け業者が行い、生ゴミの収集については一般廃棄物収集業者が行うというのがスマートです。

パッカー車

まとめ

お家の整理をしていると「食品」の不用品が出ることがあります。冷蔵庫の中身や・乾物・缶詰・レトルト食品・インスタント食品・漬物類といったものが主ですが、これらを不用品回収業者に引き取りの依頼をしても回収してくれないことが多いのが実情です。

腐敗している場合など仕分け分別は結構大変ですが、「燃えるごみ」や「普通ゴミ」として行政の収集に出すようにしましょう。